2010-01-21

パスナビ読者限定!
小論文・作文対策

最近の高校入試の傾向として、一般入試、特に国語の試験問題での作文の出題がとても増えています(※)。また、多くの学校の推薦入試で作文が課題とされ、公立高校の推薦入試では小論文が出題されることもあります。

>旺文社では、小論文・作文を出題傾向に沿って効率的に学習できる『高校入試小論文・作文対策』を2009年11月12日に刊行しました。

この本は、入試作文の対策がもっとも効率よくできるように、小論文と作文の対策を一冊にまとめてあります。「ワークに書き込む」⇒「作文を組み立てる」という手順で、作文がスイスイ書けるようになります。

なんと!今回は特別に、入試本番前の受験生にお役に立つ内容を本書から厳選してお届けします!

★第1回目「入試作文・小論文ってどんなもの?」
第2回目「作文で得点するコツは何だろう?」
第3回目「作文と小論文はどう違う?(1)」
第5回目「作文を書くときの基本」もチェック!

作文と小論文はどう違う?(2)

小学校のころから何度となく書いてきた作文や感想文。入試の小論文を、「作文とほとんど同じもの」と考えて、同じような書きかたをしている人もいる。

だが、もともと小論文は作文や感想文とはまったく違うものだ。いちばんの違いは、作文は、読む人の「心」に訴えるものであるが、小論文は、読む人の「頭」に訴えるものだということ。

作文は、人の心に訴えるように自分の気持ちや体験を素直に書けばよい。
しかし、小論文に必要なのは、自分の気持ちや感情ではなく、他人を説得するための「論理的な意見」だ。

ここでは作文と小論文の違いについて、短い文章を基に比べてみよう。

自動車をテーマした小論文を見ていこう!

■小論文の冒頭の書き方

次の文章は、「自動車の問題点をどう解決するか」というテーマについて述べた小論文の冒頭だ。

小論文〈冒頭〉

自動車は人間の行動範囲を広げ、社会を大きく変えた。だが一方で、大気汚染などの公害や交通事故など、多くの社会問題を引き起こした。

→小論文の冒頭では、「何について述べるのか」を示そう。

→問題点や欠点を指摘して、一方的にそればかりを書くのは、感情的な印象になってしまい、読み手を納得させることができない。小論文では一方的に決め付けたり、攻撃したりするのではなく、冷静に客観的にテーマを見ることが必要だ

テ―マは「自動車の問題点」でも、短所だけでなく、長所もあることを明記したことで、冷静で客観的な印象にすることができている。

■小論文の結論の書き方

小論文の結論では、自分の意見を述べることが必要なので、

「自動車の使用を減らしていく努力が重要だ。」
「大気汚染などの公害を起こさない自動車を増やしていくことが求められる。」
「交通事故をなくす交通のしくみを整えていくことが必要だ。」

「こうすべきだ」という方向性や対策を示す文章を書くようにしよう。

小論文〈結論〉

われわれの生活に、自動車がどれだけ大きくかかわっているかを考えると、自動車をまったく使わない生活に戻ることは難しい。だが、環境に配慮した自動車の開発や、交通事故をなくす交通のしくみを整えていくことで、自動車の問題点を解決していくことができる。

→このように、「自動車を使わない生活に戻ることは難しい」と認めたうえで自分の結論を述べると、現実的に考えたことや、他の意見も踏まえて考えたことが伝わるものになる。

→またこの小論文に、「近年開発されているハイブリッド車や電気自動車」のことや、「地球温暖化の問題」との関連などを取り入れていくと、より説得力のある内容にすることができる。

★悪い例を確認しておこう

たとえば次のような結論を見てみよう。

小論文〈結論〉

交通事故の被害にあった人々の悲しみは計り知れない。だから私たちはできるだけ自動車を使わないようにすべきだ。

→自動車は私たちの生活の中で移動手段となっているだけでなく、衣食住を支えるさまざまなモノの輸送を行っている。「できるだけ自動車を使わない」生活というのは、現実的とは言えないので、説得力がない。読み手が「これなら実現できそうだ」と思ってくれる対策を示すことが必要だ。

交通事故の被害にあった人々の悲しみは計り知れない。私も将来自動車を使うときには安全運転を心がけたい。

→テーマは「自動車の問題点をどう解決すべきだ」というもの。書き手個人の解決策ではなく、自動車を使うすべての人々に伝わるような解決策を示さなければならない。

●ここがポイント

・小論文の冒頭では、「何について述べるのか」を示す。

・小論文の結論では、「こうすべきだ」という方向性や対策を示す文章を書く。

ワーク形式になっており、書き込みながら自分だけの対策本ができる!
『高校入試 小論文・作文対策』の実際のページを紹介します!

●【文章力・発想力を診断する】
得意分野・苦手分野を知って効率よく学習しよう!

syoron_16-17

●【ワーク例…自分分析ワーク】
ひとつひとつの書き込み欄を埋めていこう。自然に自分自身や社会について考え、整理することができます。

syoron_40-41

●【テーマ演習例…志望動機】
「評価ポイント」や作文例、「見直しポイント」を読んで、どんな作文が評価されるかをチェックしよう。

syoron_44-45

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア



受験に関するアンケート受験に関するアンケート

子供の塾の勉強や宿題を親が一緒に見ますか。【中学受験生保護者に質問】