• 東京都
  • 江東区
  • 男子
  • 中学
  • 高校
  • 大学

芝浦工業大学附属中学校

しばうらこうぎょうだいがくふぞく

03-3520-8501

お知らせ
2017年4月、「芝浦工業大学附属中学校」に名称変更

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

芝浦工業大学附属中学校の学校情報

国際化・情報化社会に対応する6年間一貫教育
校長名
大坪 隆明
沿革
1922年発足の東京鉄道中学校が母体。1954年、芝浦工業大学高等学校となり、1982年、中学校開校。2017年、現校名に改称、江東区豊洲に移転。
生徒数
1 年 男:165 名  (4クラス)
2 年 男:178 名  (5クラス)
3 年 男:158 名  (4クラス)
所在地
〒135-8139 東京都江東区豊洲6-2-7   Googleマップを表示する
最寄り駅
地下鉄有楽町線豊洲駅から徒歩7分。ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩1分。
教育方針
1.「敬愛の誠心、正義につく勇気、自律の精神」を校訓とする。
2. 6年間を2年ずつの3段階(前期・中期・後期)に分け、各段階にふさわしい学習指導・キャリア教育をプログラム。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-6 数-5 国-6 理-4 社-4

(中2)  英-6 数-6 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-5 数-7 国-5 理-4 社-4


カリキュラム 3学期制、50分授業、週34時間。1年次の英語はネイティブ教員とバイリンガル日本人教員により「使う」機会を多く設定。芝浦HR学習ノートで家庭学習の習慣化を支援。放課後の学習サポート、夏期講習や冬期集中講座も開講。芝浦工業大との連携教育も充実。
クラブ活動 中高一緒に活動している部が多い。運動部は12部、文化部は7部、同好会は3。弓道部、水泳部などが活躍。ほかに電子技術研究部など。
イベント 芝生祭(文化祭・9月)と体育祭(10月)はともに公開。ほかにオリエンテーション合宿(4月、1年次、1泊2日)、芋井農村合宿(2年次、長野、2泊3日)、蓼科登山合宿(1年次)、テーブルマナー(2年次)、スキー教室(希望者)などがある。
施設設備 2017年4月、豊洲に移転。ICT教育設備を導入した教室、コンピュータ室、イングリッシュスクエア、図書室、3つの理科実験室、2つの技術工作室、200席あるカフェテリアなどが完備。体育施設として、メインアリーナ、サブアリーナ、ゴルフ・野球練習場(屋上)、グラウンドなど。芝浦工業大の施設も利用可。
海外研修 3年次の9月、全員がアメリカ(ソルトレイクシティ、シアトル、セントジョージ)へ14日間の海外教育旅行。ホームステイ中心に語学研修。現地の中高生との文化交流を深める。

保護者のための情報

●学期に1回授業参観、年に2回保護者会がある。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生と同額の280,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約567万円。
●募集要項:2018年度用は9月末から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。HPで申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
弁当持参

登校 8:25 下校 18:30

新校舎への移転にあわせて、制服のデザインを一新。携帯電話は電源を切る。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。3年次の海外教育旅行の費用は約450,000円。弁当持参が原則だが食堂も利用でき、1・2年次はカフェテリアで年に5回一斉昼食(ランチデー)。入学時にタブレットPCを購入、授業や家庭学習で活用の予定。

説明会

(2018年入試用説明会) 5月から9回行った。学校見学は説明会時。体験入学は2回。


芝浦工業大学附属中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■その他
制服が変わります。新生・芝浦工業大学附属中学高等学校にふさわしいフレッシュなデザインになる予定です。<2016/11/15掲載>

■入試情報
試験科目から「社会」をなくし、2017年度入試より3科目入試<国語(60分・120点)、算数(60分・120点)、理科(50分・100点)>とします。
「社会」を減らした分、3科目の試験時間と配点(満点)を各20%程度増加させます。

本校では“理工系マインド・ものづくりマインド”を育むために言語教育・理工系教育・芝浦工業大学と連携したものづくり教育を柱として教育活動を展開しています。実際に7割を超える生徒が理工系分野に進学しています。そうした特色ある本校の教育内容に理解があり、かつ適性を備えた受験生を、限られた時間内でより適切に選考するためにはどのような入試であるべきか……従来の慣習にとらわれず検討を重ねた結果、3教科入試を実施することにしました。社会の時間と配点を他の科目に振り分けることで、これからの時代に必要な知識・計算力・思考力・表現力等を測ることができます。じっくりと問題に取り組ませることで、受験生の能力と学習成果をより的確に判定することができます。
<2016/09/09掲載>

■その他
2017年度4月に校名変更。現校名:芝浦工業大学中学校⇒芝浦工業大学附属中学校<2016/05/18掲載>

芝浦工業大学附属中学校の公式HPを見る

 


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




芝浦工業大学附属中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 芝浦工業大学附属中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】