• 東京都
  • 世田谷区
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 大学

東京学芸大学附属世田谷中学校

とうきょうがくげいだいがくふぞくせたがや

03-5706-3301

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

東京学芸大学附属世田谷中学校の学校情報

21世紀を生きていくための資質と能力を育む
校長名
金沢 育三
沿革
1947年、東京第一師範学校男子部附属中学校として開校。1952年、現在地に移転。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:80 名  女:79 名  (4クラス〈39~40名〉)
2 年 男:81 名  女:77 名  (4クラス〈39~40名〉)
3 年 男:79 名  女:80 名  (4クラス〈39~40名〉)
所在地
〒158-0081 東京都世田谷区深沢4-3-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
東急田園都市線駒沢大学駅下車、徒歩25分。JR渋谷駅・恵比寿駅・目黒駅、または東急自由が丘駅・等々力駅・用賀駅からバス。

カリキュラム 50分授業、週29時間。文化の創造と発展に貢献できる生徒の育成を目指し、基本を徹底しながら発展的、先進的な授業を行っている。総合学習は、今日的な課題に取り組み、解決していく「テーマ研究」や、学習した内容や技能を活用する場面を取り入れた「教科総合」がある。「生活学習」では、図書館の活用法やコンピュータの使い方なども学ぶ。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 弁当持参
郊外学習・総合学習 三学期制

登校 8:25 下校 17:45

学期1~2回保護者会、年1回授業参観、年2~3回保護者面談を行う。日課として全校で掃除。木曜下校時安全指導。制服代男子46,000円、女子45,000円。土曜日は休みだが、月に数回行事、部活動で登校。校外学習は、2年次の林間学校や地学実習など。テーマ研究あり。2018年度用の募集要項は9月16日から学校窓口・学校説明会で配布した(無料)。


東京学芸大学附属世田谷中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■入試情報
2017年度入試から、指定地域に次の地域が追加されました。
 東京都:三鷹市、武蔵野市
 神奈川県:相模原市南区、藤沢市
 埼玉県:和光市、朝霞市<2017/03/28掲載>


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




東京学芸大学附属世田谷中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 東京学芸大学附属世田谷中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校のSNSはチェックしますか?【保護者に質問】