矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2020-11-10中学受験の家庭学習

質問

 矢野先生、こんにちは。小6の娘への勉強の教え方について悩んでいます。
 小5の冬から受験勉強を始めました。本人がどうしても行きたい学校(中堅校)があり、個別塾にも通い、家庭学習も私がつきっきりでみています。成績も徐々にあがってはきたのですが(今で偏差値45ぐらいです)、難しい問題、初見の問題になるとあきらめてしまい、勉強のペースが下がります。私が教えると自分で解こうとしなくなるのではと思ってやらせようとすると、すねてやりませんし、どのように対処していいか迷っています。できる問題なら楽しくするのですが…。
 塾からの宿題はたくさんありますし、過去問も解かせたいので、彼女のペースにあわせていると、終わりません。無理矢理自分で解かせるのがいいのか、それとも、私が解き方を教えながら進めたらいいのか、他にいい方法があるのか、ご助言をお願いします。


回答

 こんにちは。
 入試まであと3か月を切りました。そういう時期に娘さんのこのような学習姿勢は極めてよろしくないですね。心配です。
 娘さんが自ら通いたいと切望する学校があるんですよね? にもかかわらず、難しい問題や初見の問題から逃げ、さらに、その様子を心配した親がアドバイスしようとすると拗ねてやらないとのこと。
 単刀直入に申し上げると、中学受験生としてかなり「幼稚」です。「幼稚すぎる」と言って間違いないでしょう。わたしのこの文章を娘さんに直接見せて、「ほら、これはあなたのことだよ。幼稚すぎるって!」と伝えてやってください。
 このままでは中学受験の合否云々の問題に留まらず、その後の学習姿勢にも大きな問題を来すでしょう。

 さて、わたしが提案したいのは次のようなやり方です。入試まで残り僅か。過去問中心に取り組んでいくのが合格への近道だと考えます。

 ①個別塾サイドにお願いして、過去問演習のスケジュールを作成してもらう。
 ②自宅で①に基づいた過去問演習をおこなう。(親はできる限り介入しない)
 ③過去問の丸付けや解説を個別塾におこなってもらう。その際に「取るべき問題」と「落としてよい問題」を分類して娘さんに伝えてもらうようにしてください。
 ④個別塾からの宿題量を軽減してもらう。

 ご相談を読む限り、親があれこれと気を揉んでもよいことはなさそうです。
 娘さんの現状を洗いざらい個別塾に打ち明けることで、親は今後どのように子と接するべきかアドバイスを受けるとよいでしょう。


中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当。
2020年度より国語専科「博耕房」という新ブランドを自由が丘に出校した。
著書に『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)など多数。
現在、AERA dot.(朝日新聞出版)、ビジネスジャーナル(サイゾー)、プレジデントOnline(プレジデント社)などで連載記事を担当。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『LINEで子どもがバカになる』(講談社+α新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』(文春新書)、『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書)。現在、プレジデントOnline、こそだてオウチーノなどで記事を連載している。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ