中高パスナビ編集部

2014-01-31高校受験

2014年度 都立高校推薦入試の合格発表、受検倍率は3.23倍

東京都は1月31日、都立高校推薦入試の合格発表を行いました。

全日制167校、募集人員が9,120人に対し応募総数は29,551人。このうち29,496人が受検して9,120人が合格しました。受検倍率は3.23倍で、昨年の3.21倍から0.02ポイント増でした。

全日制普通科(コース、単位制以外)106校の受検倍率は、男子が3.05倍(募集人員2,979人に対して受検人員が9,084人)、女子は3.85倍(募集人員2,684人に対して受検人員が10,329人)でした。昨年同様、男子に比べて女子の倍率は高く、厳しい入試となりました。


【東京都・男子(普通科<コース、単位制以外>)】 応募倍率 上位10校の結果

募集人員 応募人員 合格者人員
青山高校 14 89 14
広尾高校 20 121 20
文京高校 33 189 33
葛飾野高校 33 180 33
鷺宮高校 29 154 29倍
松が谷高校 24 121 24
東大和高校 29 144 29
八王子北高校 20 94 20
城東高校 37 171 37
保谷高校 29 129 29


【東京都・女子(普通科<コース、単位制以外>)】 応募倍率 上位10校の結果

募集人員 応募人員 合格者人員
青山高校 13 118 13
鷺宮高校 26 182 26
広尾高校 18 124 18
文京高校 30 198 30
向丘高校 26 167 26
小岩高校 33 196 33
本所高校 16 94 16
竹早高校 21 122 21
雪谷高校 26 150 26
北園高校 30 166 30


全日制専門学科39校については募集人員2,073人に対し、受検人員は5,387人で、受検倍率は2.60倍となり、昨年度(2.75倍)に比べ0.15ポイントの減でした。倍率上位の専門学科は、芸術科が募集人員48人に対し受検人員が213人で受検倍率は4.44倍(昨年度4.50倍)、福祉科が募集人員10人に対し受検人員が42人で受検倍率は4.20倍(昨年度2.30倍)、国際科が募集人員72人に対し受検人員が301人で受検倍率は4.18倍(昨年度4.89倍)、家庭科(単位制)が募集人員21人に対し受検人員が79人で受検倍率は3.76倍(昨年度4.43倍)、家庭科(単位制以外)が募集人員41人に対し受検人員が132人で受検倍率は3.22倍(昨年度3.46倍)でした。


※ 募集人員、応募人員および受検人員については、一般推薦と文化・スポーツ等特別推薦の合計数。合格人員については、一般推薦と文化・スポーツ推薦等特別推薦の重複はない。
※ 校数については、複数の学科を併設している学校はその学校の主たる学科欄において算入。


なお、一般入試の出願は2月6日(木)、7日(金)、学力検査は2月24日(月)、合格発表は2月28日(金)に行われます。


都立高校の推薦入試 パスナビ関連ページ





  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

定期テストと模試ではどちらの成績が良いですか?【受験生に質問】