• 神奈川県
  • 横浜市
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 大学

中央大学附属横浜中学校

ちゅうおうだいがくふぞくよこはま

045-592-0801

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

中央大学附属横浜中学校の学校情報

中央大学の附属校。独自の教育スタイルとプログラム
校長名
袴田 兆彦
沿革
1908年、横浜女子商業補習学校(夜間)として発足。1948年、新制の中学校に改組。2010年、中央大学の附属校。2012年、共学。2013年、校名変更。現在地に移転。2014年、高校が共学。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:78 名  女:135 名  (5クラス〈41~43名〉)
2 年 男:77 名  女:86 名  (4クラス〈40~41名〉)
3 年 男:84 名  女:140 名  (6クラス〈37~38名〉)
所在地
〒224-8515 神奈川県横浜市都筑区牛久保東1-14-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
横浜市営地下鉄「センター北駅」から徒歩7分。
教育方針
1. 謙虚に学ぶ姿勢を持った人間を育てる。
2. 人生を肯定的に生き抜くこころを育てる。
3. 知性と行動力を兼ね備えたリーダーを育てる。
4. 努力と挑戦を続ける人間を育てる。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-5 数-6 国-6 理-4 社-4

(中2)  英-6 数-6 国-6 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-6 国-6 理-5 社-4

3年次の英語は英会話、1年次の国語は書道含む


カリキュラム 3学期制、50分授業、週34時間。中学校課程は3年次の夏までに終了するようカリキュラムを設定。独自の教育スタイルとプログラムを組み立てている。外国人教師による少人数制の英語の授業、数学の先取り授業、国語の古典の授業など、英数国の基礎学力を徹底。理数教育にも力を入れている。
クラブ活動 運動部16部、文化部17部。フットサル、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、ソフトボール、陸上競技、サッカー、野球、バトン、演劇、華道、美術、吹奏楽、軽音楽、料理など。
イベント 学園祭は9月に中高合同で実施(招待制)。夏休みには夏期講座、部活動合宿、林間学校(1・2年次)を行う。ほかに体育祭(9月)、オリエンテーション合宿(1年次、4月)、校外研修(2・3年次、4月)、研修旅行(3年次、11月、京都・奈良)、スキー教室(1月)など。
施設設備 港北ニュータウンの校舎のテーマは、「人と人」、「人と環境」をつなぐ学び舎。積極的な緑化で緑豊かな周辺環境との調和を図り、安全・安心面に配慮した設計。地上3階、地下2階の新校舎には、図書室、音楽室、美術室などの特別教室、総合学習コーナー、体育館、ランチルーム、トレーニングルーム、テニスコート、中庭、売店などを設置。防災対策も万全。学校独自の災害時対応マニュアルがあり、緊急時、保護者へメール等を一斉配信する。

保護者のための情報

●年3回保護者会、年1回授業参観がある。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生と同額の290,000円。
●系列高校卒業時までの総費用は約690万円。
●募集要項:2018年度用は9月9日から学校説明会・学校窓口で配布(無料)。希望者には郵送した(送料140円)。電話・HPで申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 特待生制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
食堂利用可

登校 8:30 下校 18:30

小テスト、朝読書を実施。制服代男子約90,000円、女子約100,000円。指定品代約30,000円。服装・髪型の指導を適宜行う。携帯電話は保護者による申請書などの提出により、許可されれば学校に持ってきてもよい。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。週6日制で、土曜日は授業を行う。2年次の3月にニュージーランドへ短期研修(希望者、10日間)。


中央大学附属横浜中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
・小テスト等の不合格者への再試験 ・中間、期末考査前の指名者補習 ・夏期、冬期、春期講座での補習<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
・生徒に避難用持出袋を常備させている。 ・災害時の水や食糧を、数日分備蓄している。 ・年に数回、防災訓練を実施している。<2018/01/10掲載>


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




中央大学附属横浜中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 中央大学附属横浜中学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】