• 東京都
  • 台東区
  • 共学
  • 中学
  • 高校

東京都立白鴎高等学校附属中学校

とうきょうとりつはくおうこうとうがっこうふぞく

03-5830-1731

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

東京都立白鴎高等学校附属中学校の学校情報

日本の伝統文化を学び、国際社会で活躍する生徒を育成
校長名
善本 久子
沿革
1888年創立の東京府立第一高等女学校が前身となる白鴎高等学校の附属中学校。2005年4月、都立初の中高一貫教育校として開校。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:78 名  女:80 名  (4クラス〈39~40名〉)
2 年 男:77 名  女:83 名  (4クラス〈40名〉)
3 年 男:77 名  女:79 名  (4クラス〈39名〉)
所在地
〒111-0041 東京都台東区元浅草3-12-12   Googleマップを表示する
最寄り駅
地下鉄都営大江戸線、つくばエクスプレス新御徒町駅下車、徒歩7分。銀座線田原町駅下車、徒歩7分。
教育方針
1. 高い知性と教養を身につけ、開拓精神に富み、世界で活躍するリーダーとなる生徒を育成する。2. 日本の伝統文化を理解し、国際社会で活躍できる生徒を育成する。3.「辞書は友達、予習は命」を合言葉に授業に取り組む。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-5 数-5 国-4 理-4 社-3

(中2)  英-5 数-4 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-5 国-4 理-4 社-4

英語は1年次英会話、2・3年次はプレゼンテーション含む


カリキュラム 3学期制、50分授業、週32時間。主要5教科は4年次の一部を先取り学習。英語と数学は少人数習熟度別授業を実施。国語は1年次から現代文と古典を分けて基礎から学習。白鴎タイム(週2回、6時間目のあとの25分間)では、確認テストや読書活動、調べ学習を行う。
クラブ活動 運動部10部、学芸部8部。高校生と合同で活動する部もある。サッカー、軟式野球、硬式テニス、バスケットボール、バレーボール、和太鼓、吹奏楽、百人一首、長唄三味線など。
イベント 文化祭(9月、公開)は中高合同、体育祭(5月、非公開)は中学だけで実施。3年次の研修旅行は3月にアメリカ西海岸の有名大学等へ。百人一首大会、合唱コンクール、スポーツ大会のほかに、1年次の校外学習、宿泊体験学習、伝統文化体験、職業講話、2年次の田植え体験、農村勤労体験学習、職場体験、3年次の上級学校訪問など。
施設設備 東(中学)・西(高校)2つの校舎の施設をフルに活用できる。40台のパソコンがあるパソコン室、視聴覚室、理科室、体育館、音楽室、プールなどがある。校舎は耐震基準を満たし、緊急地震速報の受信機を設置している。
海外研修 中3以降の夏休みにオーストラリアへ短期留学(希望者)。ホームステイしながら現地校で授業を受ける。高2の2学期に海外へ修学旅行。

保護者のための情報

●年5回保護者会を実施している。
●高校進学時の入学金は5,650円。
●セーフティ教室などを実施。
●保護者の転勤などで国外へ転出して戻ってきた場合、復学できるが、条件(転出期間2年間)がある。
●募集要項:2018年度用は11月25日から願書配布説明会・学校窓口で配布した(無料)。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
奨学金制度 制服着用
持ち物指定 カウンセラーがいる
携帯電話の持込 土曜登校
海外研修 語学研修 給食実施

登校 8:15 下校 18:00

11月~2月の下校時刻は17時30分。毎週木曜日に朝礼。朝礼のない日は朝学習。制服代は男子52,232円、女子61,066円。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。土曜日は授業2回(学校公開年10回)。昼食は食堂のランチボックスか弁当持参。牛乳は全員対象(9,000円)。緊急時に保護者へメール等を一斉配信。


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




東京都立白鴎高等学校附属中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 東京都立白鴎高等学校附属中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

一日の平均睡眠時間は?【受験生に質問】