• 神奈川県
  • 横浜市
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 大学

桐蔭学園中等教育学校

とういんがくえん

045-971-1411(代)

お知らせ
編集部ブログにて、「桐蔭学園訪問」を掲載中!

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

桐蔭学園中等教育学校の学校情報

変化の激しい社会の中で力強く羽ばたく鳳凰を育成
校長名
岡田 直哉
沿革
1966年、桐蔭学園中学校設立。1981年、中学校女子部設立。2001年、中等教育学校設立。2019年4月より、中学校、中等教育学校を中等教育学校に一本化し男女共学化予定。
生徒数
1 年 男:156 名  (4クラス)
2 年 男:135 名  (4クラス)
3 年 男:156 名  (4クラス)
所在地
〒225-8502 神奈川県横浜市青葉区鉄町1614   Googleマップを表示する
最寄り駅
小田急線柿生駅・新百合ヶ丘駅、東急田園都市線市が尾駅・青葉台駅・あざみ野駅、市営地下鉄ブルーラインあざみ野駅からバス。
教育方針
1.「学力・知性」「行動力・社会性」「創造力・感性」の3つの柱を軸に、日々の指導を展開。
2. 生徒一人ひとりの可能性を拓き、自ら考え判断し行動できる子どもたちを育成する。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-6 数-6 国-5 理-5 社-4

(中2)  英-6 数-6 国-5 理-5 社-4

(中3)  英-6 数-6 国-5 理-5 社-4

英語は英会話、国語は書道含む


カリキュラム 3期制、50分授業、週34時間。講義形式で知識を学ぶだけでなく、生徒が主体的に学んだことを活用し、互いに学び合うアクティブラーニング型授業を展開中。探究・キャリア教育にも力を入れ、考査ごとに入れ替わる到達度方式による習熟度別授業(レッスン制)を実施している。グローバル数理教育も充実。
クラブ活動 運動部は、卓球、剣道、柔道、陸上競技、バスケットボール、少林寺拳法、スキー、弓道、ダンスなど男子19部、女子17部。文化部は、華道、茶道、鉄道研究、グリークラブ、吹奏楽など。硬式テニス、陸上競技、水泳などが全国大会に出場。
イベント 学園祭(9月下旬)が、ともに中高同日に開催(公開)。ほかに運動会(5・6月)、ウインターキャンプ(1年次)、海外語学研修(3年次)、修学旅行(5年次)、生徒・父母・教職員合同演奏による第九の会(11月、希望者)、フロンティアセミナー for juniorsなどがある。※2019年度より中学校の募集を行わず、中等教育学校(共学)に一本化する予定に伴い、行事は未定。
施設設備 横浜北部にある広大な敷地内には、桐蔭学園シンフォニーホール、図書室、食堂などの設備が整う。体育施設は、体育館、全天候型陸上グラウンド、温水プールなど。

保護者のための情報

●年2回保護者会、授業参観などがある。
●カウンセラーは保護者の相談にも応じる。
●募集要項:2019年度用は学校案内も要項と一緒に7月1日から学校説明会・学校窓口で配布。希望者には郵送も可能(送料とも無料。海外は送料のみ実費)。電話・HP等で申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
寮がある 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
食堂利用可

登校 8:20 下校 18:30

11月~3月の下校時刻は18時。寮は遠距離通学など。制服代は男子約60,000円、女子約65,000円。指定品代は男子21,670円、女子21,200円。携帯電話は届出制。2年次にニュージーランド短期留学(希望者、約3週間)など。3年次は全員でクラーク(フィリピン)での海外語学研修へ。

説明会

(2019年入試用説明会) 6月以降に5回行う予定。学校見学は随時可。オープンスクールを5月に実施予定。


桐蔭学園中等教育学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■コース・カリキュラム・講習
【国際理解教育やグローバル教育に関する取組】
学園内に英語村を設置している<2018/01/15掲載>

■コース・カリキュラム・講習
【学習フォロー体制】
定期テスト後、60点に到達していない生徒は、教科ごとに補習授業、リポート、課題、再テスト等を行い、テスト範囲の習得をさせ、次のレッスンに向ける。<2018/01/11掲載>

■災害・地震対策
校舎はすべて耐震化。非常備蓄有り、保護者向け非常時連絡網配信有り。なお、本学園全体が横浜市広域避難場所に指定されている。<2018/01/10掲載>

■入試情報
※中等教育学校は2019年度より男女共学化されます。中学校の募集は行いません。

2017年度より2月4日「AL入試」が新設されます。
(1)「総合思考力問題」は、思考力・判断力・表現力等を評価するテストです。まず受験生には、映像による講義などを受講してもらいます。その後にそれらの内容に関わる問題を解いてもらいます。
(2)「算数基礎」は、小学校の教科書レベルの問題を出題します。また、思考力をみる問題も出題します。
(3)「面接」は集団面接(5名程度)形式での個別プレゼンテーションです。受験生1人につき5分程度で、自己紹介や、(1)の講義内容に関わる発表などをしてもらいます。<2016/11/04掲載>

■入試情報
※中等教育学校は2019年度より男女共学化されます。中学校の募集は行いません。

平成29年度入試よりAL入試(アクティブラーニング入試)を新設します。(実施予定日2月4日)
【概要】
・これまでの一般4次入試を廃止し、2月4日の入試はAL入試として新たに実施します。
・2020年度以降の大学入試改革と、桐蔭学園で全校的に展開をはじめたアクティブラーニング型授業への対応を踏まえた、思考力・判断力・表現力等を評価する新型入試です。<2016/09/28掲載>


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




桐蔭学園中等教育学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

 桐蔭学園中等教育学校を見る人はこんな学校にも関心があります
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】