2021-04-28

災害・地震対策の取り組み 高校【埼玉】

首都圏では30年以内に、約70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると予測されています。いつ発生するかわからない災害に向けて、学校はどのような対策を行っているのでしょうか。このページでは、学校における災害・地震対策の取り組みを紹介しています。

※教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケート(※2021年冬実施)にご回答いただいた情報を掲載中です。スペースの都合上、すべての情報が掲載されているわけではありませんので、未掲載校やさらに詳しく調べたい方は、各学校のHP等でご確認ください。

高校

  • 坂戸市
  • 共学
筑波大学附属坂戸高等学校
在校生分の災害備蓄品を購入している。
  • 狭山市
  • 女子
秋草学園高等学校
年に一度、9月又は10月 防災避難訓練を実行している。
  • 比企郡
  • 女子
大妻嵐山高等学校
施設、備蓄共に万全です。
  • 加須市
  • 共学
開智未来高等学校
危機対応マニュアル(校内作成)に沿って対応
  • 川越市
  • 男子
川越東高等学校
・災害用の食料の備蓄(カンパン[1,500缶]、飲料水[500ml 3,000本]等) ・毛布500枚 ・年2回訓練実施(AED使用については年1回 心肺蘇生法も含め体育の授業で実習)
  • 北足立郡
  • 共学
国際学院高等学校
交通安全教室・防火防災訓練・AED講習等を実施。
  • 越谷市
  • 共学
叡明高等学校
在校生には、防災キットを購入してもらい、3年間校内に保管。
  • さいたま市
  • 共学
埼玉栄高等学校
・年2回、避難訓練を実施 ・防災倉庫に緊急時用の水、食料、防災グッズ等を備蓄
  • 入間郡
  • 共学
埼玉平成高等学校
年間行事の中に、避難訓練を設定しております。
  • さいたま市
  • 共学
栄東高等学校
・校舎はすべて耐震構造となっています。 ・災害対策として、緊急地震速報受信機設置、ガイガーカウンターによる放射線量の測定、飲料水、食糧の備蓄、アルミブランケット、非常用トイレの用意。 ・避難訓練、防火、防災訓練の実施、救急、危機管理研修会の実施をしています。
  • 川越市
  • 男子
城西大学付属川越高等学校
防災訓練の実施、自然災害マニュアルの配布、非常食の備蓄等。
  • 川越市
  • 男子
城北埼玉高等学校
年1回、防災訓練を実施
  • 新座市
  • 共学
西武台高等学校
1学期に1度、避難訓練を実施。校舎の耐震工事済。
  • 飯能市
  • 共学
聖望学園高等学校
防災訓練の実施や非常用電源の設置、デジタルナマズ(地震速報)、在校生の備蓄(水・食糧、毛布など)(2日分)など
  • 東松山市
  • 共学
東京農業大学第三高等学校
防災訓練の実施、定期的な点検など
  • 蕨市
  • 共学
武南高等学校
危機管理マニュアルに添って対応する。
  • 志木市
  • 共学
細田学園高等学校
学期ごとに、安全教育・火災訓練・防災訓練実施
  • 入間郡
  • 共学
武蔵越生高等学校
定期的に避難訓練を実施。乾パン、水、毛布、マスク等を備蓄。
  • 新座市
  • 男子
立教新座高等学校
発電機や備品、食材をストックし、定期的に点検・交換している
  • 本庄市
  • 共学
早稲田大学本庄高等学院
感染症対策として校舎入口での検温、教室のパーテーション設置などを実施している。



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?