矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-12-18中学受験の家庭学習

質問

矢野先生、こんにちは。
我が家では、夫とも相談した結果、勉強やお手伝いに対して「ご褒美」というものを発生させていません。いわゆるテストで何点以上取ったら何かを買ってあげる、試験で何位より上ならお小遣いをあげる、というようなものがありません。
しかし、どうもお友達の中にテストが良い点だったからこれを買ってもらったと言う子がいるらしく、○○ちゃんより私の方ががんばったのに私は何ももらえない、ずるい、と言うようになりました。
受験勉強に対するモチベーションも、がんばってもどうせ何も買ってもらえないなどと文句を言って下がってきています。物のために勉強をしているのではないでしょうと言っても、楽しみがないとがんばれないなどと言い返してきます。こういう場合の良い説得方法、気持ちを切り替えさせる方法などご存知でしょうか。

回答

 こんにちは。


 勉強や家の手伝いで「ご褒美」を与えないというご両親の判断は賢明だと思います。
 「褒美」を用意するということは、換言すれば「勉強とは苦役である」という考えを子の心に刷り込んでしまうということです。子どもが「つらいことに我慢したからこそご褒美がもらえる」といつの間にかそう思い込んでしまうことにつながるのです。勉強、学習とはそもそも子どもに「新しい世界」を見せてくれる、面白くてエキサイティングなもの。そういう見方が出来ない子に育ってしまうのは避けたいですよね。


 また、「褒美をとらす」ということは、自分が勉強して成果を出すのは親の「利益」のためであると子が思ってしまう危険性があります。
 だってそうでしょう。殿様が家来に「褒美を遣わす」のは、たとえば、殿様の敵を排除したとか、殿様に対して謀反を起こそうという企てを未然に防いだとか、殿様にとって「よいこと」をその家来がもたらしてくれたからです。
 勉強、学習とは、子が確かな教養を備えるためのものであり、中学受験の世界に絞っていうと「子が好きな学校で中高生活を謳歌できる」ためにおこなうものです。つまり、学習の主体は子ども自身にあるわけです(当たり前ですが)。勉強とは「子が自分自身のために」おこなうものです。



 さて、友人と比較して「何も買ってもらえないからモチベーションが下がる」というお子さんの弁ですが、これは本心ではない可能性が高いです。最近、どうも勉強に対して前向きになれない……友人に比べて成績が低迷している……そんなお子さんの不安や焦りが他所へ責任転嫁された結果、そのようなことばが口を衝いて出てくるのでしょう。つまり、「ご褒美」云々は関係ないのです。


 ここで大切なのは、なぜお子さんがいま勉強面で苦しんでいるのかを親子でじっくりと話し合うことです。場合によっては塾の講師の協力を仰ぎ、事態を打開するための具体的な方策を探るべきです。
 それでお子さんの状況が好転しはじめれば、「ご褒美が……」なんてことは一切口にしなくなるのではないかと思います。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

矢野耕平先生は大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。

そんな中学受験業界に精通されている矢野先生へ、皆さんからの相談や質問を受付中です!下記アドレスへお送りください。
hs_passnavi=obunsha.co.jp 

(スパムメール対策のため上記アドレスは“ @ ”を消しています。“ = ”を“ @ ”に書き換えてご使用ください)
メールの件名を、「矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室」としてください。

なお、全ての質問や相談には回答できませんので、何とぞご了承くださいますようお願いいたします。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ