中高パスナビ編集部

2020-02-27高校受験

2020年度 埼玉県公立高校入試 志願倍率1.12倍

2月25日、埼玉県教育委員会は「令和2年度埼玉県公立高等学校における入学志願確定者数」を公表しました。

全日制(普通科・専門学科・総合学科)の入学許可候補予定者数36,880人に対し、志願者数は41,393人で、倍率は1.12倍、昨年度より0.04ポイントの減でした。

全日制普通科の入学許可候補予定者数27,158人に対し、志願者は31,211人で、倍率は1.15倍、昨年に比べて0.04ポイントの減でした。倍率上位校は下記のとおりです。

入学許可
予定者数
志願確定者数 倍率
市立浦和高校(普通科) 240
380
1.58倍
浦和西高校(普通科) 358
554
1.55倍
蕨高校(普通科) 318
479
1.51倍
浦和高校(普通科) 358
534
1.49倍
川越高校(普通科) 358 520
1.45倍
川口北高校(普通科) 358 499
1.39倍
川越女子高校(普通科) 358 497
1.39倍
浦和第一女子高校(普通科) 358 495
1.38倍
和光国際高校(普通科) 238 325
1.37倍
市立浦和南高校(普通科) 320
437
1.37倍

なお、全日制の専門学科の入学許可予定者数7,976人に対し、志願者数は8,342人で、倍率は1.05倍、昨年に比べて0.01ポイントの減でした。専門学科のうち、理数科全体で1.60倍、映像芸術科全体、舞台芸術科全体共に1.38倍と、理数科と映像芸術科、舞台芸術科は人気が高い傾向です。

専門学科のうち、2.0倍以上の倍率があったのは、市立大宮北高校(理数科)の2.08倍でした。


志願者は、2月20日、21日の期間内に1回志願先を変更することができます。2月28日に学力検査、3月2日に実技検査・面接(一部の学校)、3月9日に入学許可候補者が発表されます。


埼玉県公立高校の入試 パスナビ関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア

テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?