矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2019-06-28中学受験の勉強法

質問

 大手塾に通う小5受験生の母です。息子が小5になってから、塾の宿題が多くて終わりません。学校の宿題もあるので、本人はとてもきつそうです。塾に相談したほうが良いでしょうか……。

回答

 こんにちは。
 学校の宿題に塾の宿題……お子さんがキツそうとのこと。それはお母様も見ていてもどかしい思いを抱くでしょうし、何とかしてやりたいとつい焦ってしまいますよね。

 中学受験の世界で「5年生の壁」ということばが使用されることがあります。大手塾・中小塾を問わず、3年生や4年生の頃は通塾日も週に1~2日で授業時間も短かったのが、5年生から通塾日が週3~4日になり、授業時間も一気に増えるところが多いのです。その分、宿題量も前年と比較すると膨大なものになり、結果として日々宿題に追われてしまう、いわゆる「自転車操業」的な苦しい状態にお子さんが置かれてしまうことがあるのです。

 お母様のおっしゃる通り、この由々しき事態を打開するためにはお子さんが通われている塾に相談したほうがよさそうですね。
 ただし、相談する前にお子さんの1週間の計画をご家庭で練り直すことが大切です。

 わたしは以前、この「旺文社中学受験高校受験パスナビ」の「お悩み相談室」で1週間の学習計画の構築方法と、ルーティン学習の重要性について言及しています。
 かなり具体的な例を示していますので、ご一読ください。
 ▼
 【質問】小5の母。深夜まで勉強している娘が心配です……

 ご家庭の中で1週間の学習予定案を作成した段階で、お通いの塾に相談に行かれたほうが細かなアドバイスが受けられるのではないでしょうか。その際、塾側には「宿題の優先度」をしっかり聞き出したほうがよいと考えます。また、「隙間」となる時間を有効に活用できているか、あるいは、「そんなに時間をかけて取り組むことはないもの」に悪戦苦闘して取り組んでいないかどうか……そんなチェックをおこなってほしいと思います。

 お子さんが計画的に受験勉強に取り組めるようになり、心に余裕を持つことができれば、学ぶことが楽しくなってくるかもしれません。そのような日が息子さんに一日でも早く訪れることを願っています。




中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

1973年東京生まれ。大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立し、代表に就任。東京・自由が丘と三田に校舎展開している。また、学童保育施設「ABI-STA」特別顧問 も務める。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『iPadで教育が変わる』(マイコミ新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ