• 埼玉県
  • さいたま市
  • 共学
  • 中学
  • 高校

さいたま市立浦和中学校

さいたましりつうらわ

048-886-8008

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

さいたま市立浦和中学校の学校情報

知性と感性・表現力を備えた国際社会に貢献する生徒を育成
校長名
平川 充保
沿革
2007年、さいたま市立浦和高校に併設型中高一貫教育校として開校。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:40 名  女:40 名  (2クラス〈40名〉)
2 年 男:40 名  女:40 名  (2クラス〈40名〉)
3 年 男:40 名  女:40 名  (2クラス〈40名〉)
所在地
〒330-0073 埼玉県さいたま市浦和区元町1-28-17   Googleマップを表示する
最寄り駅
京浜東北線北浦和駅下車、徒歩12分。
教育方針
1. 高い知性と豊かな感性・表現力を備えた国際社会に貢献できる生徒を育成する。
2. さいたま市初の併設型中高一貫教育校として中学・高校が連携。市立浦和高校の文武両道の伝統を踏まえ、特色ある教育を行う。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-5.7 数-5.2 国-5.2 理-3 社-3

(中2)  英-4.8 数-4.3 国-4.3 理-4 社-3

(中3)  英-5.5 数-5 国-5 理-4 社-4


カリキュラム 3学期制、50分授業、週32時間。英語・数学は少人数指導。国語・社会では討論、スピーチ、ディベートなどに力を入れ、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を伸ばす。週3回の「Morning Skill Up Unit」(第1時限目、20分間)で、パソコンを使って英数国を中心に指導。
クラブ活動 原則、全員加入。運動部11部、文化部4部。陸上、ハンドボール、弓道、剣道、書道、美術が高校生と合同で活動。
イベント 市高祭(文化祭、6月)、体育祭(9月)は中高合同で実施。ほかに学校全体ではサマー・イングリッシュセミナー、英語リシテーションコンテスト、芸術鑑賞会、球技会、ロードレース大会。1年次の歌舞伎鑑賞会、舘岩自然の教室、博物館実習、未来くるワーク体験、2年次のプラネタリウム教室、科学館実習などがある。
施設設備 5階建ての校舎。コミュニティホール、食堂、語学・物理・化学のゼミ室、理科実験室、メディアセンター、多目的学習室、スタディホール、屋上庭園などがあり、全教室に空調施設と42インチのプラズマTVを設置。校内LANを整備、生徒全員に1人1台のタブレット型ノートPCを貸与している。教室の冷暖房あり。
海外研修 中学校の英語学習の集大成として、海外フィールドワーク(7日間)を実施。3年次の2月、オーストラリアの現地校の授業や行事に参加する。

保護者のための情報

●学期に1回保護者会、年に12回授業参観などがある。
●高校進級時の入学金は5,650円。
●さいたま市「震災時における児童生徒の安全確保等の指針」に従い、震度5弱以上は、生徒を保護者へ引き渡すことにしている。
●募集要項:2018年度用は11月18日から学校説明会・学校窓口で配布した(無料)。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
給食実施 郊外学習・総合学習

登校 8:20 下校 18:00

10月~3月の下校時刻は17時30分。制服代男子約52,000円、女子約60,000円。進学バッグ7,300円。携帯電話は保護者の申請による許可制(緊急時のみの使用が条件)。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。土曜日は年間12回登校(授業)。授業は保護者に公開される。緊急時には学校のHPや「さいたま市学校安心メール」を使用。

説明会

(2019年入試用説明会) 8月に1回行う予定。学校公開日を特定の曜日・期間に予定。


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




さいたま市立浦和中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 さいたま市立浦和中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

英語入試についてどうお考えですか?【保護者に質問】