矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-05-02中学受験の家庭学習

質問

娘が塾に通っているのですが、塾の模試が近くなると、主人が娘の勉強をつきっきりで見ています。
叱っているときが多々あるので止めたいのですが、主人が勉強を見ないと成績が落ちそうで止めるに止められません。
母である私はどうすれば良いでしょうか。

回答

 こんにちは。
 お母様のようなご不安を抱えている方は多く、わたしもたびたび同種の相談を受けることがあります。


 まずは、わたしの考える「叱る」と「怒る」の違いについて述べたいと思います。
 「叱る」とは理性的なふるまいです。「相手のことを考え、冷静な気持ちで教え諭す」こと。一方、「怒る」とは、思わず頭に血がのぼってしまう感情的なふるまいです。そこには相手の気持ちを慮る姿勢が欠如しています。
 塾の模試が近くなり、つきっきりで勉強を見ているお父様が娘さんに対して果たして「叱って」いるのか「怒って」いるのかは、娘さん(受け手)がそれをどう受け止めているかで判断すべきでしょう。
 娘さんがそういうお父様に嫌悪感を抱いているならば、お父様は「怒って」指導しているのでしょう。そうではなく、娘さんがお父様のサポートを心から望んでいるのであれば、お父様は「叱って」いる可能性が高いといえます。


 後者であれば、しばらくは様子見でよいかと思います。


 問題なのは前者です。お父様が感情的に「怒って」指導すると、娘さんが委縮してしまうだけでなく、学ぶことそのものが苦痛になってしまいます。こうなると中学入試で成功が望めないどころか、その後の学習生活において大きな傷跡を残してしまうことがあるのです。


「怒る」


 お母様の文面に目を通す限り、わたしは「前者」の可能性大だと考えます。
 その根拠は「塾の模試が近くなると」という文言です。
 塾の模試で良い成果を出さなければならないと思う気持ちはよく理解できます。でも、模試の近くになって慌てて指導するとなると、これはお父様が追い詰められた結果、ある種「一夜的な指導」を娘さんに強いるという短絡的な考えに陥ってしまっているのではないでしょうか。
 模試の数値は一朝一夕に上げることのできないものです。
 日々の計画的な学習の積み重ねがどうであったかを試しているのが模試の役割なのです。


 「いまのやり方で果たして娘の学力が伸びるのだろうか」
 「いまのやり方で娘が学ぶことを好きになってくれるだろうか」
 そんな観点を持ち、お母様とお父様が二人でじっくりと話し合ってみる機会を設けることが必要です。


 学ぶ主体は娘さん当人です。
 娘さんを「自ら教わり育つ姿勢」にどう導いていくのか。それを熟考してもらいたいと思います。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ