中高パスナビ編集部

2016-01-26高校受験

2016年 都立高校推薦入試 応募倍率3.03倍

1月21日、東京都教育庁は「平成28年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況」を公表しました。

全日制の課程167校の推薦入試募集人員9,105人に対し、応募人員は27,614人で、応募倍率は3.03倍となり、昨年度(3.12倍)に比べ0.09ポイントの減でした。

全日制課程の普通科118校の推薦入試募集人員6,306人に対し、応募人員は20,952人で、倍率は3.32倍となり、昨年度(3.36倍)に比べ0.04ポイントの減でした。

男女別の倍率上位校は下記のとおりです。

【男子】
男子 推薦入試
募集人員
応募人員 応募倍率
青山高校 14 101 7.21倍
小岩高校 37 188 5.08倍
東大和南高校 29 139 4.79倍
松が谷高校 24 112 4.67倍
片倉高校 24 107 4.46倍
葛飾野高校 33 145 4.39倍
国立高校 33 139 4.21倍
城東高校 33 137 4.15倍
東大和高校 33 137 4.15倍
広尾高校 24 99 4.13倍

【女子】
女子 推薦入試
募集人員
応募人員 応募倍率
青山高校 13 125 9.62倍
小岩高校 33 203 6.15倍
広尾高校 22 134 6.09倍
向丘高校 26 153 5.88倍
文京高校 33 191 5.79倍
富士森高校 29 166 5.72倍
松原高校 18 103 5.72倍
本所高校 19 106 5.58倍
国立高校 30 164 5.47倍
竹早高校 25 136 5.44倍

※ 募集人員、応募人員については、一般推薦と文化・スポーツ等特別推薦の合計数。
※ 校数については、複数の学科を併設している学校はその学校の主たる学科欄において算入。


なお、全日制課程の専門学科39校の推薦入試募集人員2,067人に対し、応募人員は4,708人で、倍率は2.28倍となり、昨年度(2.45倍)に比べ0.17ポイントの減でした。倍率が高い専門学科は、芸術科が募集人員48人に対し応募人員が241人で5.02倍(昨年度4.46倍)、国際科が募集人員66人に対し応募人員が220人で3.33倍(昨年度4.39倍)でした。

2016年度の推薦入試の集団討論・個人面接、実技検査等実施日は1月26・27日、合格者は2月2日に発表されます。


都立高校の推薦入試 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

第一志望校の過去問をこれまでに何年分解きましたか?【受験生に質問】