中高パスナビ編集部

2020-02-13高校受験

2020年 千葉県公立高校前期選抜 志願倍率1.68倍

2月12日、千葉県教育委員会は、『令和2年度千葉県公立高等学校「前期選抜等」の受検状況』を発表しました。

前期選抜等の第1日の検査を実施し、全日制(県立・市立)の課程で36,526人が受検しました。
※前期選抜等とは、「前期選抜」、「連携型高等学校の特別入学者選抜」、「海外帰国生徒の特別入学者選抜」及び「地域連携アクティブスクールの一期入学者選抜」を指しています。

全日制の課程は、予定人員21,758人に対して志願者数は36,644人、志願倍率は1.68倍で、昨年度より0.03ポイントの減でした。

県立全日制の受検倍率上位校は下記のとおりです。

男子 予定人員 受検者数 受検倍率
船橋高校(普通科) 192 650
3.39倍
津田沼高校(普通科) 192
587
3.06倍
東葛飾高校(普通科) 144
433
3.01倍
柏の葉高校(普通科) 144 430
2.99倍
千葉高校(普通科) 144
428
2.97倍
小金高校(総合学科) 192
534
2.78倍
市立千葉高校(理数科) 30
81
2.70倍
市立千葉高校(普通科) 168
451
2.68倍
千葉東高校(普通科) 192
515
2.68倍
幕張総合高校(総合学科) 408
1,087
2.66倍

2月13日に第2日の検査(各校ごとの検査)が実施されており、2月19日の午前9時に入学許可候補者内定者が発表されます。


公立高校の入試のしくみ【千葉県】 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?