矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-06-20中学受験その他

質問

小4から大手塾に通塾しており、現在小5の子を持つ母です。
本人は塾に友だちがいることもあり、今の塾を気に入っています。ですが成績が伸びている印象はなく、クラスも真ん中あたりで半年以上変わっていません。
まだ本気を出して勉強をしているようには見えないものの、環境を変えたほうが良いのかと思い、転塾をすすめてみましたが本人が嫌がります。
成績が上がらないのに、今の塾に通い続けても良いのでしょうか。

回答

 こんにちは。
 これはよく耳にする質問事項です。
 お子さんが塾を気に入っている……一見、良いことのように思えます。しかし、お子さんが意気軒高として塾通いを続けているならば、それに比例して成績が上昇してもよさそうなものですよね(もちろん、それでも成績数値に多少の波はあるでしょうが)。
 お子さんの成績が伸びない原因として考えられるのは、お子さんが「学ぶこと」を楽しみにしているわけではなく、「友だちとの触れ合い」を楽しみにして通塾しているということです。お子さんが本気を出して学んでいるようには感じられないとお母さまがおっしゃっているのですから、おそらくそうであるにちがいありません。


 中学受験は団体戦ではなく個人戦です。
 日々の学習に打ち込み、頭を悩ませつつ多くの知識・解法を獲得していくこと――。入試本番では見知らぬ場所で見知らぬ人たちに囲まれて、難問を克服していかねばならないこと――。とどのつまり、中学受験の主役はお子さんです。誰もそれを代わることはできません。もちろん、時にはライバルの存在がお子さんのやる気を喚起することもあるでしょうが、それも結局はお子さん個人の心持ち次第です。


 とはいえ、お子さんはまだ小学校5年生。
 親がお子さんのお気に入りである塾を無理やり辞めさせ、転塾させると途端に学習に対するモチベーションが低下する恐れもあります。「親に転塾を強いられた」という納得できない思いがいつまでも燻ってしまい、今後中学受験の学習を進めていく途上でスランプに陥ったときに子がそれを言い訳にする材料としてしまう、つまり、他責的なふるまいをさせてしまうことにも繋がることすらあります。それは絶対に避けたいものです。


 まずは、お子さんに塾のことや学習の様子がどうなのかをヒアリングすべきです。お子さんの課題になっているところは何かを慎重に見極めたうえで次なる一手を親が繰り出すべきでしょう(学習姿勢が改善されるならば、いまの塾のままでも構いません)。転塾するなら、お子さんが納得するまで何度でも 話し合うべきだと思います。


 お子さんが良い道を選んで、成績面はもちろん精神的にも大きく成長することを願っています。


分かれ道



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

矢野耕平先生は大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。

そんな中学受験業界に精通されている矢野先生へ、皆さんからの相談や質問を受付中です!下記アドレスへお送りください。
hs_passnavi=obunsha.co.jp 

(スパムメール対策のため上記アドレスは“ @ ”を消しています。“ = ”を“ @ ”に書き換えてご使用ください)
メールの件名を、「矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室」としてください。

なお、全ての質問や相談には回答できませんので、何とぞご了承くださいますようお願いいたします。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ