中高パスナビ編集部

2015-12-09中学受験

2016年 千葉県公立中高一貫校 一次検査倍率

千葉県教育委員会は、12月5日に「平成28年度千葉県県立中学校一次検査の受検状況について」を公表しました。


千葉県立千葉中学校
募集定員:80名(男女同数を基本とする)
志願者数:793名(男子426名、女子367名)※昨年度 912名
志願倍率:9.9倍 ※昨年度 11.4倍
受検者数:785名(男子424名、女子361名)※昨年度 909名
受検倍率:9.8倍 ※昨年度 11.4倍

【千葉県立東葛飾中学校】
募集定員:80名(男女同数を基本とする)
志願者数:1,157名(男子585名、女子572名)
志願倍率:14.5倍
受検者数:1,147名(男子579名、女子568名)
受検倍率:14.3倍

千葉県立千葉中学校と千葉県立東葛飾中学校の検査は、一次検査(適性検査)と二次検査(適性検査、面接)があります。12月5日に実施された一次検査で定員の約4倍程度に絞られます。一次検査の通過者は12月21日に発表され、2016年1月15日~18日に「報告書及び志願理由書等の提出」、2016年1月30日に二次検査と続き、2016年2月5日の午前9時に入学許可候補者内定者が発表されます。

東葛飾高校は大正13年創立という長い歴史があります。2016年4月、新たに「千葉県立東葛飾中学校」を併設し、中高一貫教育校となります。県立千葉中学校に続き、県立の2校目の中高一貫校として注目されています。
東葛飾中学校に入学後、高校進学時は試験無しで全員が東葛飾高校に進学でき、併設中学校からの進学者と他の中学校からの入学者は高校1年生から同じクラスになる予定です。

東葛飾高校は2007年から千葉県の進学指導重点校に指定されており、進路希望の実現に向けた教養講座(東葛リベラルアーツ講座)の開設や自学自習のための施設開放等、取組んでいます。2014年からは「医歯薬コース」を設置し、将来の地域医療を担う人材を育成しています。

入試情報関連ページ




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


テーマ一覧

ブログ内検索

プロフィール

中学・高校の受験情報、学校訪問記録、受験勉強に役立つ学習法など、志望校選択や受験生活にプラスになる情報をお届けします。 


月別

以前の月を見る

編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

塾以外に習い事をいくつしていますか?【受験生に質問】