• 神奈川県
  • 横浜市
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 大学

神奈川大学附属中学校

かながわだいがくふぞく

045-934-6211

※系列高校での募集はない。

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

神奈川大学附属中学校の学校情報

「建学の精神」にもとづく有能な人材を育成
校長名
鈴木 義嗣
沿革
1984年、神奈川大学附属中・高校が開校。1988年に、男女共学になる。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:119 名  女:96 名  (6クラス〈35~36名〉)
2 年 男:117 名  女:112 名  (6クラス〈38~39名〉)
3 年 男:118 名  女:103 名  (6クラス〈37名〉)
所在地
〒226-0014 神奈川県横浜市緑区台村町800   Googleマップを表示する
最寄り駅
JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅南口から徒歩15分。相模鉄道線鶴ヶ峰駅から相鉄バス西ひかりが丘行き終点下車、徒歩3分。
教育方針
1. 建学の精神「質実剛健」「積極進取」「中正堅実」にのっとり、有能な人材を育成する。
2. 生涯教育、男女共修、個別化・個性化、情報化社会・国際化への対応、“生き方探し”の進路指導を教育目標にしている。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-6 数-5 国-4 理-4 社-4

(中2)  英-6 数-5 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-7 数-6 国-5 理-4 社-4

英語は英会話、国語は書道含む


カリキュラム 2期制、50分授業、週34時間。効果的な先取り教育を実施する3ブロック制。1・2年次では、毎週金曜日に英語と数学の確認テストを行い、土曜日の午後に指名補習を実施。3年次は大学進学への基礎を完成させる。0時限講習、7時限講習(5科、希望選択制)も行う。
クラブ活動 運動部10部、学芸部8部。中学では、庭球(テニス)、卓球、水泳、演劇などが活発。高校では、2017年、剣道、なぎなた部が関東大会に出場。技術工作部(鉄道模型コンテスト)と音楽部(合奏コンクール)が全国大会に出場した。
イベント 体育大会(9月)、くすのき祭(文化祭9月)は中高合同で実施。東北ファームステイ(2年次、希望者)、校外学習(2年次北海道スキー教室、3年次奈良・京都)で、交流を深め、生きた教養を身につける。ほかに地域調査(1・2年次)、防災教室(1年次)、救命救急講習(3年次、希望者)、福祉体験学習・文楽鑑賞教室(2年次)、歌舞伎鑑賞教室(3年次)など。
施設設備 広大なキャンパスは豊かな緑に囲まれ、校舎を取り巻く自然観察林は授業にも利用されている。大講義室、図書室、和室、コンピュータ教室1・2、剣道場、第1~3体育館、プール、トレーニングルーム、夜間照明付きテニスコート、野球場、広大な陸上グラウンドなど、施設・設備も充実している。

保護者のための情報

●年4回保護者会、授業参観、個人面談がある。
●高校進学時の入学金は不要。
●系列高校卒業時までの総費用は約565万円。
●特待生制度は学業優秀者対象(給付)。
●携帯(スマホ)安全教室を実施している。
●募集要項:2018年度用は9月30日から学校説明会・学校窓口で配布、また希望者には郵送などで配布した(無料)。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
食堂利用可

登校 8:20 下校 17:30

制服代は男子57,610円、女子は59,477円。靴、カバン、コート類は自由。携帯電話は電源を切る。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。経済的理由により学業の継続が困難な者に対する奨学金制度(給付)もある。高校の海外研修は1年次の希望者がベトナム・カンボジア、ハワイ島、イギリス・イタリアから選択。昼食時にパン、弁当を販売。自転車安全教室を実施。 一般入試の枠内で帰国生を対象とした入試を行う場合、帰国生受け入れ制度を特に設けていないが該当者には状況に応じて配慮する。


神奈川大学附属中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
中学1・2年を対象に、毎週金曜日の1限にWET(Weekend Tests)を実施しています。これは英語と数学について、その週に学んだ基礎的内容が理解できているかどうかを確認する目的で実施しています。テストはその日のうちに採点され、その結果が不十分であると判断された場合、土曜日の午後に指名による「勉強会」(補習)を行います。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
災害時、生徒が3日間生活できるだけの物資(毛布・飲料水・非常食・医薬品)を特設倉庫に備蓄しています。また50mプールの水を飲料水に変える浄水装置も備えています。中学1年では防災教室を実施し、災害時の生活を体験します。<2018/01/10掲載>

■入試情報
全日程インターネット出願になります。<2017/09/26掲載>

神奈川大学附属中学校の公式HPを見る

http://www.fhs.kanagawa-u.ac.jp/


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




神奈川大学附属中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 神奈川大学附属中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】