2021-04-28

災害・地震対策の取り組み 高校【千葉】

首都圏では30年以内に、約70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると予測されています。いつ発生するかわからない災害に向けて、学校はどのような対策を行っているのでしょうか。このページでは、学校における災害・地震対策の取り組みを紹介しています。

※教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケート(※2021年冬実施)にご回答いただいた情報を掲載中です。スペースの都合上、すべての情報が掲載されているわけではありませんので、未掲載校やさらに詳しく調べたい方は、各学校のHP等でご確認ください。

高校

  • 四街道市
  • 女子
愛国学園大学附属四街道高等学校
毎年11月に防災訓練実施。起震車、煙ハウス、救助シューター等の体験をする。
  • 市川市
  • 共学
市川高等学校
・耐震対策の校舎 ・生徒3日分の食料、飲料の確保 ・エリア別の避難集会 ・防寒グッズ ・災害時カードの作成(保護者との約束)
  • 市原市
  • 共学
市原中央高等学校
・生徒、教職員用の食料、飲料水1泊分と懐中電灯を備蓄しています。 ・避難訓練年1回
  • 木更津市
  • 共学
木更津総合高等学校
・避難訓練 年2回 ・生徒、教職員用の食料、飲料水1泊分と防寒シート、懐中電灯を備蓄しています。
  • 木更津市
  • 共学
暁星国際高等学校
災害時、帰宅が困難な生徒は安全に帰宅できるようになるまで寮にてお預かりします
  • 千葉市
  • 共学
敬愛学園高等学校
避難訓練実施、災害用備蓄あり。
  • 柏市
  • 共学
芝浦工業大学柏高等学校
・年1回6月に「安全の日」を設け、講義や安全指導を行っています。(年1回) ・災害時避難訓練を行い、帰路別下校を行っています。(年2回)
  • 野田市
  • 共学
西武台千葉高等学校
地震自動警報システム、防災倉庫
  • 木更津市
  • 共学
拓殖大学紅陵高等学校
防災避難訓練を消防署とともに実施(4月、10月)
  • 八千代市
  • 共学
千葉英和高等学校
防災訓練を定期的に実施
  • 東金市
  • 共学
千葉学芸高等学校
生徒1人につき、3日分の非常食、飲料水、アルミシールを備蓄している。
  • 千葉市
  • 共学
千葉経済大学附属高等学校
9階建ての新館は、免震構造となっており、地震を1/3~1/5に軽減させるため、安心・安全な学校生活を送ることができる。
  • 館山市
  • 共学
千葉県安房西高等学校
・本校が津波一次避難所になっています。 ・全校舎、体育館、耐震化完了
  • 千葉市
  • 女子
千葉聖心高等学校
避難訓練等
  • 我孫子市
  • 共学
中央学院高等学校
・防災セット(水・飲料水3日分・ブランケット)1,100名分常備 ・年2回(5月・10月)に防災訓練を実施
  • 浦安市
  • 共学
東海大学付属浦安高等学校
避難訓練の実施
  • 船橋市
  • 共学
東葉高等学校
船橋市内の私立として唯一の「船橋市指定防災避難所」に指定。備蓄品多数。また、全校生徒・職員分の水および食糧3日分と毛布を用意。
  • 柏市
  • 共学
二松學舍大学附属柏高等学校
・生徒入学時に防災グッズ一式を全員分用意します。三年間備蓄いたします。
  • 船橋市
  • 共学
日本大学習志野高等学校
・年間2回 避難訓練実施。消防の方からもお話いただく。 ・AED講習(PUSH講習)も2回(年間)実施している。(希望者および運動部員)
  • 山武郡
  • 共学
横芝敬愛高等学校
・学校ホームページ、学校LINEによる緊急時の連絡の配信。 ・定期的な避難訓練の実施。
  • 柏市
  • 共学
麗澤高等学校
・防災に関する訓練日、学校内に宿泊施設もあり。緊急時に対応できる ・Rネットによる災害時にも対応した連絡手段
  • 市川市
  • 共学
日出学園高等学校
・学期毎に1回避難訓練を実施 ・生徒全員分のヘルメットを各教室に設置



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?