• 東京都
  • 中野区
  • 女子
  • 中学
  • 高校
  • 短大
  • 大学

大妻中野中学校

おおつまなかの

03-3389-7211

※系列高校での募集はない。

このページは旺文社『2018年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2016年12月~2017年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

大妻中野中学校の学校情報

伝統を支えに国際教育・ICT教育の最先端へ!
校長名
宮澤 雅子
沿革
1941年設立。1971年、大妻女子大学の付属となり大妻女子大学中野女子高等学校に改称。1995年現校名に変更し、中学校開校。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 女:290 名  (8クラス〈35~39名〉)
2 年 女:251 名  (6クラス〈41~42名〉)
3 年 女:235 名  (6クラス〈38~40名〉)
所在地
〒164-0002 東京都中野区上高田2-3-7   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR中央線・地下鉄東西線中野駅から徒歩10分。西武新宿線新井薬師前駅から徒歩8分。
教育方針
建学の精神「学芸を修めて人類のために」を掲げ、海外帰国生を積極的に受け容れ。最新のICT教育環境を駆使し、多種多様なグローバル教育で国際社会を力強く歩む女性を育成する。

週当たりの5科授業時間数 (2016年度)

(中1)  英-6 数-4 国-5 理-4 社-4

(中2)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-6 国-5 理-4 社-4

英語は英会話、国語は書道を含む


カリキュラム 3学期制・50分授業・週34時間。2016年度より「コア」「アドバンスト」「グローバルリーダーズ」の3コース制。中学3年次から希望進路に沿った柔軟なコース選択が可能。文科省認定SGHアソシエイト校として国際教育に注力。多様な海外研修の充実に加え、学内で仏語も修得できる一方、日本文化に触れる機会も重視する。
クラブ活動 部活動加入率は90%を超える。全国大会常連の合唱部、世界大会2位の実績を持つダンス部を筆頭に、文化部・運動部とも中高合同で先輩後輩の絆を深めながら活発な活動を展開。大妻中野らしさの根幹をつくる一端である。
イベント 体育祭(6月、非公開)。文化祭(9月、公開)は中高合同。ほかに、オリエンテーション旅行(1年次、5月)、環境学習旅行(2年次、5月)・平和学習旅行(3年次、5月)、合唱コンクール(12月)、外国語発表会(2月)などがある。
施設設備 2013年完成の新校舎は全教室に電子黒板を配備。1人1台タブレット端末を使用する最新鋭かつ充実のICT教育環境。屋内体育施設3か所、実験可能な理科室5室など、光がたっぷりと入る明るい校内には、実践を重視した特別教室が多数配置されている。個別の面談スペースも豊富に配置。
海外研修 5ヵ国7校への体験学習・短期留学などバラエティ豊かに設定。グローバル問題を学ぶタイ・チェンマイ体験学習など語学以外の海外体験も可能。

保護者のための情報

●学期に1回保護者会、授業参観週間など。
●高校進学時の入学金は250,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約629万円。
●経済的理由による授業料減免制度がある。
●募集要項:2017年度用は9月5日から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話・HP等で申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 特待生制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
弁当持参

登校 8:20 下校 17:30

制服代は65,880円。指定品代は54,429円。学期に1回服装・髪型の指導。携帯電話は申請により許可。電源を切るかマナーモードにする。特待生は2・3・4回・新思考力入試・グローバル入試の各日上位合格者より所定の人数を選抜。1年次の授業料給付。カナダ体験学習(中学2年次、希望者)、オーストラリア短期留学(高校1・2年次、希望者)など実施。

説明会

(2018年入試用説明会) 6月から8回行う予定。学校見学は随時受付(要連絡)。


大妻中野中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
いずれもGLC(グローバル・リーダーズ・クラス)(・中学では「社会」でGlobal Geography and History という名称で英語資料を多く使用(中3はCivic) ・高校ではGIS(グローバル・イシュー・スタディ)を実施、また、GLC以外のクラスでは希望者の課外活動として、フロンティア・チームをつくり、様々な活動を実施)<2018/01/15掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
・中学では朝、始業前の自習体制「妻中義塾」を実施。放課後は、フォローアップ講座により、小テスト、課題等でつまづいた生徒の指導を実施。 ・また、卒業生の大学生が放課後、チューターとして生徒の学習活動を支援(チューターは平日2~3人、土曜日5~6人、英語指導専門のチューターも別に2~3名)。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
・生徒各自が防災頭巾、防災グッズ(緊急持ち出し用)を教室内に用意。 ・「緊急お知らせメール」のシステムがあり、生徒・保護者に連絡を発信できる。 ・大妻中野中高が地域防災の避難場所となっており、様々な設備を持っている。<2018/01/10掲載>

■入試情報
2018年度入試について
・これまでの3コース制(アドバンストコース・コアコース・グローバルリーダーズコース)から2コース制(アドバンストコース・グローバルリーダーズコース)に変更することから、2/1の入試はアドバンスト入試と変更。
・2/1AM(第1回アドバンスト入試)と2/3AM(第4回アドバンスト入試)は、4科(国・算・社・理)の受験科目でしたが2018年入試より2科(国・算)・4科選抜となります。
・新思考力入試は2/1AMに変更(2/4から移動)
・グローバル入試(2/1・2/3)においては、英検3級以上取得者は、英語試験を免除。
・第2回グローバル入試(2/3)においては、英検2級以上取得者は、筆記試験(英・国・算)を免除し、面接(保護者同伴)のみ実施とします。
・「算数」一科目入試を2/3PMに新設。
・出願について 全てweb出願となります。<2017/05/02掲載>

■コース・カリキュラム・講習
H28、4月より、中1・高1でGLC(グローバルリーダーズコース)を新設し、今年度、2年目をむかえている。このクラスは、入試では帰国生入試とグローバル入試の合格者から構成されており、英語力に秀でた生徒で、英語については習熟度別2展開で、一般生とは異なり、英語ではネイティブ4時間、日本人2時間で行います。また数学も、英文で記述された教科書(対訳の日本語版もあり)を用いて、実施している。この他、このクラスでは週一時間をフランス語にあてており、高校からは週2時間となる。<2017/05/02掲載>

大妻中野中学校の公式HPを見る

http://www.otsumanakano.ac.jp/


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




大妻中野中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】