矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2020-03-09中学受験の勉強法

質問

矢野先生、こんにちは。速読系のアプリやソフトによる学習を取り入れる塾が少しずつ増えてる気配ですが、国語ご担当の立場から有益なものと考えていらっしゃるでしょうか?アドバイスいただけますと幸いです。


回答

 こんにちは。
 中学入試国語の読解問題をみると、かなりの長文を読ませる学校が多いですよね。制限時間内に解答作業を終えるためには、確かに文章を「速く」読む必要性があります。
 ですから、「速読」を謳うアプリやソフト、あるいは、そのための授業は何だか魅力的に感じられることでしょう。わたしも「速読」の手法が気になり、一度調べてみたことがあります。そして、小学生に「速読」の練習は不要であるという結論を出しました。
 わたしは「速読」は「精読」の積み重ねでしか達成できないという立場です。
 「精読」すらできない子の「速読」など、ただ文章を読み飛ばしているに過ぎない。わたしはそう考えます。

 当たり前ですが、「読解」とは文章を「読み解いていく」ことです。文章の細部を丁寧に読まずして問題に太刀打ちできるわけはありません。
 しかも、長い文章を読みなれていない、その経験がまだ乏しい小学生に対して、いきなり「速読」を求めるのは無理があると考えています。有益どころか、子にとって「害」になる危険性すら孕んでいると思うのです。

 冒頭に書きましたが、中学入試段階では「速読」が求められます。「長文の内容を部分的にも巨視的にも理解しながら、速く読める」ように仕上げるには、多くの読解問題と格闘しつづけるしか道はありません。もちろん、それに加えて読書経験も必要不可欠でしょう。
 お手軽に「速読術」が身につけられるマジックはこの世に存在しないのです。


中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
大手塾に13年間勤めたのちに、2007年に中学受験専門塾「スタジオキャンパス」を設立。代表を務めるとともに国語と社会を担当しています。
著書として『LINEで子どもがバカになる「日本語」大崩壊』(講談社+α新書)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)など多数。2018年12月上旬に「旧名門校 VS 新名門校 今、本当に行くべき学校と受験の新常識がわかる! 」(SB新書)が刊行。
中学受験業界に精通されている矢野先生へ、ぜひ受験の不安や疑問などお寄せください!




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(文春新書)、『LINEで子どもがバカになる』(講談社+α新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』(文春新書)、『早慶MARCHに入れる中学・高校』(朝日新書)。現在、プレジデントOnline、こそだてオウチーノなどで記事を連載している。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ