• 神奈川県
  • 横浜市
  • 共学
  • 中学
  • 高校
  • 短大
  • 大学

日本大学中学校

にほんだいがく

045-560-2600(代)

このページは旺文社『2019年度入試用中学受験案内』から掲載しています。
同書の文言及び掲載基準でパスナビに掲載しています。2017年12月~2018年2月時点情報ですので、最新情報は各学校のホームページ等でご確認ください。

日本大学中学校の学校情報

最先端ICTと様々な体験を通じグローバル人材を育成
校長名
田村 隆
沿革
1930年、日本大学第四中学校・日本大学第四商業学校として、創設された。1948年、新制の日本大学高等学校として発足、日本大学中学校を設置。2004年、中高とも共学。
生徒数
< >は1クラスの生徒数
1 年 男:124 名  女:76 名  (5クラス〈40名〉)
2 年 男:121 名  女:79 名  (5クラス〈40名〉)
3 年 男:133 名  女:110 名  (6クラス〈40~41名〉)
所在地
〒223-8566 神奈川県横浜市港北区箕輪町2-9-1   Googleマップを表示する
最寄り駅
東急東横線・目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅から徒歩約12分。日吉駅前からスクールバス運行。
教育方針
1.「情熱と真心」を校訓に、「自覚と責任」を教育目標に掲げ、生徒の個性と可能性を引き出す。
2.「学力の向上」「基本的な生活習慣の確立」「クラブ活動・学校行事の充実」「希望進路の実現」の4つを柱にした教育を行う。

週当たりの5科授業時間数 (2017年度)

(中1)  英-7 数-5 国-5 理-4 社-4

(中2)  英-7 数-5 国-5 理-4 社-4

(中3)  英-6 数-6 国-6 理-4 社-4


カリキュラム 3学期制、50分授業、週34時間。グローバルリーダーズコースとN.スタンダードコースとの2コース制。英会話は1クラスを3つに分け、3人のネイティブスピーカーによる授業。3年次の数学は習熟度別授業を行う。ICT教育を導入。生徒にタブレット端末を貸与、電子黒板も設置。
クラブ活動 運動部22部、学芸部17部。中学のチアリーディング、水泳、射撃、体操、陸上競技などが全国大会や各大会で活躍。ほかに、ラクロス、ゴルフ、吹奏楽、軽音楽、書道、演劇などがある。
イベント 修学旅行は、2年次にG.Lコースはシンガポール海外研修、N.Sコースは京都・奈良国内研修を実施。さらに3年次には、G.Lコースはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのいずれかを選択する語学研修、N.Sコースは台湾海外研修を実施。ほかに、体育祭(5月)、桜苑祭(文化祭、9月)、音楽コンクール、芸術鑑賞教室、英語スピーチコンテスト(2年次)、カルタ大会、マラソン大会、スキー教室(希望者)など。
施設設備 ホールや分割教室があるさくらホール、最新教育機器を整えた100-50記念館(中学棟)、図書館、視聴覚教室などのある本館、柔道場、剣道場、温水プール、アリーナなどがある総合体育館、クラブハウス(部室棟)、第1・第2グラウンド、テニスコートなど。施設やセキュリティシステムが充実している。

保護者のための情報

●学期に1回保護者会、年1回授業参観・三者面談がある。
●中高一貫生の高校入学金は高校入学生と同額の230,000円。系列高校卒業時までの総費用はG.L約655万円、N.S約580万円。
●募集要項:2018年度用は9月16日から学校説明会で配布。希望者には郵送した(送料とも無料)。HPから申し込む。

スクール情報早見表

帰国生特別枠 転入生受け入れ
スクールバス 奨学金制度
制服着用 持ち物指定
カウンセラーがいる 携帯電話の持込
土曜登校 海外研修 語学研修
食堂利用可

登校 8:10 下校 18:00

制服・通学カバンなどは男子91,242円、女子101,326円。携帯電話は電源を切る。カウンセラーは保護者の相談にも応じる。スクールバス(日吉~本校間)は7時10分から19時まで運行(年額22,000円)。成績・人物がすぐれ、または学芸・体育活動にすぐれた生徒を選考のうえ、給付する奨学生制度がある。パン・軽食等も販売。道徳授業では華道、書道も行う。

説明会

(2019年入試用説明会) 3回予定。学校見学はHPで申し込む。6月にオープンスクール。


日本大学中学校からのお知らせ

学校ニュース・お知らせ」では、教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケートにご回答いただいた内容と、旺文社独自調査を基に、入試方法やカリキュラムの変更・新設情報などを掲載しています。

■学校生活
歯科薬獣医系を含む16学部92学科を有する日本大学だけでなく,国公立大学,難関私立大学,海外の大学への進学など,本人の適性を最大限に伸ばすことができる進路を選択するためのバックアップがあります。
タブレットPCでのwebテストや映像授業,5万題以上の問題並びに教材動画を授業や課題で活用・視聴可能です。
チューターが常駐して学習のサポートをしてくれるスタディールームは,中学から利用可能です。高校から受講可能なNゼミ(学内予備校)は予備校の最前線で教えている現役講師から,受験に直結する内容の講義を受けることができます。どちらも塾や予備校に通う時間を有効活用できるので,部活動と両立も無理なく行うことができます。
朝や放課後に行われる特別補習,長期休暇に行われる100を超える講座や有する講習(平成28年度実績)は,定期考査はもちろん,日本大学基礎学力到達度テストやセンター試験・難関次第受験の対策を行うことができ,夢の実現に向けて学力を向上させていく環境が整っています。<2018/03/27掲載>

■コース・カリキュラム・講習
特別進学クラス・総合進学クラス・スーパーグローバルクラスに分かれ,日本大学だけでなく,国公立大学及び難関私立大・海外の大学受験に対応できるようカリキュラムを組み,どのクラスでもアクティブラーニング中心に,プレゼンテーション等の自己表現する機会を多く取り入れた授業を行っています。高校2年次より文系・理系別のクラス編成を実施しています。<2018/03/27掲載>

■学校生活
生徒それぞれの進路目標に合わせ,総合進学クラス・特別進学クラス・スーパーグローバルクラスの各クラスに分かれて,中学校での学びを更に発展させていきます。
授業はどの科目もアクティブラーニング中心に進められ,1人1台のタブレットPCや各教室に設置された電子黒板を効果的に用い,グループワーキングを多く取り入れ能動的に学ぶ機会を多くしています。
海外での修学旅行や,アメリカ・カナダ・オーストラリアでの海外研修など,生きた英語に触れる機会を増やし,見聞を広め,実践的な英語を身につけます。異文化理解を深め,コミュニケーション能力を向上し,グローバルに活躍するリーダーに求められる資質を高めます。<2018/03/27掲載>

■コース・カリキュラム・講習
外国人講師を増やし、英会話の授業を少人数制とする。<2016/05/18掲載>

■学校生活
2016年4月より新1年生全員にタブレットPCを貸与し、電子黒板を用いた授業を展開する。<2016/05/18掲載>

日本大学中学校の公式HPを見る

http://www.nihon-u.ac.jp/orgni/yokohama


<中学受験を検討中の方へ> おさえておきたい基礎知識

受験でかかる費用は?なぜ中学受験をするの?「中学受験まるわかり」に、受験の基礎知識を解説しています。




日本大学中学校の学校情報に戻る

  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


 お気に入り学校リスト

登録がありません。

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

どのような部活動に所属していますか?【受験生に質問】