• 東京都
  • 杉並区
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 短大
  • 大学

日本大学第二中学校

にほんだいがくだいに

03-3391-5739

このページは旺文社『2020年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2018年12月~2019年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

日本大学第二中学校の学校情報

知育・徳育・体育・食育の4本柱で健やかな成長を見守る
校長名
深沢 詠治
沿革
1927年、旧制の日本大学第二中学校として開校。1996年、共学校となる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:124 名  女:115 名  (6クラス〈39~40名〉)
2 年 男:125 名  女:121 名  (6クラス〈41名〉)
3 年 男:120 名  女:116 名  (6クラス〈39~40名〉)
所在地
〒167-0032 東京都杉並区天沼 1-45-33   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR中央線・地下鉄東西線・丸ノ内線荻窪駅から徒歩15分。西武新宿線鷺ノ宮駅・西武池袋線中村橋駅からバス。
教育方針
「信頼敬愛」「自主協同」「熱誠努力」が校訓。心身ともに健やかに成長できるように5つの教育目標がある。1.能力と個性の伸長。2.相互の信頼と敬愛を深める。3.自主性を高め、協力する精神を養う。4.自己の使命を自覚し、努力する。5.規律と責任を重視、勤労をたっとぶ。

週当たりの5科授業時間数 (2019年度)

(中1)  英-6 数-5 国-4 理-4 社-4

(中2)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-4

英語は各学年で英会話1含む


カリキュラム 3学期制、50分授業、週33時間。主要教科に多くの時間を配当し、徹底した繰り返し指導で基礎学力の充実を図っている。英語は週6時間。そのうちの1時間を全学年で、外国人講師と日本人教師による少人数の英会話を実施している。
クラブ活動 中高合わせて41の部(文化部19・運動部22)があり、活動内容も目標も多彩。元気で溌溂とした人にも、おとなしくて控えめな人にも居場所のある学校である。運動部は、軟式野球、硬式野球、陸上競技、水泳、スキー、チアダンスなどが活躍。文化部は、演劇、フォークソング、吹奏楽、華道等が各種コンクールで上位入賞している。
イベント 中1宿泊行事は河口湖でオリエンテーリングやクラスワークを行い、中2林間学校は信州高原で山登りや草花観察を実施。広島・京都方面への中3修学旅行は平和学習および班別自主研修を行う。体育大会や文化祭はおおいに盛り上がり、一般来場者にも公開されている。他にも、日本大学理系学部見学会や、弁論大会、スキー教室など様々な体験型学習が用意されている。
施設設備 緑豊かで広大な敷地内には、42本の銀杏並木や南向きの校舎群、芸術校舎、理科校舎、武道館やプールに加え、人工芝グラウンドやテニスコートなどがゆったりと配置されている。

保護者のための情報

●保護者会は1学期2回、2・3学期は原則1回。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生と同額の250,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約493万円。
●募集要項:2019年度用は9月上旬から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話・封書等で申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
弁当持参

登校 8:35 下校 18:30

12月~2月の下校時刻は18時。制服代男子64,900円、女子68,590円。指定品代男子36,188円、女子37,549円。携帯電話は保護者の申請書提出による許可制、校内では電源を切る。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。授業料減免制度や同窓会奨学金制度がある。中学3年次から高校2年次までの希望者が、3月にアメリカ・イギリスで海外研修。


日本大学第二中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
中学カリキュラムでは、先取り学習は行わず、基礎・基本の徹底を第1に掲げている。主要教科では、随時ノートチェックや小テストを実施するとともに、演習の時間を設け、教わったことが身に付いているか確認していく。遅れの目立つ生徒さんには、毎学期末に学習点検期間を設け、自立学習を促す学習支援をしている。<2019/03/04掲載>

■災害・地震対策
年度毎に2回、全校防災訓練(避難訓練及び防災講話)を実施。加えて、教職員は年度毎に1回のAED講習及び食物アレルギー対応の講演を受講。また、全生徒は株式会社NTTデータが提供する子ども安全連絡網に加入しており、緊急時の学校⇔ご家庭との連絡を可能にしている。受験日の不測の事態に対してはテレトップの提供するテレドームシステムで学校⇔受験生・受験生保護者との連絡を可能にしている。<2019/03/01掲載>

■入試情報
平成29年度入試より面接を廃止。<2016/05/10掲載>

■校風、施設・設備など
旧図書館棟解体工事、プロムナード整備工事。平成28年7月まで工事中。<2016/05/10掲載>

日本大学第二中学校の公式HPを見る

https://www.nichidai2.ac.jp/


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




日本大学第二中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】