• 神奈川県
  • 大和市
  • 女子
  • 中学
  • 高校
  • 短大

聖セシリア女子中学校

せいセシリアじょし

046-274-7405

※系列高校での募集はない。

このページは旺文社『2018年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2016年12月~2017年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

聖セシリア女子中学校の学校情報

少人数制を活かして「心」と「学力」をバランスよく育む
校長名
青柳 勝
沿革
1929年、大和学園女学校として設立。1947年、大和学園中学校、翌年同高校が発足。1980年、聖セシリア女子中学校、聖セシリア女子高等学校と改称。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 女:111 名  (4クラス〈27~28名〉)
2 年 女:114 名  (4クラス〈28~29名〉)
3 年 女:129 名  (4クラス〈32~33名〉)
所在地
〒242-0006 神奈川県大和市南林間3-10-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
小田急江ノ島線南林間駅から徒歩5分。東急田園都市線中央林間駅から徒歩10分。
教育方針
カトリック精神に基づく「心と力の調和ある教育」から生徒の資質と能力を伸ばし、その能力を自分や人のために喜んで活かしていくことのできる「社会に貢献する女性の育成」を目指す。

週当たりの5科授業時間数 (2016年度)

(中1)  英-6 数-4 国-4 理-3 社-3.6

(中2)  英-7 数-4 国-4 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-4 国-5 理-4 社-4

英語は英会話、国語は書道含む


カリキュラム 2期制、50分授業、週32時間。週5日間のうち2日間は7校時まで授業を行う。少人数制教育できめ細かな個別指導が特徴。英語を重視し、英検、TOEIC対策にも力を入れ、放課後に「英語ゼミ」を設置。5教科でオリジナル教材を使用している。キャリア教育に力を入れ、キャリアプログラムを通して、正しい進路設計をサポート。
クラブ活動 クラブ活動は必修制。原則として中高が一緒に活動する(週4日以内)。水泳、演劇、ギター・マンドリン、コーラス、美術、吹奏楽、硬式テニス、バレーボールなどが活躍。(公財)井上バレエ団のダンサーによる本格的なバレエ(放課後に希望制)があるのが特徴。
イベント 5月の青葉祭は、全学園の生徒・保護者・先生に卒業生も加わり、バザーやアトラクションが大好評。体育祭(10月)と聖セシリア祭(10月)は隔年実施。3年次の9月に京都・奈良へ研修旅行(3泊4日)。ほかに国内語学研修(2年次、ブリティッシュヒルズ)、林間学校(1年次、清里高原)、芸術鑑賞、クリスマス会、合唱会、スキー教室、企業見学(3年次)など。「赤い羽根共同募金」、「施設訪問」などの福祉活動も活発。
施設設備 テレサ館には、テレサホール、カフェテリア、学習センター(図書室、自習室、AV・PCコーナー)、和室などがある。ほかに総合グラウンド、アリーナなど。
海外研修 中3~高2の8月に、カナダで語学研修(18日間・希望者)。

保護者のための情報

●年5回保護者会、授業参観、保護者面談など。
●中高一貫生の高校入学金は120,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約471万円。
●学年末成績上位者対象の特待生制度がある。
●募集要項:2017年度用は7月下旬から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。電話・HP等で申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 特待生制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
弁当持参

登校 8:30 下校 17:30

朝礼・終礼・お祈り・聖歌・聖書朗読などが日課。制服代(正装服、標準服、夏服)は約150,000円。通学用バッグ・補助バッグなどの指定品代55,000円。入試成績優秀者は入学金免除。特待生の人数枠は数名(120,000円、1年間給付)。土曜日は原則休みだが、土曜講座、講習、補習、行事、定期テストを実施。2016年、中学1年生に占める内部進学生の割合約26%。


聖セシリア女子中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
イングリッシュ・キャンプ(国内)、海外語学研修(カナダ、ビクトリア)、国内語学留学、イングリッシュエクスプレス<2018/01/15掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
習熟度別授業を中3数学、高校国語・英語・数学で実施しています。また、5科(国語・英語・数学・社会・理科)の補習を実施しています。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
大規模な自然災害があった場合に備え、非常用飲料水、非常食、その他の防災用品(工具、毛布など)を常時保管しています。<2018/01/10掲載>

■学校生活
カトリック聖心に基づき、神を識り、人を愛し、奉仕する心をもって広く社会に貢献する女性の育成を目指します。
「心と学力をバランス良く育む」ことを教育方針とし、先生と生徒、生徒同士の仲が良く、その家庭的な温かな校風と、誠実で優しくて明るい生徒が多いことには定評があります。

<満足度が高い>
高校3年生の卒業式の日に取っているアンケートでは、「聖セシリアに入学して良かった」が毎年ほぼ100%と、6年間の学校生活に高い満足感を得ていたことがうかがえました。

<生活環境が良い>
高校3年生の卒業式で、高校3年間、皆勤賞・精勤賞の生徒が毎年卒業生の約50%、多いのでは卒業生128名のうち87名の年も。その通いやすさは、生活環境と人間環境の良さの裏付けとも言えます。

<きめ細やかな学習指導>
1クラス約30名、1学年3~4クラスの少人数制を活かし、「きめ細やかに、一人一人への対応をしっかりしていく」ことが学校の方針です。授業以外にも多くの学習プログラムを設け、塾に通わなくとも希望進路を実現できるよう、学習環境を整えています。

<英語でミュージカル>
英語は重点科目として時間数を多く取り、国内語学留学や海外語学研修の場(カナダ)もあります。また中学2年生では英語でミュージカルの発表を目指す授業があり、表現力と英語力を伸ばしています。

<キャリアプランが充実>
進路学習として中1から6年間で約80時間の「キャリアプラン」があります。そこでは「人には与えられた使命があり、自分の適性を周りの人のために活かす生き方」などを学びます。

<本格的なバレエ教室>
音楽や美術、書道に至るまで芸術教育が活発に行われています。また学内には希望者対象の本格的なバレエ教室があり、日本有数のバレエ団のプリンシパルなど、一流の講師が指導にあたっています。バレエ部としても、また他の部と兼部してもレッスンを受けられます。<2017/09/26掲載>

■特待生制度
各回入試において、成績が優秀な受験生を特待生合格とし、入学金(25万円)を免除します。
なお、入学後も継続して成績上位の者は、年度末に審査を行い、次年度、特待生として奨学金(12万円)を贈与します。<2017/03/28掲載>

聖セシリア女子中学校の公式HPを見る

http://www.cecilia.ac.jp/


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




聖セシリア女子中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 聖セシリア女子中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

お子様の第一志望校の過去問を、保護者の方も解いてみましたか?【保護者に質問】