2019-03-01

災害・地震対策の取り組み 中学校【神奈川】

首都圏では30年以内に、約70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると予測されています。いつ発生するかわからない災害に向けて、学校はどのような対策を行っているのでしょうか。このページでは、学校における災害・地震対策の取り組みを紹介しています。

※教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケート(※2019年冬実施)にご回答いただいた情報を掲載中です。スペースの都合上、すべての情報が掲載されているわけではありませんので、未掲載校やさらに詳しく調べたい方は、各学校のHP等でご確認ください。

中学校

  • 横浜市
  • 男子
浅野中学校
・非常食(全校生徒及び教職員 約3日分)、非常用トイレ、発電機、車イス、LEDライト等の備え有り。 ・防災訓練、地区別集会、及び保護者向け説明。
  • 茅ヶ崎市
  • 共学
アレセイア湘南中学校
・毎年 火災、地震、津波対策の避難訓練と起震車体験や消火訓練、特別講話などを行い。生徒の意識を高めています。 ・学校には、全生徒3日分の備蓄を行っています。生徒も個人のヘルメットを持ち、災害時の備えをしています。 ・メール連絡網のほか、「災害時被災報告システムCoCoねっと」「避難校ネットワーク」を使うことができる体制となっています。
  • 鎌倉市
  • 男子
栄光学園中学校
緊急時の水・食糧、全校生徒3日分備蓄
  • 鎌倉市
  • 男子
鎌倉学園中学校
食料の備蓄
  • 鎌倉市
  • 女子
鎌倉女学院中学校
・防災訓練の定期的実施 ・校舎が頑強(関東大震災級の地震でも大丈夫) ・3日間のサバイバルキット(アークスリー)に加え、アルファ米、水、トイレ、発電機、薬、毛布等を取りそろえている。
  • 川崎市
  • 女子
カリタス女子中学校
・年3回の避難訓練、水、食料を3~4日分備蓄、防災マニュアルの作成 ・緊急避難校ネットワークに加盟 ・基準の1,5倍の耐震強度の校舎
  • 横浜市
  • 共学
関東学院中学校
・各校門に警備員が常駐し、日常の安全管理に努めています。 ・施設は最新の耐震基準を満たしています。 ・三日分の非常食、飲料水、ブランケットがセットされたキットを生徒に一箱常備しています。
  • 鎌倉市
  • 女子
北鎌倉女子学園中学校
防災訓練、避難訓練を各1回/年 行っています。
  • 横浜市
  • 男子
慶應義塾普通部
緊急時の一斉送信メール、避難校ネットワーク(東京、神奈川)に参加。緊急時の食料・水は3日分備蓄、全員分の毛布。その他各種備品を準備(発電機、簡易トイレ、ヘルメットなど)
  • 横浜市
  • 男子
サレジオ学院中学校
・緊急メール一斉配信システム採用 ・避難訓練実施 ・非常食、飲料水3日分備蓄、防寒具、簡易トイレ
  • 伊勢原市
  • 共学
自修館中等教育学校
・家庭と直接連絡がとれる通信手段を、3通り準備している。 ・校内に全員が3日過ごせる食料を備蓄、全員分の毛布あり。 ・同一地域ごとにグループ分けをし、避難できる訓練を毎年実施。 ・教員全てが救急救命講習を定期的に受講。
  • 藤沢市
  • 共学
湘南学園中学校
年間の中で計画的に避難訓練を実施
  • 藤沢市
  • 女子
湘南白百合学園中学校
・耐震工事は済んでいます。緊急持出袋、防災ヘルメットを各自で備えています。非常食・水などの準備をしています。 ・定期的に避難訓練を実施したり、生徒、保護者への緊急メールの確認もしています。
  • 大和市
  • 女子
聖セシリア女子中学校
大規模な自然災害があった場合に備え、非常食、非常用飲料水、その他の防災用品(工具、毛布など)を常時保管しています。
  • 逗子市
  • 女子
聖和学院中学校
逗子市の広域津波避難所に指定されたグラウンドがあり、本校生徒や地域の方々の避難訓練に使用されている(3,700人収容)。また体育館等を地域の方々に開放して避難所体験訓練も実施しています。
  • 川崎市
  • 女子
洗足学園中学校
非常用食品、非常用飲料水、簡易トイレあり。災害時報告システムあり。
  • 横浜市
  • 女子
捜真女学校中学部
年3回の避難訓練実施。備蓄品の完備。緊急連絡メールや避難校ネットへの加入。
  • 小田原市
  • 共学
相洋中学校
・避難訓練は、HR中、授業中など様々な想定で行われる。 ・非常食や毛布は、全校生徒3日分を確保している。 ・上履きは、緊急時にそのまま下校できる仕様になっている。
  • 横浜市
  • 共学
中央大学附属横浜中学校
・生徒が避難用持出袋を常備 ・年に数回 避難訓練を実施 ・災害時のために水・食糧を数日分備蓄
  • 横浜市
  • 共学
鶴見大学附属中学校
・登下校安全システム(緊急時等に保護者へ一斉メール配信) ・飲料水、非常食、医薬品等を備蓄 ・防災訓練、講習、教職員対象研修会etcを定期的に実施
  • 相模原市
  • 共学
東海大学付属相模高等学校中等部
・年2回避難訓練を実施 ・水、非常食等を3日分備蓄
  • 藤沢市
  • 男子
藤嶺学園藤沢中学校
防災訓練を年2回実施、備蓄3日分あり、耐震工事済み。
  • 川崎市
  • 女子
日本女子大学附属中学校
・かまどベンチの使用方法を生徒に指導 ・災害用非常食を全校生徒3日分を常備
  • 藤沢市
  • 共学
日本大学藤沢中学校
防災避難訓練の年2回実施。地震発生時の生徒の対応、地震後の対応については入学時にプリント冊子等で指示を徹底しています。生徒全員分の3日分の食料・飲料水、簡易防寒シート、毛布等が備蓄されています。
  • 横浜市
  • 男子
武相中学校
・年2回(4月・9月)の防災訓練 ・校内備蓄(食糧3日分、簡易トイレ。食糧は非常用です。アレルギー対策あり)
  • 藤沢市
  • 女子
聖園女学院中学校
・年に一度、防災訓練を実施して地区別防災会議を行っています。
  • 横浜市
  • 共学
森村学園中等部
・生徒ひとりあたり、3日分の非常食と水(アレルギー対応)、毛布、簡易トイレ等の用意 ・地震発生時訓練、火災避難訓練
  • 横浜市
  • 共学
山手学院中学校
・一斉連絡 ・緊急連絡システム(NTTデータ、FairCast、子供安全連絡網)の導入。 ・マニュアルの作成 ・食料、水などの備蓄
  • 横浜市
  • 女子
横浜共立学園中学校
・施設は耐震工事や日常的な保全を行い、絶えず改善を重ねている。 ・防災ハンドブックを作成し、飲料水や寝袋を備蓄している。また、高度利用者向け緊急地震速報の校内放送システムを設置している。
  • 横浜市
  • 女子
横浜女学院中学校
年3回 避難訓練を実施。うち1回は、根岸線不通を想定し、中1は帰宅訓練を実施。
  • 横浜市
  • 共学
横浜創英中学校
防災セットを1人1セット全生徒分完備してある。避難校ネットに加盟している。



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校を決める際、何を一番重視しますか?