• 東京都
  • 豊島区
  • 女子
  • 中学
  • 高校
  • 大学

川村中学校

かわむら

03-3984-8321

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

川村中学校の学校情報

毎朝、品位と礼節を誓う。「食育」を重視し給食を実施
校長名
寺本 明子
沿革
1924年、川村女学院創設。1929年、高等専修科開設。学制改革により川村中学校・高等学校となる。現在は幼稚園から大学院までの総合学園。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 女:59 名  (2クラス〈29~30名〉)
2 年 女:86 名  (3クラス〈28~29名〉)
3 年 女:70 名  (3クラス〈23~24名〉)
所在地
〒171-0031 東京都豊島区目白2-22-3   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR山手線目白駅から徒歩1分。地下鉄副都心線雑司が谷駅から徒歩7分。
教育方針
感謝の心を基盤として川村学園生としての誇りを胸に、21世紀を輝いて生きる女性を目指す。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-6 数-6 国-5 理-3 社-3

(中2)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-3

(中3)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-4

英語は英会話、国語は書道含む


カリキュラム 2期制、50分授業、週35時間。英語・数学・国語の時間数を増やして充実を図る。全学年で英語・数学は習熟度別少人数制の授業。補習や夏期講習など、指導はきめ細かい。総合的学習の時間では自分自身の「生きる力」を養うために、各学年テーマを設けて、校外学習を通じて段階的に学習を進めていく。英検対策講座を年間を通じて開講し、学年に応じて2級まで合格する力をつけていく。
クラブ活動 中高一緒に活動。学芸系は箏曲、茶道、華道、吹奏楽、漫画研究など17部。運動系はバスケットボール、モダンダンス、バトン、民族舞踊(フォークダンス)など13部。
イベント 11月の鶴友祭(学園祭)は、幼稚園から高校まで協力して実施(要予約)。鶴友祭で販売する生徒の手作り作品は、9月に全員で作業を行い(記念作業)、収益金は被災地やユニセフなどへ寄付するという伝統のもの。体育祭(9月)も中高合同。修学旅行は3年次10月下旬に東北へ(3泊4日)。ほかにクラブ合宿(8月)、テーブルマナー、マラソン大会(11月)、芸術鑑賞会(12月)、百人一首大会(1月)、合唱コンクール(2月)などがある。
施設設備 十分な耐震性と明るくあたたかな雰囲気で充実した施設を備えている。室内温水プール、作法室、体育館、大講堂、ラウンジなど、施設・設備が充実。校外施設に長野県蓼科山荘がある。
海外研修 夏休みに中1~高3の希望者を対象に英国語学研修を行う。

保護者のための情報

●年3回程度、保護者会・授業参観がある。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生と同額の300,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約611万円。
●募集要項:2018年度用は6月上旬から学校説明会・学校窓口などで配布(無料)。希望者には郵送した(送料100円)。電話・HPで申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
給食実施

登校 8:10 下校 17:30

4月~9月の下校時刻は17時45分。日課は朝読書、感謝の歌の斉唱、誓いの言葉の唱和。制服代72,252円。通学カバンなど67,860円。服装・髪型指導を随時行う。携帯電話は許可届出制。校内では電源を切る。土曜日は普通授業や学校行事など、月1回休み。入学後、給付または貸与の奨学金制度がある。2017年、中学1年生に占める内部進学生の割合約80%。 一般入試の枠内で帰国生を対象とした入試を行う場合、帰国生受け入れ制度を特に設けていないが該当者には状況に応じて配慮する。


川村中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■入試情報
・2/1(AM)一般入試 試験科目 国語・算数・英語・自己表現(新科目)の中から2科目
・一般入試と適性検査型入試導入<2018/10/02掲載>

■特待生制度
・特待生制度,奨学金制度(海外留学支援金)導入<2018/10/02掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
・随時、質問に対応している。職員室隣りに自習室としてミーティングルームがある。 ・英検対策講座を開講。本校が英検受験準会場となっており、英検合格のための学習サポートをしている。 ・各科目、補習を実施。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
・防災教育の推進(災害時に生徒が主体的に行動できるよう中高6年間を見通した系統的・体系的な指導を進めている。) ・避難訓練の充実、緊急事態における適切な行動と判断能力が身につけられるよう火災、地震、不審者対応等、状況に応じた訓練を年間8回程度行っている。 ・情報収集・伝達システムの確立(緊急事態発生時など、一斉メールの配信を行っています。 ・登下校時の安全確保(交通機関の混乱状況に応じて中高生が縦割り、方面別で通学班を構成し、集団で登下校を行っている。 ・レスキューポーチを携帯している。<2018/01/10掲載>


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




川村中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 川村中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】