中高パスナビ編集部

2017-02-10高校受験

2017年度 都立高校応募倍率、全日制1.51倍。男女別の倍率トップは男子が秋留台・女子が広尾

2月8日、東京都は「平成29年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(学力検査入学願書受付2日目締切状況)」を公表しました。


全日制の課程173校の募集人員31,995人に対し、2日目までの応募人員は48,154人で、応募倍率は1.51倍となり、昨年度と同率でした。


全日制課程の普通科124校の募集人員24,892人に対し、2日目までの応募人員は38,765人で、倍率は1.56倍となり、昨年とほぼ同じ倍率でした。男女別の倍率上位校は下記のとおりです。

男子 一般入試
募集人員
2日目までの
応募人員
2日目までの
応募倍率
秋留台高校 50 133
2.66倍
日比谷高校 132
328
2.48倍
豊多摩高校 132
318
2.41倍
富士高校 31
72
2.32倍
広尾高校 82
189
2.30倍
北園高校 132 290 2.20倍
足立東高校 41 86
2.10倍
田園調布高校 87 180
2.07倍
三田高校 124
254
2.05倍
竹早高校 93
190
2.04倍

女子 一般入試
募集人員
2日目までの
応募人員
2日目までの
応募倍率
広尾高校 74 206 2.78倍
南葛飾高校 61 158 2.59倍
竹早高校 85
215
2.53倍
豊多摩高校 121
291
2.40倍
向丘高校 106
240
2.26倍
三田高校 114 251 2.20倍
北園高校 122 266 2.18倍
日比谷高校 122 262 2.15倍
松原高校 76 162 2.13倍
青山高校 120 246 2.05倍
文京高校 136 279 2.05倍
小平高校 76 156 2.05倍


全日制課程の専門学科39校の募集人員5,435人に対し、2日目までの応募人員は7,078人で、倍率は1.30倍となり、昨年度(1.24倍)に比べ0.06ポイントの増でした。高倍率の学科は芸術科で、募集人員112人に対し2日目までの応募人員が259人で2.31倍(昨年度2.17倍)でした。


なお、東京都教育委員会で指定している進学指導重点校7校の2日目までの応募倍率は以下のとおりです。
※[ ] は昨年度同時期の応募倍率です。

日比谷高校
男 2.48倍 [2.61倍]、女 2.15倍 [2.39倍]
戸山高校
男 1.95倍 [2.36倍]、女 1.68倍 [2.06倍]
青山高校
男 1.97倍 [2.60倍]、女 2.05倍 [2.60倍]
西高校
男 1.98倍 [2.21倍]、女 1.84倍 [1.53倍]
八王子東高校
男 1.15倍 [1.40倍]、女 1.40倍 [1.61倍]
立川高校
男 1.82倍 [1.50倍]、女 1.50倍 [1.49倍]
国立高校
男 1.52倍 [1.93倍]、女 1.59倍 [1.93倍]


※ 募集人員は転勤者生徒特別枠、転入学者特別枠、推薦入学手続者、在京外国人生徒対象の入学手続者、連携型入学手続者及び分割後期募集の人員を除いた数である。
※ 普通科の海外帰国生徒対象には、引揚生徒対象の数も含む。
※ 海外帰国生徒対象及び国際科(国際高校)の募集人員は9月募集を除いた数である。
※ 校数については複数の学科を併設している学校は、その学校の主たる学科欄において算入。



願書取下げは2月14日の午前9時から午後3時まで、願書再提出は2月15日午前9時から正午までとなっています。



都立高校の一般入試 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】