中高パスナビ編集部

2015-03-04高校受験

2015年度 都立高校入試の合格発表、全日制の実質倍率は1.41倍

3月2日に都立高校入試の合格発表が行われました。

全日制173校、募集人員31,655人に対し、受検人員は44,732人で、31,833人が合格しました。実質倍率は1.41倍で、昨年とほぼ同じ倍率でした。

全日制普通科(コース、単位制、島しょ、海外帰国生徒対象以外)106校の実質倍率は、男子が1.45倍(募集人員11,395人に対して受検人員が16,270人)、女子は1.44倍(募集人員10,352人に対して受検人員が15,708人)でした。

なお、都立高校入試は昨年に3052件の採点誤りが発覚しました。東京都教育委員会はその再発防止・改善策として、2015年度入試は合格発表日までの日数を1日増やして採点・点検に専念できる十分な時間を確保、モデル校の20校にマークシート方式を導入するなど対策をしてきました。


男女別の倍率上位校は下記のとおりです。

【東京都・男子(普通科<コース、単位制以外>)】 受検倍率 上位校の結果

募集人員 受検人員 合格人員
足立東高校 41 104 42
秋留台高校 50 126 50
日比谷高校 133 323 148
戸山高校 133 298 141
青山高校 150 318 152
三田高校 108 225 98
両国高校 31 64 35
立川高校 133 254 137


【東京都・女子(普通科<コース、単位制以外>)】 受検倍率 上位校の結果

募集人員 受検人員 合格人員
広尾高校 76 175 86
三田高校 98 222 113
北園高校 121 269 122
向丘高校 120 265 136
東村山高校 38 80 38
小平高校 76 155 85
青山高校 136 272 139
鷺宮高校 105 209 117


全日制専門学科39校については募集人員5,400人に対し、受検人員は6,566人で、実質倍率は1.22倍となり、昨年度(1.29倍)に比べ0.07ポイントの減でした。倍率上位の専門学科は、国際科が募集人員154人に対し受検人員が414人で実質倍率は2.51倍(昨年度2.33倍)、芸術科が募集人員112人に対し受検人員が191人で実質倍率は1.62倍(昨年度1.60倍)、体育科が募集人員76人に対し受検人員が122人で実質倍率は1.56倍(昨年度1.33倍)、家庭科(単位制)が募集人員49人に対し受検人員が77人で実質倍率は1.51倍(昨年度1.51倍)た。


※ 募集人員は転勤者生徒特別枠、転入学者特別枠、推薦入学手続者、在京外国人生徒対象の入学手続者、連携型入学手続者、海外帰国生徒対象(帰国生徒対象および引揚生徒対象)および分割後期募集の人員を除いた数。
※ 校数については複数の学科を併設している学校は、その学校の主たる学科欄において算入。


分割後期募集・全日制第二次募集の入学願書受付は3月5日(午前9時から午後3時まで)です。


都立高校の一般入試 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校・塾以外で、一日に平均どのくらいの時間勉強しますか? 【受験生に質問】