矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2019-08-13中学受験の学校選び

質問

 小5の娘を持つ母親です。志望校までの通学時間が2時間近くかかることが気がかりです…。始発の駅なので、通学することになっても自分の時間に充てられると思いますが、長時間かけて通わせる必要があるのか悩んでいます。娘は「受かったらがんばって通う!」と言うのですが…。先生の意見をお聞かせいただけますでしょうか。

回答

 こんにちは。
 これはなかなか難しい問題ですね。
 1年間で学校に通学するのが250日としましょう(授業のあるのは200日程度でしょうが、部活動や行事の準備などを考えるとこんなものでしょう)。1回の往復で4時間かかるので、1年間では1000時間、中高6年間では家と学校の行き来に6000時間費やすことになるのです。

 始発駅なら確かに電車の座席に座って読書でもして有意義な2時間が過ごせそうな気がします。でも、電車に乗った際に周囲の中高生たちをチェックしてください。読書する姿はあまり見かけず、スマホに没頭している姿が目につかないでしょうか。お嬢様が毎日往復の4時間「スマホ漬け」になる可能性を考えるとぞっとしてしまいます。

 また、気になるのは「非常事態」の際に、学校から家までの距離があることです。
 たとえば、2011年の東日本大震災の際には自宅に帰れず学校に宿泊したという私立中高生たちが大勢いました。なお、その直後の入試(2012年度)では「川を渡って通う学校」の受験を敬遠するご家庭が増えました。
 お母様はこの機会にさらに大きな天変地異を想定して学校を考えるのも大切なことではないでしょうか。家までのルートや学校の防災環境(備蓄の有無のチェックなど)を確認しておくべきでしょう。

  さて、いままでお嬢様自身、受験候補校となる学校には何校ほど足を運ばれましたか。
 この秋にでも、多くの学校にお嬢様を連れていかれるとよいでしょう。いま憧れている学校より近くに、もっと気に入る学校があるかもしれません。

 いろいろなリスクを考えた上で、あの手この手を尽くした上で、それでも2時間要する学校がお嬢様にとって「かけがえのない学校である」という判断をご家庭が下せば、その学校を目指して中学受験勉強に邁進してほしいと思います。

 お嬢様の中学受験が上手くいくことを心より願っています。




中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ