矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2017-09-08中学受験その他

質問

先生にご質問です。
これから秋になると学校の文化祭などが増えてきます。
受験生なので、勉強に専念してほしいのですが、そういったイベントに本人が行きたがります。
学校見学会に行ったのでもう雰囲気はわかっているのではと思いますし、イベントでは学校本来の姿が見られるわけではないとも思います。ただ勉強をさぼりたいためにイベントに行きたがっているのではないかと勘繰ってしまいます。
文化祭などには行かせてやったほうがいいでしょうか。なにかメリットがあれば教えてください。

回答

 こんにちは。
 お子さんの中学入試本番まであと5か月ですね。ここからの時期は本当に「あっという間」に時間が過ぎていくものです。
 だからこそ、お母様のご不安はよく理解できます。


 結論から言いますと、お子さんがすでに学校見学を体験済で「受験することが確定している」学校であれば、特に足を運ぶ必要はないでしょう。その学校の合格を勝ち取るために、過去問題の対策をはじめお子さんが取り組むべきことはたくさんあります。


 しかしながら、「受験するかどうか迷っている」「進学候補校とするか検討している」……このような学校であれば、その最終判断を下すために、お子さんがその学校の文化祭などに行くことは必要だと思います。
 受験料はもちろん、入学後の学費を払うのは保護者の皆様です。ただ、実際に6年間その中高に通うのはお子さんです。ですから、お子さんがその学校の雰囲気を直接味わう機会を事前に設けるべきでしょう。
 たとえば、東京在住のお子さんであれば、「進学する予定のない」1月の埼玉県や千葉県、地方の学校については特に見学する必要はないでしょうが、2月1日以降の受験校であれば、どこも「進学する可能性がある学校」でしょうから、やはり事前にお子さんがその学校を見て、受験・進学に「前向き」な気持ち、「憧れ」の気持ちを持つことが大切です。
 学校の文化祭に参加することで、そういう気持ちがお子さんに芽生える……それこそが文化祭に来訪する一番のメリットだとわたしは考えます。



 また、お母様がおっしゃっているように、説明会や文化祭は、学校のいわば「表向きの顔」です。
 その学校の「本当の姿」を知りたいということであれば、平日の昼間に学校へ足を運ぶことをお勧めします。学校によっては事前に連絡をすれば、校舎内を見学させてくれるところも多いですよ。


 お子さんの中学受験、笑顔の春が来ることを心より願っています。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

矢野耕平先生は大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。

そんな中学受験業界に精通されている矢野先生へ、皆さんからの相談や質問を受付中です!下記アドレスへお送りください。
hs_passnavi=obunsha.co.jp 

(スパムメール対策のため上記アドレスは“ @ ”を消しています。“ = ”を“ @ ”に書き換えてご使用ください)
メールの件名を、「矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室」としてください。

なお、全ての質問や相談には回答できませんので、何とぞご了承くださいますようお願いいたします。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ