• 東京都
  • 文京区
  • 共学
  • 中学
  • 高校

東京都立小石川中等教育学校

とうきょうとりつこいしかわ

03-3946-7171

お知らせ
【中学生・高校生の部活File】東京都立小石川中等教育学校「ラクロス部」掲載中!

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

東京都立小石川中等教育学校の学校情報

「立志・開拓・創作」。自由な校風で創造性豊かな生徒を育む
校長名
梅原 章司
沿革
2006年、都立初の中等教育学校として開校。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:85 名  女:78 名  (5クラス〈32~33名〉)
2 年 男:82 名  女:78 名  (4クラス〈40名〉)
3 年 男:93 名  女:67 名  (4クラス〈40名〉)
所在地
〒113-0021 東京都文京区本駒込2-29-29   Googleマップを表示する
最寄り駅
地下鉄都営三田線千石駅下車、徒歩3分。JR・都営三田線巣鴨駅下車、徒歩10分。JR・地下鉄南北線駒込駅下車、徒歩13分。
教育方針
1.「立志・開拓・創作」の精神を教育理念の中核に据えて、自ら志を立て、自ら進む道を切り拓き、新しい文化を創り出す人材の育成に努める。
2. 広く深い知識に裏付けられた教養を重視する伝統の小石川教養主義、理数教育、国際理解教育を柱とし、豊かな感性と幅広い教養を育む。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-5 数-5 国-4.6 理-4 社-4

(中2)  英-5 数-4 国-5 理-5 社-4

(中3)  英-5 数-5 国-4 理-5 社-5

英語は英会話、国語は書写含む


カリキュラム 3学期制、45分授業(7時間授業)、週34時間。英語と数学は習熟の程度に応じた少人数授業を実施。土曜日や長期休業日などに補習や特別講座、小石川セミナーを行う。6年間を通して「小石川フィロソフィー」(課題研究)に取り組む。
クラブ活動 運動部17部、文化部20部、同好会1。9割以上の生徒が加入し、後期の生徒と合同で活動している。部活動でも小石川の伝統である「自主自立」の精神は尊重され、意欲的、主体的に活動。理科系部活が5、音楽系部活が5あり、2つ以上の部活に入っている生徒も多い。
イベント 9月中旬の行事週間には、芸能祭、体育祭、創作展が続く。生徒自らが考え、自主的に作り上げる。6年生の演劇は圧巻。宿泊行事(1年移動教室、2年国内語学研修、4年宿泊防災体験活動)、職場体験学習(2年)、合唱発表会(前期課程)、校外学習がある。
施設設備 校舎は耐震基準を満たし、防犯カメラやオートロックシステムなどの機械警備を採用。防災訓練(消防署と連携した消火救命訓練など)を実施。教室の冷暖房あり。
海外研修 3年8月に全員がオーストラリアで語学研修(約2週間)。ホームステイしながら現地校に通う。5年2月、シンガポール・マレーシアへ海外修学旅行。

保護者のための情報

●小石川セミナー(講演会)、サイエンスカフェは、保護者も参加することができる。
●後期課程進級時の入学金は5,650円。
●後期課程卒業時までの総費用は約137万円(給食費含む)。
●前期課程は学校指定の制服を着用。
●募集要項:2018年度用は11月25日から学校窓口で配布した(無料)。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 制服着用
持ち物指定 カウンセラーがいる
携帯電話の持込 土曜登校
海外研修 語学研修 弁当持参
郊外学習・総合学習

登校 8:25 下校 16:50

部活延長時の下校時刻は18時30分。制服・体育着・教材費などで約70,000円。携帯電話は保護者の申請書が必要。校内では担任などが預かる。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。土曜日は小石川セミナー(講演会)や講習、補習など。前期課程は給食だが、希望者によるランチボックス(1食300円)がある。後期課程は弁当持参。


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




東京都立小石川中等教育学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 東京都立小石川中等教育学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】