矢野耕平先生の中学受験お悩み相談室

2021-03-31中学受験の勉強法

質問

 新6年生の男の子の母です。4年生から大手塾に通っております。真ん中くらいのクラスに在籍しておりますが、入塾当初から現在まで国語の成績が悪く全体の足を引っ張っております。塾の宿題は時間をかけてそれなりに解けているのですが、テストでは散々な点数です。入試まであと1年......。親のほうがかなり焦ってきており、国語だけ家庭教師も検討しております。
 漢字、文法はとれていますが、文章題の選択肢や記述ができません。どのように勉強していけばよいのでしょうか? アドバイスがあれば宜しくお願いします。


回答

 こんにちは。
 この2年間、国語の成績低迷が続いて、テストでも思うように得点できないのですね。入試まで残すところ1年弱ということを考えると、焦ってしまうお母様のそのお気持ちは分かります。
 「塾の宿題は時間をかけてそれなりに解けている」「漢字、文法はとれています」ということばから、息子さんはかなり真面目な性格であることが窺えます。であるならば、何とか事態を好転させたいものですよね。

 さて、文章読解の選択肢や記述ができません、とあります。 厳しいことを言うようですが、そのような状態であれば、そもそも文章の内容があまり理解できていないのではないかと疑いの目を向けるべきです。

 自宅で簡単にできる文章理解のチェック方法を紹介します。
 息子さんが1年くらい前に取り組んでいた5年生前半の国語教材を使って、800字〜1500字程度の(読解問題にしては)やや短い素材の「説明文」と「物語文」を息子さんにじっくり読ませた上で、次のような質問を投げかけましょう。

  【「説明文」の場合】
①この文章の話題(テーマ)は何か。
②筆者はどういう事柄に対して、どんな結論を出しているか。

【「物語文」の場合】
①この文章を大きく2つ(あるいは3つ)の場面に区切るなら、どこで分けられるか。
②主人公にどんな出来事が起こって、どのようにその気持ちは変化したのか。


 このようなシンブルな問いかけで十分です。
 もしこのレベルの質問の回答に息子さんが窮するようなら、急ぎ何かしらの手を打たねばなりません。
 反対に、この手の質問に息子さんがすらすら回答できるならば、文章内容理解はおそらく問題ありませんので、いったいどのように問題を解いているのか、その対処法のどこかに間違いがあるはずです。

 いずれにせよ、自宅で試みたこのチェック結果を、普段お通いの塾の講師にストレートに伝え、今後どのように文章読解に取り組ませるべきか、指示を仰ぐべきです。
 そんなことはないと信じたいのですが、「いやいや、落ち着いて読めば解けるはずですよ」とか、「苦手意識が先行してしまっているから文章読解が上手くいかないのです」とか、「読書をたくさんしてほしい」とか......そんな精神論や抽象的なアドバイスしかもらえなかったら、要注意です。それこそ、お母様もおっしゃっていましたが、プロの家庭教師を付けるなど したほうがよいでしょう。
 一方、塾の講師から具体的な方策が示されたら、それは解決の糸口になる可能性がありますので、息子さんにその指示を守るようにさせましょう。

 息子さんの文章読解スキルが向上し、国語が得点源になる......なんて日がくるとよいです ね。
 応援しています。


中学受験に関する相談や質問を受付中です!

毎月、お寄せいただいたお悩みの中から先生が2つを選んで上旬と下旬に回答いたします。(お悩みを採用させていただいた場合でも、ご連絡はしておりません)
すべてのご相談には回答できませんので、あらかじめご了承ください。また、個別のご質問に対して、メールでの直接回答はいたしかねますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


矢野耕平先生
中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『令和の中学受験 保護者のための参考書』(講談社+α新書)。現在、AERA dot.やプレジデントOnline、ビジネスジャーナルなどで連載記事を執筆している。




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。東京・自由が丘と三田に校舎を構える。国語・社会担当。著書に『中学受験で子どもを伸ばす親ダメにする親』(ダイヤモンド社)、『13歳からのことば事典』(メイツ出版)、『男子御三家 麻布・開成・武蔵の真実』『女子御三家 桜蔭・女子学院・雙葉の秘密』(ともに文春新書)、『旧名門校 VS 新名門校』(SB新書)など多数。最新刊は『令和の中学受験 保護者のための参考書』(講談社+α新書)。現在、AERA dot.やプレジデントOnline、ビジネスジャーナルなどで連載記事を執筆している。


月別

以前の月を見る

編集部オススメ