矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-02-02中学受験の塾通い

質問

小3の娘を持つ母です。
周囲に中学受験をする友だちが多く、自分も塾に通って中学受験をしたいと言い出しました。
本人の意志というよりは周りに流されている気がしますが、そんな単純な理由で通塾させても良いのでしょうか。

回答

 こんにちは。
 中学受験に向けた準備として塾通いを始めるタイミングは「4年生から」という子どもたちが圧倒的に多いです。だからでしょう。この時期、「○○ちゃんは○○塾に通うみたい」とか「わたし○○塾に行くから一緒に通おうよ」とか……お嬢様の周囲、たとえば小学校内ではそんな塾に関する話題でもちきりなのかもしれませんね。仲の良いお友だちの影響を受けて、「わたしも塾に通って中学受験をしたい」とお嬢様が言い出すのは当然だと思います。

 しかし、まだ小学校3年生。お嬢様の心に中学受験に向けた「確固たる意志」など存在しないでしょう。そもそも「中学受験」って何なのか? 「塾」ってどういう空間なのか? それすら全くイメージできない状態だと思われます。これは何もお嬢様に限った話ではありません。塾や中学受験の話題を振るお友だちでさえ似たり寄ったりなのではないでしょうか。
 ですから、お母様がおっしゃるように「周りに流され」るというのはいたしかたないことであり、眉をひそめる必要もないことだとわたしは思います。

 さて、中学受験に向けて塾通いさせるか否かはお嬢様ではなく、お母様やお父様のお考えで決めるべきでしょう。お嬢様が中学受験をするメリット・デメリットを夫婦で話し合い、その上でどうしてゆくかを決定すべきだと考えます。


夫婦で相談


 もし、お嬢様を中学受験させるかどうか悩んでいてどうにも決断できないご状況であれば、思い切って塾通いさせてみるのも手です。そして、しばらく「様子見」に徹してみてください。学ぶことが思いのほか好きだった……。あるいは、特定の科目に拒否反応を示してしまった……など、塾に通うことでそれまでご両親には見えなかったお嬢様の姿が「良くも悪くも」顕然とするかもしれません。
 その上で、このまま中学受験に向けて塾通いを続けるか、塾をやめるかを決めても全く問題ないでしょう。どの進学塾も「5年生」からが本格的な「受験勉強」のスタートですので、4年生の間は「進退」を決めやすい時期だとも思いますし。

 最後に……塾を選ぶ際には、「授業体験」をお嬢様自身がすべきです。塾にもそれぞれ「色」があります。授業を体験してみて、お嬢様が「楽しい! ここでがんばりたい!」という反応を示すところをチョイスすべきだと思います。
 お嬢様が学ぶことを思い切り楽しめるといいですね!



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

矢野耕平先生は大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。

そんな中学受験業界に精通されている矢野先生へ、皆さんからの相談や質問を受付中です!下記アドレスへお送りください。
hs_passnavi=obunsha.co.jp 

(スパムメール対策のため上記アドレスは“ @ ”を消しています。“ = ”を“ @ ”に書き換えてご使用ください)
メールの件名を、「矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室」としてください。

なお、全ての質問や相談には回答できませんので、何とぞご了承くださいますようお願いいたします。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

編集部オススメ