矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-06-08中学受験の家庭学習

質問

受験に関する本などで、子どもにとってリビング学習が良いと、たまに目にします。そんなにメリットがあるのでしょうか。
一人部屋に慣れてしまったわが子はリビングで勉強しようとしませんが、強制的にでもリビングで勉強させるようにしたほうが良いでしょうか。

回答

 こんにちは。
 お子さんは一人部屋での学習に慣れているのですね。成績が伸びているのであれば、その学習スタイルを変更する必要はないでしょう。


 ただ、こういう質問をされるということは、お子さんの成績結果が芳しくなく、不安を抱かれているのかもしれませんね。
 一人部屋はお子さんが「自由」にふるまえる空間です。
 「一人部屋に籠っている時間は長いのにどうして結果が出ないのだろう?」という疑問をお持ちならば、以下の可能性を考えるべきです。

1.集中力が続かない。ぼうっとしている時間が多い。
2.宿題などで不正をおこなっている。たとえば、解答の丸写しなど……。
3.計画的に学習を進められていない。その日にやるべきことが分かっていない。

 この3点のうち1つでも当たっているならば、おっしゃるように「リビング学習」に切りかえるのも手だと思います。


子供部屋


 『子どもの才能は間取りが育てる』(マイナビ新書)の著者である諸葛正弥さんに「リビング学習」の意味を尋ねてみました。
 諸葛さんはこう言います。
「リビング学習の最も大きな意味は『孤独感の防止』です。一人部屋に籠っていると心理的に追い詰められてしまう子が多いのです。そうなると、勉強は苦行であるというイメージを植え付けてしまうことになります。対して、リビングで学ばせると親がそこにいてくれる、見守ってくれているというその空間が子に安心感を与えるのです」
 そして、諸葛さんはその際の親の所作についてこうアドバイスをくれました。
「子がリビングで学んでいるときに、親がテレビをみていたり、雑談に興じていたりするのは論外です。親は新聞や本を読む時間に充て、互いに『学ぶ』空気をそこで共有すべきなのです。この姿勢が子を孤独感から解放するのです。互いに相手に配慮するという大切な心持も同時に学ぶことができますしね」


 リビング学習は「学ぶという基礎」を構築する手段です。そこで、学ぶ楽しさや要領を覚えた子ならば、一人部屋でだってちゃんと学習に打ち込めるようになるはずです。
 お子さんの学習が上手くいっていない……ということならば、リビング学習をきっかけにしてみてはいかがでしょうか。その先の目標は「どこだってちゃんと学習できる」そういうたくましさをお子さんに備えてもらうことです。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

矢野耕平先生は大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。

そんな中学受験業界に精通されている矢野先生へ、皆さんからの相談や質問を受付中です!下記アドレスへお送りください。
hs_passnavi=obunsha.co.jp 

(スパムメール対策のため上記アドレスは“ @ ”を消しています。“ = ”を“ @ ”に書き換えてご使用ください)
メールの件名を、「矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室」としてください。

なお、全ての質問や相談には回答できませんので、何とぞご了承くださいますようお願いいたします。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

編集部オススメ