矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2018-11-30中学受験の家庭学習

質問

 矢野先生こんにちは。小5の息子がいます。通っている塾から、「親が勉強を管理していると子供は伸びませんよ」と言われました。
 親からしてみれば、一度勉強の管理を始めると引き際がなくなり、いつまでもし続けなければいけない気がしています。さぼり癖のある息子のため、ここで管理をやめてしまったらもっと勉強をしなくなってしまうことがとても怖いのです。
 勉強は塾にお任せして、親は違う面をサポートすればよいのでしょうか。

回答

 こんにちは。
 このお悩みはよく分かります。
 「親の管理下に置かれると、子どもは伸びない」と塾のことばは決して間違えてはいません。
 でも、頭ではそんなことを分かってはいるけれど、子を放置すると勉強をさぼらせるだけでは……と葛藤してしまいますよね。
 ここは事を「ゼロ百思考」で対処しないことが必要だと感じます。
 つまり、「勉強を完全に塾に丸投げする」のか、「親が徹底的に子の勉強を管理する」のかという二択で考えるべきではないということです。
 たとえば、いままでは親が朝の漢字学習の丸付けをおこない、直しの指示を出していたが、これからは丸付けと直しは子ども自身でやらせよう……。まずは、そんな些細な課題を与えれば十分です。
 そして、その課題を一つクリアするたびに、子が自ら取り組む領域を少しずつ増やしていってやればよいのです。
 もちろん、子が自ら学ぶように順風満帆に成長いくとは思わないほうがよいでしょう。
 つい、さぼり癖が出てしまったり、ある一つの課題を自らクリアすることがなかなかできなかったり……これからの道のりは山あり谷ありだと思います。そこを辛抱強く見守り、時には適切なアドバイスを投げかけていくことを忘れてはなりません。
 そして、6年生の途中くらいから、本当の意味で「塾にお任せ」できるような状態を構築できるとよいですよね。自ら学ぶ姿勢を持つ子どもたちはたくさんの知識をどんどん吸収していきます。





 先日、とある難関私立中高(男子校)の教員と食事をしていたときに、次のような興味深い話を聞きました。
 「中学入学当初は難関の入試をくぐり抜けてきただけあって、みんな学力レベルが高い。でも、中学校1年生の途中から学力的に失速を始める子どもたちがいるんです。その子たちの共通点とは何だと思いますか? 中学受験の時に親がべったり勉強面に付き添っていた子たちなんです」


 中学受験の主体は親ではなく子どもです。勉強するのも子どもです。
 換言すれば、周囲の大人(塾の講師を含む)は「子の学力を『直接的に』伸ばすことはできない」のです。子が自ら伸びていくよう、親がいかに間接的な働きかけで導いていくのかを常日頃から熟考しつづけてほしいと思います。
 中学受験をするなら、「合格」だけを求めるのではなく、子の将来の原動力となる「自立心」を培う好機にしたいものですよね。

 お子さんの成長を心より願っています。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行されます。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ