矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2018-07-31中学受験その他

質問

 小学校4年生の息子を持つ母親です。
 夏休みの自由研究についての相談です。
 毎年、小学校から自由研究の宿題が出るのですが、いつもどういうことをすべきか分からずに、夏休みの終盤になって息子は慌てて片付けています。
 どうせ取り組むなら、中学受験勉強に直結した自由研究に取り組んでほしいと願っていますが、どのようなものがオススメですか。
 矢野先生のお知恵をお貸しください。

回答

 こんにちは。
 夏休みの自由研究については一体どういうものに取り組むべきか頭を悩ませる親子が多いようです。
 わたしは「自由」ということばがキーワードだと思います。


 息子さんが興味を示している対象は何でしょうか?
 息子さんが好きな場所はどこでしょうか?
 息子さんが打ち込んでいるスポーツは何でしょうか?


 自由研究の「ネタ」はそんなふうに案外身の回りにゴロゴロと転がっているはずです。



 たとえば、息子さんが野球を好きならば、プロ野球の各球団の特色や主力選手などを調べたらいかがでしょうか?
 あるいは、息子さんが電車好きならば、普通列車を幾度も乗り換える「仮想旅行スケジュール」を立てるのも面白いかもしれません。


「え? でもそれでは、中学受験勉強に役立たないのでは!?」と思われるでしょう。


 わたしは自由研究を中学受験勉強に無理やりつなげる必要はないと考えています。
 「自由研究」はあくまでも息子さんが「自由」にテーマを設定して、それをしっかり調べることに意味があると考えています。親はあくまでもサポート役。息子さんの自由研究にちょっと距離を置きつつ、それでも付き添うという感覚で臨むのがよいと思います。


 わたしは「ひとつの物事を深く追究し、とことん調べ上げる『構え』を構築する」ことこそが自由研究の意義、醍醐味と考えます。
 このような「構え」を早期のうちに身につけることは、息子さんの今後学習に取り組むうえで大きな意味があると確信します。
 そして、身近な題材を用いて、「自分自身のことばで語る」自由研究が完成すれば、それはオリジナリティあふれる唯一無二の作品となるのです。


 この時期、書店へ足を運ぶと、いわゆる「自由研究キット」が並べられています。しかし、これらは結論ありきで作られていて、そこへ子を誘導するような内容になっていることが多いのです。そうすると、敷かれたレールの上を走るだけであり、オリジナリティとはかけ離れた自由研究となってしまいます。市販のものだけあり確かに見栄えは良いのでしょうが、このような「不自由」な研究には学びを喚起する効果はないと考えます。


 息子さんが自由研究を通じて、自ら考え調べる喜びを体得できることを願っています。
 そして、息子さんのその経験はいつしか中学受験の学習にも良い影響を与えるものと思っています。



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)がある。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ