中高パスナビ編集部

2018-02-21高校受験

2018年度 埼玉県公立高校入試 志願倍率1.16倍

2月20日、埼玉県教育委員会は「平成30年度埼玉県公立高等学校における入学志願者数」を公表しました。

全日制(普通科・専門学科・総合学科)の入学許可候補予定者数38,320人に対し、志願者数は44,571人で、倍率は1.16倍、昨年に比べて0.03ポイントの減でした。

全日制普通科の入学許可候補予定者数28,234人に対し、志願者は34,031人で、倍率は1.21倍、昨年に比べて0.01ポイントの減でした。倍率が1.5倍以上の学校は下記のとおりです。 ※2月20日20時時点に公表された人数です。

入学許可
予定者数
志願者数 倍率
浦和西高校(普通科) 358
578
1.61倍
大宮高校(普通科) 318
484
1.52倍
川越南高校(普通科) 358 544
1.52倍
越ヶ谷高校(普通科) 318 566
1.78倍
草加南高校(普通科) 238 358
1.50倍
所沢高校(普通科) 358 540
1.51倍
所沢北高校(普通科) 318 508
1.60倍
南稜高校(普通科) 318 524
1.65倍
鳩ヶ谷高校(普通科) 158
251
1.59倍
市立浦和高校(普通科) 280
491
1.75倍
川口市立高校(普通科) 320
515
1.61倍
川口市立高校(文理スポーツコース) 120
281
2.34倍

なお、全日制の専門学科の入学許可予定者数8,258人に対し、志願者数は8,674人で、倍率は1.05倍、昨年に比べて0.06ポイントの減でした。専門学科のうち、外国語科全体で1.53倍、理数科全体で1.87倍と、外国語科と理数科は人気が高い傾向です。

専門学科のうち、1.9倍以上の倍率があったのは、大宮高校(理数科)の2.30倍、松山高校(理数科)の2.08倍、市立大宮北高校(理数科)の1.95倍、川口市立高校(理数科)の2.35倍でした。


志願者は、2月22日、23日の期間内に1回志願先を変更することができます。3月1日に学力検査、3月2日に実技検査・面接(一部の学校)、3月9日に入学許可候補者が発表されます。

気温の低い寒い日が続いています。志願先変更等で外出をされる方は、防寒対策を万全にしてお出かけください。


埼玉県公立高校の入試 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

塾以外に習い事をいくつしていますか?【受験生に質問】