中高パスナビ編集部

2014-06-16高校受験

2016(平成28)年度、都立高校入学者選抜が共通化・簡略化へ

東京都教育委員会は、5月29日に都立高校の入学者選抜方法の改善について発表しました。
これまで各学校に委ねていた選抜方法が複雑化してきたことから、改善後は共通化・簡略化を図り、受検者にとって分かりやすい制度にすることが目的です。

具体的には、平成28年度入学者選抜から、学力検査の教科、学力検査と調査書の比率などが以下のように変更されます。


《全日制/学力調査の教科数》

◆現行
【第一次募集・分割前期募集】
国語、数学、英語、社会、理科の5教科のうち3教科を下らない範囲で各学校が選択。

【分割後期募集・第二次募集】
国語、数学、英語の3教科

◆平成28年度選抜
【第一次募集・分割前期募集】
国語、数学、英語、社会、理科の5教科

【分割後期募集・第二次募集】
国語、数学、英語の3教科


《全日制/学力調査と調査書の比率》

◆現行
【第一次募集・分割前期募集、分割後期募集・第二次募集とも】
7:3、6:4、5:5、4:6の中から各学校が選択

◆平成28年度選抜
【第一次募集・分割前期募集】
7:3
【分割後期募集・第二次募集】
6:4

なお、上記の選抜方法は2016(平成28)年度に実施する予定ですので、現在中学2年生の方に適用となります。



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

塾以外に習い事をいくつしていますか?【受験生に質問】