• 東京都
  • 杉並区
  • 女子
  • 中学
  • 高校
  • 大学

立教女学院中学校

りっきょうじょがくいん

03-3334-5103

※系列高校での募集はない。

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

立教女学院中学校の学校情報

知的で品格のある凛とした女性を育てる中高一貫教育
校長名
田部井 善郎
沿革
1877年、立教女学校創立。1908年、立教高等女学校と改称。戦後の学制改革により立教女学院中学・高等学校となる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 女:198 名  (5クラス〈39~40名〉)
2 年 女:195 名  (5クラス〈38~40名〉)
3 年 女:197 名  (5クラス〈39~40名〉)
所在地
〒168-8616 東京都杉並区久我山4-29-60   Googleマップを表示する
最寄り駅
京王井の頭線三鷹台駅から徒歩1分。JR中央線・総武線西荻窪駅からバス「立教女学院行き」下車すぐ。
教育方針
(教育目標)1. 他者に奉仕できる人間になる。
2. 知的で品格のある人間になる。
3. 自由と規律を重んじる人間になる。
4. 世の中に流されない凛とした人間になる。
5. 平和をつくり出し、発信する人間になる。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-5 数-4 国-5 理-3 社-3

(中2)  英-6 数-4 国-4 理-4 社-4

(中3)  英-5 数-4 国-4 理-4 社-3

英語は英会話、1年次の国語は書道含む


カリキュラム 2期制、50分授業、週31時間。英語に力を入れており、授業は学級を2分割・2段階の習熟度別クラス編成。自分でテーマを決めて、徹底的に調べ、言語化して発表する「ARE学習」(総合学習)が各学年週1.1~2.2時間。自学自習能力と将来の生きる基礎になる学力を養う。
クラブ活動 中学は運動部9部、文化部10部。ダンス部は、東京都中学校ダンスコンクールで五連覇中。中高の音楽奉仕活動として、聖歌隊、ハンドベルクワイヤー、有志のボランティアグループもある。
イベント 体育祭は9月、生徒が運営する文化祭(マーガレット祭)は10月に中高合同で実施(文化祭のみ公開)。教養キャンプ(1・2年次)、夏休みのボランティアキャンプ、スキー学校、英語スピーチコンテスト、英語レシテーション(暗唱)コンテスト、合唱交歓会、ニューイヤーコンサートなどがある。3年次の修学旅行は、5月に長崎方面で平和学習を行う。
施設設備 約50,000㎡の緑豊かなキャンパスに総合体育館2014、屋内プールをはじめ講堂、礼拝堂、図書館、AV教室、家庭科室、理科室、コンピュータ室など充実。
特色ある教育や授業 中高とも毎朝の礼拝、イースター・昇天日・クリスマス礼拝を行う。週5日制だが、年10回程度、土曜日の午前中に、広く世界に目を向けるための講演会をはじめとする「土曜集会」を行う。「聖書」の授業(道徳)が各学年週1時間。

保護者のための情報

●年6回、保護者会がある。年1回、保護者面談。
●高校進学時の入学金は250,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約535万円。
●立教女学院育英資金(貸与)がある。
●募集要項:2018年度用は9月4日から学校説明会・学校窓口で配布したほか希望者には郵送した(送料380円。請求は封書で)。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
食堂利用可

登校 8:00 下校 17:45

11月~3月の下校時刻は17時15分。転入生は欠員があれば受け入れる。創立以来、制服を定めていない。体育着などは指定。土曜日は年10回登校(土曜集会)。3年次は希望者を対象にフィリピン・ニュージーランドの姉妹校への短期留学、高校1・2ではニュージーランド姉妹校への長期留学を実施。2017年、中学1年生に占める内部進学生の割合約35%。


立教女学院中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
・アメリカ2校・ニュージーランド・フィリピンの姉妹校4校と短期・長期の交換留学を実施。 ・中1、中2を対象としたサマーイングリッシュプログラムを実施。 ・中3~高2を対象にバークレー・スタンフォードなどから学生を招いてエンパワーメントプログラムを実施。 ・高1・高2を対象にカリフォルニア大学デービス校で最先端の研究に触れるコースプログラムを実施。 ・高3を対象にフロリダのエッカードカレッジで、ギャップイヤー留学を実施。 ・ユネスコスクールとしてスタディーツアーに参加する他、全日本高校模擬国連大会にも出場。<2018/01/15掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
平常授業時は昼休みや放課後に、小テストの結果や提出物の提出状況に応じて、生徒に声をかけ個別に指導している。質問には随時応じている。長期休暇中には該当生徒にプリントを配布し、補習授業を実施している。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
・非常食や簡易トイレ等を3日分備蓄(全員分) ・定期的な避難・防災訓練の実施、生徒への各種体験訓練等 ・緊急地震速報受信機設置、非常用の通信装置あり <2018/01/10掲載>


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




立教女学院中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 立教女学院中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】