矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2021-12-27中学受験の塾通い

質問

 先生、こんにちは。小学6年生の娘がいます。毎年、年末年始は慌ただしく過ごしてきたのですが、今年は受験直前期ということで夫にも協力してもらい、家にこもって最後の詰め込み勉強をする予定です。4年生から塾に通い、受験勉強を続けている娘のことを考えると、試験を目の前にしてはらはらしてしまい、私自身が前のめりになっている気がします……。この年末年始を過ごすにあたってどのような気持ちで過ごせばよいでしょうか。


回答

 こんにちは。
 お嬢様は4年生から塾通いを始めて、ここまで受験勉強に励んできたのですね。中学受験勉強の途中であきらめて方向転換する子どもたちも多い中、この3年間がんばってこられたのは立派なことです。

 さて、お母様のお悩みに回答いたします。
「試験を目の前にしてはらはらしてしまい、私自身が前のめりになっている気がします……」
 この部分を見てわたしが確信したことは「お母様であれば心配しなくともきっと大丈夫!」ということです。本当に前のめりになってしまっている方は、自身が「前のめり」になっていることさえ気づかないものですよ。この点、お母様は冷静に自分を見られているわけです。加えて、年末年始を過ごすにあたってどのような気持ちで過ごせばよいのか。
 わたしはお嬢様の発する一言一句に耳を傾け、入試本番に向けて励ましてやってほしいと思います。

 そして、一方では、入試本番でなかなか合格に巡り合えないという「あまり良くない想定」をおこなうことで、この学校が残念な結果ならこの安全校を翌日に組み込もう、あの学校で合格証書がもらえなかった場合を考えて、事前に2月4日~6日に入試回を設けている別の学校の資料を取り寄せておこう……そんな準備に努めてほしいと考えます。備えあれば憂いなしです。

 最後に。
 年末年始にお嬢様がほっと一息つけるタイミングはあるでしょうか。
 そんなタイミングを見計らって、これまで一生懸命受験勉強をがんばってきたことを労うとともに、(たとえ本心でなかったとしても)受験する学校はどこだって通って満足できるところだということを伝えてやってください。肩の力が入りがちな入試直前期こそ、このような声掛けがお嬢様を「ほぐして」やる効果を持つのだろうと考えます。

 あと少しですね。
 お嬢様に満開の桜が咲きますように。応援しています!


中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『令和の中学受験 保護者のための参考書』(講談社+α新書)。現在、AERA dot.やプレジデントOnline、ビジネスジャーナルなどで連載記事を執筆している。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『令和の中学受験 保護者のための参考書』(講談社+α新書)。現在、AERA dot.やプレジデントOnline、ビジネスジャーナルなどで連載記事を執筆している。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
  • 編集部注目の学校【最新記事】入試のワンポイントアドバイス《芝学園》
  • 矢野耕平先生の中学受験お悩み相談中学受験に関する相談や質問も受付中です!