矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2018-04-10中学受験の学校選び

質問

先生よろしくお願いします。
娘の志望校について色々調べておりましたところ、学校説明会以外にもたくさん受験生が参加できるイベントをやるようです。合唱コンクールまで見学できるということでした。娘に受験の意識を持たせるためにも、こういうイベントには参加したほうが良いでしょうか?

回答

 こんにちは。


 多くの私立中学校は秋以降に保護者対象の「学校説明会」を実施します。その前に学校の魅力を受験生本人に知ってもらいたいという思いで、春から夏にかけて様々なイベントを企画・実施する学校がたくさんあります。
 最近は学校の授業や部活動に参加できる「オープンキャンパス」をおこなう学校が増えてきました。


 わたしはぜひ娘さんにこの類のイベントに参加してほしいと考えています。
 その理由としては、娘さんが心から通いたいと思える学校を発見するきっかけになるということと、それにより、日々の受験勉強にいままで以上に精励するきっかけになる可能性があるからです。


 実際、この手のイベントが子の第1志望校を決めるきっかけになるケースをわたしはたびたび見てきました。
 一例を挙げましょう。
 ある女の子の話です。その子は第1志望校を決めかねていました。が、ある学校の「見学会」で中学生になったらやりたいと思っていた「バレーボール部」の活動の様子を見にいったところ、高校生の先輩がその子の手をとって、バレーボールの練習に付き添ってくれたのです。
 小学生の女の子にとって高校生の先輩は「大人」であり、憧れる対象でしょう。
 実際、その子は先輩たちの魅力にすっかり「やられて」しまいました。恍惚とした表情で「わたしは絶対にあの学校でバレーボールしたいんです」とわたしに語ってくれました。
 その子の受験勉強は決して順風満帆にはいきませんでした。模擬試験の成績で厳しい結果が出てしまい、志望校を変更するかどうか本人と面談したこともあるくらいです。でも、「わたし、勉強がんばります。あきらめたくありません」というその子の熱意を信じ、見守っていたところ、受験本番残り数か月でその子の学力はぐんぐんと伸びていきました。そして、見事に第1志望校合格。そのときの彼女の嬉しそうな顔はいまでも心に残っています。



 中学受験の主体は娘さんです。
 そして、娘さんが「あの学校に行きたい!」というところが見つかれば、その思いが受験勉強へのモチベーションをぐんぐん高めていく原動力になる可能性が高いと考えます。
 「学校の理念」や「教育方針」「その学校の(偏差値上の)レベル」「大学合格実績」などが保護者にとっては学校選びの大切な尺度となるでしょう。しかし、子にとってはそれらのものはあまり響きません。自分がその学校に通う姿が「イメージできる」体験こそが志望校決定の決め手となるのです。


 娘さんが素敵な学校と出あえることを願っております!



中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数あります。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ