自ら学び 心ゆたかに たくましく【足立学園】

2014-09-11学園ニュース

部活動と勉強の両立 -夏休み直前 校長よりメッセージ-

今年は中学校の部活が活躍しています。野球・サッカー・柔道・剣道・卓球・バスケットが都大会に出場しました。特に柔道部は山本君が60㎏級で優勝し、関東大会、全国大会に出場が決まりました。



本校では中学校の場合、火・木・土の週3日午後6時まで、日曜日は部によって活動していますが、朝練習はしてはいけません。これは部活動も大事ですが、勉強を疎かにすることのないように配慮したもので、部活動のない日に追試や補習ができるように考えています。

 

高校では関東大会に、柔道・バスケット・レスリング、インターハイにはバスケットと柔道(個人で2階級)が出場します。秋の国体には柔道1名、バスケット2名が東京都代表に選ばれています。スポーツの盛んな学校では朝早くから夜遅くまで長時間の練習を課す学校もあるようですが、本校は朝7時にならないと校門が開きません。夜8時になると校門が閉まってしまいますので、部活は7時までとなっています。限られた時間内で集中して練習することも大事なことで、自宅学習の時間も確保できるようにしています。今年のバスケット部卒業生の進学先を見ると、スポーツ推薦は1人だけで、他は一般受験や指定校推薦で、早稲田、法政、明治、日本、東洋などに合格しており、浪人生は1人しかいませんでした。部活動と勉強の両立ができている証左だと思います。

 

722日からは午前中に中学が夏期講習、高校は進学講習に取り組んでいます。午後は三者面談です。中学生の場合は生活規律や学習習慣の確立がこの時期の面談の中心になりますが、高校生は学年が進むにしたがって進路のことが中心にならざるを得ません。直前に今年は、高校2年生対象の国公立大学を希望する生徒のためのガイダンスを開きましたし、短時間でしたが高校3年生の旧帝大以上を第一志望とする生徒の激励会も校長自らが参加して実施しました。


 
 
昨日イギリス・ラグビースクールに向けて語学研修が出発しました。明日から8月、中学1年生は林間学校、高校はインターハイも始まります。



部活動に参加している生徒は合宿もあり、たくましく成長する絶好の機会です。また、高校3年の受験生にとっては“夏を制する者が入試を制する”と言われるように、この夏をどれだけ有効活用できるかが、秋以降の成績の伸びを左右してきます。



いずれにしても夏休みは大きく成長できるビッグチャンスですので、しっかり自分のやるべきことをやりきって、9月にまた元気な姿を見せてもらいたいものです。






■ 足立学園の公式ホームページはこちら: http://www.adachigakuen-jh.ed.jp/


  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

足立学園の教育理念として「全人教育」「希望大学合格100%の実現」を掲げています。「全人教育」、すなわり「知・徳・体」を備えた人間を育成することは、本校に課せられた大切な任務と受けとめ、生徒一人ひとりが心身を鍛え上げ、21世紀をリードする人間性を養い、社会にはばたくことを念願しております。



月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

一日の平均睡眠時間は?【受験生に質問】