2021-04-28

災害・地震対策の取り組み 中学校【東京】

首都圏では30年以内に、約70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると予測されています。いつ発生するかわからない災害に向けて、学校はどのような対策を行っているのでしょうか。このページでは、学校における災害・地震対策の取り組みを紹介しています。

※教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケート(※2021年冬実施)にご回答いただいた情報を掲載中です。スペースの都合上、すべての情報が掲載されているわけではありませんので、未掲載校やさらに詳しく調べたい方は、各学校のHP等でご確認ください。

中学校

  • 文京区
  • 共学
お茶の水女子大学附属中学校
年3~4回の避難訓練(内、1回は大学キャンパス全域の合同訓練)の他、防犯訓練あり。
  • 文京区
  • 共学
筑波大学附属中学校
定期的な避難訓練、防災グッズの備蓄
  • 世田谷区
  • 男子
筑波大学附属駒場中学校
避難訓練・防災備蓄
  • 練馬区
  • 共学
東京学芸大学附属国際中等教育学校
3日分の食料、毛布の備蓄有り。
  • 世田谷区
  • 共学
東京学芸大学附属世田谷中学校
耐震工事済、避難訓練 年4回実施、食料、ブランケット、簡易トイレ備蓄
  • 中野区
  • 共学
東京大学教育学部附属中等教育学校
緊急メール一斉配信システムへの加入、避難訓練の実施、消火訓練の実施、救命救急訓練の実施、安否情報のウェブ・ページへの掲載、非常食、飲料水、防寒具、簡易トイレ、発電機の備え
  • 江戸川区
  • 女子
愛国中学校
・緊急速報装置の設置 ・毛布、食料、飲料の備蓄 ・年3回以上の避難訓練実施 など
  • 渋谷区
  • 共学
青山学院中等部
災害や地震などの緊急時速やかな情報伝達のため、保護者の携帯電話やパソコンにメールを一斉に配信する緊急メールや、電話で確認できる「テレドーム」を導入。警戒宣言発令時、災害発生時、台風大雪及びストライキにより交通機関に支障が生じた時、新型含むインフルエンザ発生時、不審者侵入時など、様々な状況に合わせて、学校が決めた方法で対応を行う。
  • 港区
  • 男子
麻布中学校
・独自の防災マニュアル(地震、火災) ・緊急連絡体制 Fair Cast ・3日分の食料、飲料水、毛布、浄水機
  • 足立区
  • 男子
足立学園中学校
足立区協定施設(大規模災害水害時における緊急避難建物としての使用に関する協定)、優良防火対象物認定(東京消防庁)、耐震7設計、生徒5日分相当の保存食、飲料水を備蓄。毛布あり。災害マップ配布(常時携帯)(地震発生時の推奨移動ルートや近隣の一時避難所が記されたもの)自衛消防隊(消防署員による訓練を受けています。)を組織(教員5名と各クラス生徒1名ずつ)
  • 文京区
  • 女子
跡見学園中学校
・標高30mのしっかりとした地盤の上に建設された校舎 ・東京私立中学高等学校協会が運営する「避難校ネットワーク」に加盟しており、登下校中に被災した生徒は、通学経路近くの加盟校に避難できる。 ・避難訓練の実施、災害対応マップ、災害対応マニュアル、フラットホイッスルの配布
  • 八王子市
  • 共学
穎明館中学校
全生徒3日分のサバイバルセットを用意
  • 文京区
  • 女子
桜蔭中学校
・下校グループ編成、下校訓練実施 ・備蓄品、防災品設置、蓄電池設置 ・緊急連絡システム
  • 町田市
  • 共学
桜美林中学校
・災害時のマニュアル作成 ・防災訓練の実施 ・被災地復興支援 ・被災された方をお招きして講演会など
  • 世田谷区
  • 女子
鴎友学園女子中学校
・飲料水、非常食、医薬品、毛布、簡易トイレなどを備蓄、停電に備えた発電機を設置、定期的な避難訓練 ・学校独自の災害対応マニュアル
  • 千代田区
  • 女子
大妻中学校
・校舎(耐震構造となっており、校内放送連動型の緊急地震速報受信装置を備えています。吹抜けのガラスには飛散防止フィルムが貼られています。) ・電力供給(停電時には自家発電装置により照明、消火設備、セキュリティシステムを稼働させることができます。) ・水道(地下の貯水槽に上水、雑用水を確保) ・備蓄品(全教室に各自の防災頭巾、クラス人数分の(乾パン・ミネラル水)配備、学校全体で非常食、水、毛布等備蓄(およそ5日分)) ・情報発信~学校ホームページでお知らせ。緊急の場合、保護者の方には Hotcampass によるお知らせ。 ・「大地震対応マニュアル」を全生徒に配布。大地震に際して、学校周辺の地図と数日後にライフラインや交通網が回復するまでの対応方法がまとめられています。
  • 多摩市
  • 女子
大妻多摩中学校
・避難訓練および災害に対する心構えについての講和を実施。 ・災害時の宿泊用品、非常食、飲料水、生活用品について、全校生徒3日間以上の備蓄。 ・登下校中に被災した際の避難校ネットワークに参加(他校との相互受入れ制度)
  • 中野区
  • 女子
大妻中野中学校
・8年前に新校舎完成、耐震強度を充分に考えた建築となっている。地域の避難所としての指定もうけ、区と連携し、生徒個々の防災用品に加え、備蓄食料や避難用品が保管されている。 ・年3回の避難訓練だけでなく、教員による避難所訓練や、AED講習を定期的に実施している。
  • 新宿区
  • 男子
海城中学校
・災害用食糧や水、簡易トイレ等の備蓄。全専任教職員の普通救急救命講習の受講。 ・緊急地震速報(放送)導入済。 ・年2回の防災訓練実施。
  • 荒川区
  • 男子
開成中学校
非常食、飲料水、毛布、マット、簡易トイレなどを、最低3日間、生徒全員が泊まれる分の備蓄をしています。
  • 江東区
  • 共学
かえつ有明中学校
避難訓練の実施、非常食の備蓄、校舎が耐震性の構造 他。
  • 豊島区
  • 女子
川村中学校
・防災教育の推薦(災害時に生徒が主体的に行動できるように中高6年間を見通した系統的・体系的な指導をしています) ・避難訓練の充実、緊急事態における適切な行動と判断能力が身につけられるよう火災、地震、不審者対応等、状況に応じた非難訓練を8回程度行っている。 ・レスキューポーチを携帯。 ・情報収集、伝達システムの確立(緊急事態発生時など一斉配信メールの配信を行っています。) ・登下校時の安全確保(交通機関の混乱状況に応じて中高生が方面別通学班を構成し、集団で登下校を行っている)
  • 千代田区
  • 女子
神田女学園中学校
・3日分の食料、水等備蓄。 ・校舎自体が千代田区指定の優良建築物(耐震、耐久等)となっている。
  • 荒川区
  • 女子
北豊島中学校
・備蓄品3日分 ・オリジナル防災マニュアルの配布 ・防災訓練の実施
  • 武蔵野市
  • 女子
吉祥女子中学校
防災訓練、年3回実施
  • 葛飾区
  • 共学
共栄学園中学校
年3回避難訓練実施、飲料水、非常食、医薬品等を常備、緊急時保護者一斉メール
  • 国立市
  • 共学
国立音楽大学附属中学校
・校舎は最新の耐震基準をクリアしています。 ・モバイルメール等で状況をお知らせします。 ・全生徒の非常食、飲料水、非常用生活用品を確保しています。
  • 文京区
  • 男子
京華中学校
・食糧、水分の備蓄 3日分 ・トイレ、ブランケットなど常備している
  • 文京区
  • 女子
京華女子中学校
・学校緊急連絡システムによって、災害発生などの緊急時に、確実に保護者の方々に生徒の安否情報などが届くシステムを構築しています。 ・食料、飲料水等の備蓄:学園生徒が3日間寝泊まりできる備蓄があります。 ・都内の私立中学、高等学校との連携(避難校ネットワーク)
  • 世田谷区
  • 女子
恵泉女学園中学校
・日常の安全、防災対策…校門脇に守衛が待機し、来校者チェックをしている。登下校の時間帯は守衛が校門に立ち、生徒の安全を見守っている。校舎は震度6強にも耐えうる耐震構造の建物。窓ガラスは高強度で、万一割れても粒状に砕け、怪我をしないような製品を用いている。他にも緊急地震速報機の設置、家具類の転倒防止対策など、生徒の安全には十分に配慮し、定期的に防災訓練も行っている。また、生徒の個人情報の扱いには法令に則り細心の注意を払っている。 ・地震発生時の対処…生徒が学校に居る場合は、生徒がひとりで帰宅、在宅することがないよう、家庭と連絡を取り、保護者のお迎えがあるまで学校で保護する。また、登下校中に大きな地震が起きて、電車、バスが止まり、学校や自宅にたどり着けなくなった場合、近くにある東京、神奈川の私立小、中、高(男子校を除く)に避難することができる。その地図などが掲載されている「災害対応マニュアル帰宅支援マップ」を生徒一人ひとりに配布している。 ・非常時のための備蓄…3日分の非常用食糧と飲料水、カイロ、毛布、アルミブランケット、マット、ヘルメット、マスクは、全校生徒、全教職員の人数分を用意している。その他、発電機、仮設トイレ、使い捨てトイレ、懐中電灯、ランタン等の生活用品も用意し、適宜点検、入れ替えをしている。 ・災害時の連絡方法…自然災害(台風、大雪、地震など)の際は、「Classi(クラッシー)」による緊急連絡システムで連絡する。保護者が登録したメールアドレス(スマートフォン、PC)に緊急連絡をするシステムで、情報が正確、迅速、公平に伝達される。
  • 文京区
  • 共学
東洋大学京北中学校
年2回の避難訓練、災害に備えた食料・水・防寒の備蓄など一般的備えは全てしています。
  • 昭島市
  • 共学
啓明学園中学校
・Jアラート受信装置の設置、緊急地震速報のみ受信可能な装置の設置、緊急メール一斉配信システムへの加入、校舎が耐震性の構造、避難訓練・消火訓練の実施、救命救急訓練の実施、安否情報のウェブ・ページへの掲載、緊急時の電話、FAXによる連絡、非常食・飲料水・防寒具(毛布)の備蓄、医薬品の備蓄、簡易トイレの備え、発電機の備え、非常時の帰宅方法のルール
  • 世田谷区
  • 女子
佼成学園女子中学校
・避難訓練の実施 ・防災グッズ、非常食、飲料水などの備蓄 ・緊急連絡は「安心でんしょばと」で一斉メール配信を行なう
  • 品川区
  • 女子
香蘭女学校中等科
校舎耐震化。地震発生時のマニュアル作成。全校で防災防犯訓練を毎学期実施。備蓄管理等防災体制の整備。緊急連絡は一斉メール配信。「安心でんしょばと」を利用。インターネット掲示板「CoCoネット」を安全確認に利用できる。
  • 杉並区
  • 別学
国学院大学久我山中学校
・年に2回校内にて避難訓練を実施 ・3日分の防災備蓄品の完備 など
  • 文京区
  • 共学
駒込中学校
・避難訓練の実施、フェアキャストの導入 ・毛布、食料、水、全生徒分の備蓄
  • 世田谷区
  • 男子
駒場東邦中学校
全生徒分の食料、毛布の備蓄
  • 小平市
  • 男子
サレジオ中学校
・耐震校舎 ・3日分の備蓄 ・避難訓練 ・一斉メール配信
  • 渋谷区
  • 女子
実践女子学園中学校
・生徒、教職員による避難訓練の実施 ・緊急時の連絡手段としてホームページ、スタディサプリ連絡帳の活用 ・災害時の備蓄更新と拡充(全員分の食料・飲料水・寝袋・簡易トイレ) ・生徒個人の防災袋の用意
  • 渋谷区
  • 共学
渋谷教育学園渋谷中学校
避難訓練の実施、サバイバルキットの常備
  • 東久留米市
  • 別学
自由学園男子部女子部中等科
・避難訓練(学校・寮) ・備蓄(水・食料・毛布・トイレ等) ・耐震工事済 ・緊急時連絡網
  • 板橋区
  • 共学
淑徳中学校
備蓄(カンパン、毛布、簡易トイレ、非常食)
  • 豊島区
  • 共学
淑徳巣鴨中学校
生徒に向け防災訓練を行っています。また非常時に備え、備蓄があります。
  • 北区
  • 共学
順天中学校
・王子キャンパス本館は震度7の耐震構造。地下に、生徒全員分の災害時非常食、毛布を備蓄。 ・生徒一家族には「COCOねっと 災害時被災報告カード」(保護者との間の災害時伝言板用)を3枚支給している。また、保護者の携帯電話に一斉メールシステムを持つ。 ・避難場所は本館裏手の王子神社と中央公園。 ・毛布常備。生徒一人一人に防災非常食セットを支給。
  • 武蔵野市
  • 共学
聖徳学園中学校
・災害時対応マニュアルを発行、全生徒に配布 ・災害用キット(3日分)を入学時に購入 ・全校舎耐震工事済 ・震度4以上の場合、緊急地震速報が全校放送される ・学校ホームページの緊急連絡 ・緊急連絡時、学内SNSを活用
  • 世田谷区
  • 女子
昭和女子大学附属昭和中学校
避難訓練では通常のものだけでなく、緊急地震速報対応訓練、防犯訓練など多彩な訓練を行っています。全生徒1週間分の水や食糧などの備蓄をしています。
  • 千代田区
  • 女子
女子学院中学校
3日間の備蓄(水、食料、トイレ)、寝袋、発電機、など準備
  • 北区
  • 女子
女子聖学院中学校
・2007年に建てられた校舎は、強固な地盤の上にあり、建築基準法もクリアしています。体育館の耐震補強工事も2010年に済みました。 ・自家発電装置及び井戸も設置済み。 ・生徒、教職員が3日間、校内で安全に過ごせるよう、マットや寝袋、非常食や飲料水も準備しています。
  • 杉並区
  • 女子
女子美術大学付属中学校
・備蓄米、水、衛生用品、タタメット等を毎年用意しています。 ・定期的な避難訓練、帰宅コース別の集合の訓練もしています。
  • 小平市
  • 女子
白梅学園清修中学校
定期的に防災訓練を行っています。内容は地震、火事、不審者など様々な事例に合わせて訓練を行っています。
  • 千代田区
  • 女子
白百合学園中学校
・災害時対応マニュアルを作成し、毎年見直しをし、教員が分担している仕事の確認を行っている。 ・校舎は耐震補強工事をしてある。 ・緊急時に必要な発電機、備品(非常食・飲料水・毛布・医薬品・簡易トイレ)を完備、更に生徒個人のロッカーに飲料水と下着等を常備させている。 ・定期的な避難訓練、防災訓練を実施し、生徒達への意識を高めている。
  • 武蔵野市
  • 共学
成蹊中学校
「School - pass」の利用や本校ホームページへの掲載等により、速やかな情報伝達に努めている。
  • 新宿区
  • 男子
成城中学校
・災害備蓄品を全生徒分用意 ・貯水受水槽に3日分の水を貯水
  • 品川区
  • 共学
青稜中学校
・飲料水、食料、ブランケット、トイレ等を用意。 ・教室に人数分以上のヘルメットを用意。 ・感染防止のため、消毒用アルコールの設置、各机上に飛沫防止用シールドを常備。
  • 小平市
  • 共学
創価中学校
・Jアラート、緊急地震速報の装置がある ・生徒、保護者へメール配信ができる ・耐震校舎 ・避難訓練の実施 ・非常食、飲料水の備蓄 ・防寒対策の備蓄
  • 港区
  • 男子
高輪中学校
災害や大地震により、交通機関が運転を見合わせた場合、全校生徒3日分の備蓄食料や防寒具などが用意されています。また、通学途中の私立男子校・共学校にて受け入れ協定を結んでいます。
  • 町田市
  • 共学
玉川学園中学部
年3回避難訓練を実施[・メール配信を実施している ・災害対策組織を設定し、様々な災害に迅速に対応できるようにしている ・災害対策備品として、必需品を用意している]これらを含め災害に対応できるように冊子「災害対策基本行動マニュアル」を制作し、全教職員に配布
  • 世田谷区
  • 女子
玉川聖学院中等部
定期的な避難訓練の実施。災害時の食料品など備蓄あり。
  • 小金井市
  • 共学
中央大学附属中学校
3日分程度の非常食、水、医薬品等を備蓄しています。
  • 八王子市
  • 共学
帝京大学中学校
一週間分の水・食料あり。
  • 文京区
  • 共学
貞静学園中学校
耐震校舎、避難訓練、消火訓練、救命救急講習、非常食・飲料水・防寒具・医薬品の備蓄、簡易トイレ、発電機の備え、緊急地震速報受信装置設置、安否情報のウェブページへの掲載、緊急時の電話、FAXによる連絡、災害時対応マニュアルの作成。
  • 世田谷区
  • 女子
田園調布学園中等部
校舎は耐震基準の1.8倍の強度で造られ、緊急地震速報装置を設置。全校生徒3日分の防災用品を備蓄。年間3回の防災訓練を実施し、地域別の集団下校・地震発生時の自助訓練・災害時避難ルートの確認等の取組みを行っています。
  • あきる野市
  • 共学
東海大学菅生高等学校中等部
地震・火災における避難訓練、今年初のクラス単位でシェイクアウト訓練を実施
  • 渋谷区
  • 女子
東京女学館中学校
校舎は耐震構造です。食料、水、毛布等の備蓄がある他に、生徒のロッカーの上部に防災リュックと1人1つ用意し格納してあります。リュックには水、食料、携帯トイレ、懐中電灯、防寒下着、等を入れています。高校には生徒の救急隊という有志の組織があり、非常用トイレの設営の練習や救命講習や防災講習に参加し、いざという時に備えています。
  • 世田谷区
  • 共学
東京農業大学第一高等学校中等部
耐震・備蓄品完備
  • 杉並区
  • 共学
東京立正中学校
布団、毛布、畳、防寒シート、保存食(水、カンパン、ビスケット、ご飯)を備蓄。
  • 文京区
  • 共学
東邦音楽大学附属東邦中学校
・災害時、緊急時連絡網システム導入 ・防災、避難訓練、毎年実施(起震車体験、煙体験など)
  • 国立市
  • 男子
桐朋中学校
年2回の防災訓練、耐震設計の校舎
  • 豊島区
  • 女子
豊島岡女子学園中学校
全校生徒が3日間滞在できるだけの備蓄(防災倉庫および個人所有)、防災防犯マニュアルの策定、緊急地震速報器の設置、避難訓練の実施、教職員および生徒対象のAED講習会の実施、学年朝礼における防災講和、教職員の防災講習会、池袋防災館における防災体験学習、緊急メール進路システムの導入
  • 文京区
  • 男子
獨協中学校
震度7にも耐えられる校舎。教職員分を含め1300人分の備蓄を5日分用意している。その他、非常時に備えた用品や体制は、ひと通り揃えてある。
  • 調布市
  • 共学
ドルトン東京学園中等部
災害時安否確認のメール配信システム。全校生徒3日分の非常食、飲料水、防寒具、簡易トイレ等を備蓄。定期的に、避難・防災訓練等を実施。
  • 江東区
  • 女子
中村中学校
避難訓練を年2~3回行なっている。
  • 中野区
  • 共学
新渡戸文化中学校
備蓄、緊急メール、教員の配備など。
  • 目黒区
  • 共学
日本工業大学駒場中学校
飲料水、非常食、医薬品等を備蓄、緊急地震速報の受信機器設置、停電に備えた発電機設置、非常用の通信装置あり、定期的な避難訓練と防災訓練の実施、本校独自の災害時対応マニュアルあり。
  • 杉並区
  • 共学
日本大学第二中学校
年度毎に2回、全校防災訓練(避難訓練及び防災講話)を実施。加えて、教職員は年度毎に1回のAED講習及び食物アレルギー対応の講演を受講。また、全生徒は株式会社マンダが提供するさくら連絡網を導入しており、緊急時の学校⇔ご家庭との連絡を可能にしている。受験日の不測の事態に対しては、テレトップの提供するテレドームシステムで学校⇔受験生・受験生保護者との連絡を可能にしている。
  • 文京区
  • 男子
日本大学豊山中学校
・防災訓練の実施 ・家庭科室に非常電源あり ・災害時、プールの水を飲み水として利用することが可能
  • 板橋区
  • 女子
日本大学豊山女子中学校
非常食・飲料水・毛布の備蓄、屋上の受水槽が断水時の手洗い、トイレに使用可、簡易トイレの用意、他
  • 八王子市
  • 共学
八王子実践中学校
避難訓練、下校訓練、クルグラット、教員防災講和・AED研修、防災教室
  • 文京区
  • 女子
文京学院大学女子中学校
・避難訓練の実施 ・ライフラインが止まったとしても全生徒及び教職員が3日以上生活できる非常食や非常用品
  • 三鷹市
  • 共学
法政大学中学校
・非常用備蓄セット(3日間分) ・食用品、飲料水、ブランケットなどを全教職員、全生徒分用意している ・年に3回、避難訓練を実施 ・救命講習を年1回実施
  • 千代田区
  • 女子
三輪田学園中学校
①震度7までの耐震構造を持つ校舎 ②3日間校内で過ごせる水、食料の備蓄 ③下水道直結のトイレ(プールの水の利用) ④緊急地震速報の設置 ⑤安否情報の提供…災害掲示板、緊急メール配信 ⑥災害対応マップ配布 ⑦災害対応マニュアル作成 ⑧防災訓練・帰宅経路別集合訓練の実施
  • 練馬区
  • 男子
武蔵中学校
・緊急対応リーフレットの配布、防災訓練の実施、耐震検査の実施 ・食料の備蓄、緊急メール一斉配信システムの利用
  • 小金井市
  • 共学
武蔵野東中学校
火災・地震等を想定した訓練実施、備蓄品3日分、緊急時連絡システム
  • 中野区
  • 男子
明治大学付属中野中学校
・全校生徒3日分の水と食料を用意 ・耐震構造の新校舎建築 ・全生徒分の毛布、ヘルメット、エアベッド用意
  • 八王子市
  • 共学
明治大学付属中野八王子中学校
防災用品常備、防災訓練実施
  • 調布市
  • 共学
明治大学付属明治中学校
・全校避難訓練 年2回/防災および避難方法マニュアルを教室掲示 ・全生徒、教職員数の80%を帰宅困難者と想定し、3日分の非常食を備蓄 ・自家発電装置 ・機械警備システム、監視カメラ、緊急呼出装置、地震速報設備
  • 新宿区
  • 共学
目白研心中学校
・防災、防犯訓練を学期ごと実施 ・防災用品、備蓄品完備
  • 港区
  • 女子
山脇学園中学校
校内の「災害対応マニュアル」により、生徒および教職員による避難・防災訓練を実施。各教室のロッカーに、折りたたみヘルメットや個人用備蓄品などを収納。災害時、安全が確保されるまで、学校で待機、お預かりできるように非常食、宿泊関係用品は3日分そろえている。
  • 新宿区
  • 男子
早稲田中学校
・警備員、守衛が常駐、防犯カメラ、オートロックシステムなど機械警備を採用、緊急時に保護者へ一斉メールが配信される。生徒向けに安全講習を実施(防災避難訓練) ・飲料水や非常食、医薬品などを備蓄、停電に備え発電機を設置。教職員の防災避難訓練実施、学校独自の災害対応マニュアル
  • 千代田区
  • 女子
和洋九段女子中学校
・Jアラート受信装置の設置 ・緊急地震速報のみ受信可能な装置の設置 ・緊急メール一斉配信システムへの加入 ・校舎が耐震性の構造 ・避難訓練の実施 ・消火訓練の実施 ・救命救急訓練の実施 ・安否情報のウェブ・ページへの掲載 ・緊急時の電話、FAXによる連絡 ・非常食の備蓄 ・飲料水の備蓄 ・防寒具(毛布)の備蓄 ・医薬品の備蓄 ・簡易トイレの備え ・発電機の備え ・非常時の帰宅方法のルール



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?