2019-03-01

災害・地震対策の取り組み 高校【東京】

首都圏では30年以内に、約70%の確率でマグニチュード7クラスの地震が発生すると予測されています。いつ発生するかわからない災害に向けて、学校はどのような対策を行っているのでしょうか。このページでは、学校における災害・地震対策の取り組みを紹介しています。

※教育開発出版(株)と旺文社から学校に発送したアンケート(※2019年冬実施)にご回答いただいた情報を掲載中です。スペースの都合上、すべての情報が掲載されているわけではありませんので、未掲載校やさらに詳しく調べたい方は、各学校のHP等でご確認ください。

高校

  • 世田谷区
  • 男子
筑波大学附属駒場高等学校
・防災、避難訓練実施 ・耐震構造 ・救命救急訓練 ・Jアラート等受信可
  • 世田谷区
  • 共学
東京学芸大学附属高等学校
校舎の耐震性のチェックなど基本的な対策はとっています。
  • 武蔵野市
  • 共学
武蔵高等学校
・緊急対応リーフレットの配布、防災訓練の実施、耐震検査の実施 ・食料の備蓄、緊急メール一斉配信システムの利用
  • 江戸川区
  • 女子
愛国高等学校
・様々な設定での避難訓練を年3~4回行っている。 ・飲料、食料、簡易トイレ、毛布など備蓄。 ・地区別に分かれて避難方法の確認。 ・緊急地震速報装置完備
  • 足立区
  • 男子
足立学園高等学校
年2回の防災訓練を実施している。教職員による自衛消防隊は毎年訓練審査会に出場し、生徒の自衛少年消防隊は年間を通して計画的に訓練している。
  • 北区
  • 女子
安部学院高等学校
生徒の安全を第一に考えている。災害、地震等の規模に応じて細かく対策を考えている。
  • 台東区
  • 共学
岩倉高等学校
・防災訓練の実施 ・非常食の備蓄
  • 町田市
  • 共学
桜美林高等学校
・災害時対応マニュアルの作成 ・防災訓練の実施 ・被災地の方などを招いての講演など
  • 荒川区
  • 男子
開成高等学校
・防災マニュアル作成 ・防災訓練実施
  • 豊島区
  • 女子
川村高等学校
・防災教育の推進(災害時に生徒が主体的に行動できるよう中高6年間を見通した系統的・体系的な指導を進めている。) ・避難訓練の充実、緊急事態における適切な行動と判断能力が身につけられるよう火災、地震、不審者対応等、状況に応じた訓練を8回程度行っている。 ・レスキューポーチを携帯している。 ・情報収集、伝達システムの確立(緊急事態発生時など、一斉メールの配信を行っています。) ・登下校時の安全確保(交通機関の混乱状況に応じて中高生が縦割り、方面別で通学班を構成し、集団で登下校を行っている。)
  • 渋谷区
  • 共学
関東国際高等学校
定期的に避難訓練を実施。
  • 江戸川区
  • 共学
関東第一高等学校
・年に一度、全校生徒を対象とした避難訓練を実施。 ・全生徒が3日間生活できる備蓄品を用意。
  • 葛飾区
  • 共学
共栄学園高等学校
年3回避難訓練実施、飲料水・非常食・医薬品等を常備、緊急時保護者一斉メール
  • 八王子市
  • 女子
共立女子第二高等学校
全校生徒と教職員が3日間しのぐことができる備蓄があります。
  • 小平市
  • 共学
錦城高等学校
食料、水、毛布、トイレ(簡易、携帯)、軍手、頭巾、ロールマット、ランタン、医薬品、生理用品などを常時備蓄している。また、個人用非常持ち出し袋を生徒全員分備蓄している。
  • 国立市
  • 共学
国立音楽大学附属高等学校
・すべての校舎で最新の耐震基準をクリア ・全生徒の非常食、飲料水、非常用生活用品を備蓄
  • 文京区
  • 男子
京華高等学校
全校生徒への災害時の備蓄、帰宅困難時の教室での生徒宿泊シュミレーション、「災害伝言板」「NTTフェアキャスト」などでの一斉配信。防災委員による倒壊箇所等の定期学内点検、自衛消防隊、全教職員の救命技能認定取得。
  • 千代田区
  • 女子
麹町学園女子高等学校
校舎は耐震性の構造となっています。非常食、飲料水の備蓄、医薬品、防寒具、簡易トイレも備えがあります。避難訓練も全校生徒で定期的に行っています。
  • 世田谷区
  • 女子
佼成学園女子高等学校
・校舎は耐震補強済み ・防災関連用品(乾パン・簡易トイレ・防災用水等)の確保。緊急地震速報器の設置。避難訓練の実施。
  • 渋谷区
  • 共学
國學院高等学校
防災備蓄品、生徒・教職員の防災訓練、災害時の宿泊体制、近隣の飲食店との連携
  • 杉並区
  • 別学
国学院大学久我山高等学校
・年に2回 校内にて避難訓練を実施 ・3日分の防災備蓄品の完備 など
  • 小金井市
  • 共学
国際基督教大学高等学校
武蔵野の面影を残す広い校地、また併設大学に隣接していますので、防災対策は万全です。耐震強度を持つ校舎や学寮施設はもちろん、震災に備えて防災備蓄も三日分以上を確保しています。全校生徒と全教職員が行う防災訓練も年に二回実施、また救急救命法の講習など、教職員が毎年受講しています。緊急時には、フェアキャストを使用した迅速な連絡を行います。
  • 世田谷区
  • 共学
国士舘高等学校
災害時の対応マニュアルを作成し、防災訓練を実施。また、生徒全員が1週間過ごせる個人防災備蓄品を完備している。
  • 文京区
  • 共学
駒込高等学校
・避難訓練の実施 ・フェアキャスト導入 ・毛布、水、食料、全生徒分の備蓄
  • 世田谷区
  • 女子
下北沢成徳高等学校
・災害時非常持出袋を各自に配布 ・寝具の準備 ・3日分の飲食料品保管
  • 目黒区
  • 男子
自由ヶ丘学園高等学校
・生徒全員分の寝袋と非常食、非常用飲用水を備蓄しています。 ・防災訓練を行っています。
  • 豊島区
  • 女子
十文字高等学校
非常用の備蓄(飲料水、食料、毛布)が全生徒、全職員分用意されています。ほぼ1週間分。年2回避難訓練を実施しています。
  • 豊島区
  • 共学
淑徳巣鴨高等学校
食糧の備蓄・防災訓練
  • 北区
  • 共学
順天高等学校
王子キャンパス本館は震度7の耐震構造。地下に、生徒全員分の災害時非常食、毛布を備蓄。生徒一家族には「COCOねっと 災害時被災報告カード」(保護者との間の災害時伝言板用)を3枚支給している。また、保護者の携帯電話に一斉メールシステムを持つ。避難場所は本館裏手の王子神社と中央公園。
  • 豊島区
  • 共学
城西大学附属城西高等学校
全校生徒3日分の食料・生活用品を備蓄
  • 立川市
  • 共学
昭和第一学園高等学校
災害時の備蓄(食糧・寝具等)、避難訓練の実施、防災マニュアル(教員用)の作成
  • 豊島区
  • 共学
昭和鉄道高等学校
・全校生徒の食料、トイレ、毛布は3日間備蓄あり ・校舎、施設の耐震は問題なし ・保護者への通知は主に一斉メールで
  • 杉並区
  • 女子
女子美術大学付属高等学校
・防災、防犯マニュアルに基づき、各学期に防災訓練を実施。 ・防災、防犯について、講習会や研修会を実施。 ・全教職員は隔年で普通救命講習を受講。 ・生徒は、1年次、普通救命講習を全員受講。
  • 小平市
  • 女子
白梅学園高等学校
・年3回、火災と地震を想定した避難訓練の実施 ・非常時に備え、生徒全員分の非常食、飲料水の備蓄体制 ・緊急連絡カードの作成
  • 杉並区
  • 共学
杉並学院高等学校
震度4以上の揺れに対し、緊急地震速報を事前に放送します。また、全生徒分のタタメットや飲料品などの防災品を準備しています。
  • 武蔵野市
  • 共学
成蹊高等学校
「Fair Cast」(子ども安全連絡網)の利用や本校ホームページへの掲載等により、速やかな情報伝達に努めています。
  • 世田谷区
  • 共学
成城学園高等学校
生徒・教師用の毛布、水、食料など3日間の学校生活に必要な物資を確保している。
  • 千代田区
  • 男子
正則学園高等学校
・防災訓練 ・校舎は耐震性も高くマグニチュード8クラスにも耐えられる ・帰宅困難時の食品等の備蓄
  • 杉並区
  • 共学
専修大学附属高等学校
・9月1日防災の日に、避難生活体験、学期に1回は防災訓練を生徒に行っている。 ・災害対応ガイドラインに沿って、防災図上訓練を教員が行っている。
  • 三鷹市
  • 共学
大成高等学校
生徒、教職員用の毛布、シュラフを人数分、準備してあり、食料・飲料も生徒・教職員が3日間過ごせるように備蓄してあります。また、災害の時に使用可能なトイレ、衛生用品を準備してあります。
  • 北区
  • 女子
瀧野川女子学園高等学校
・非常用飲料水、食料、医薬品等の備蓄 ・保護者への災害時緊急メール連絡 ・定期的な防災訓練の実施 ・緊急地震速報の受信機器を設置 ・校舎の耐震診断、耐震化
  • 立川市
  • 女子
立川女子高等学校
全校生徒分の備蓄品があります。
  • 目黒区
  • 共学
多摩大学目黒高等学校
家庭への防災マニュアルの配付、非常用品、水、食料の備蓄、年数回の避難訓練など。
  • 文京区
  • 共学
中央大学高等学校
・避難訓練、防災備蓄品(概ね3日間生活可能な飲料水、非常用食糧、医療薬品) ・消火器訓練 ・学校全体として備蓄品の他に個人用防災袋(生徒用)を備える
  • 杉並区
  • 共学
中央大学杉並高等学校
・専任教諭3名が「防災士」の資格をもつ(防災教育の推進防災環境の整備など) ・杉並区、荻窪病院(=災害拠点病院)、本校で三者協定を結び、激甚災害発生時は本校校舎の一部を延長病棟とする
  • 千代田区
  • 女子/共学
武蔵野大学附属千代田高等学院
・毎年、定期的に避難訓練等を実施。 ・非常時に備え、備蓄あり。
  • 板橋区
  • 共学
帝京高等学校
マニュアル作り、定期的な避難訓練、備蓄
  • 文京区
  • 共学
貞静学園高等学校
耐震校舎、避難訓練、消火訓練、救命救急訓練の実施。非常食・飲料水・防寒具・医薬品の備蓄。簡易トイレ、発電機の備え、緊急地震速報受信装置、安否情報のウェブページへの掲載、緊急時の電話・FAXによる連絡、防災班編成、災害時対応マニュアルの作成。
  • あきる野市
  • 共学
東海大学菅生高等学校
飲料水、非常食を備蓄。緊急地震速報の受信機器を設置。避難訓練を実施。マニュアル作成。
  • 港区
  • 共学
東海大学付属高輪台高等学校
年2回の避難訓練
  • 大田区
  • 共学
東京高等学校
体育館倉庫に食料・水を備蓄
  • 千代田区
  • 女子
東京家政学院高等学校
食料、寝具等を倉庫に備蓄。
  • 板橋区
  • 女子
東京家政大学附属女子高等学校
本学園は災害時の避難場所になっているため、基本的な対応・準備はととのっています。防災用品(食料・水・医療品)の保管、避難経路の確保と点検・防災訓練の実施、防災マニュアル・大地震対応マニュアルの発行。その他、自衛消防隊組織を設置しています。
  • 練馬区
  • 女子
東京女子学院高等学校
災害時に全校生徒3日間分の食糧を備蓄。その他、防災用品は計画的に準備(トイレ、シュラフ、発電機など)
  • 北区
  • 共学
東京成徳大学高等学校
・災害時マニュアル(生徒・家庭用・教職員用)完備 ・避難訓練(年2回)実施 ・緊急情報メール配信システム運用 ・耐震工事完了 ・各種備蓄
  • 小金井市
  • 共学
東京電機大学高等学校
・自家発電装置あり。 ・生徒会が2017年に「DISASTER PREVENTION HANDBOOK 2017」(避難マップ)を作成。このことで、「日本生徒会大賞」(2017)を受賞しました。 ・全生徒数(約1,200名)×3食分×3日間の備蓄。簡易寝具も全生徒分あり。 ・TDV4D-Lab(探求型総合学習)のグループ(Labラボ)の1つに「災害レンジャー」があります。
  • 世田谷区
  • 共学
東京農業大学第一高等学校
4月に調査の上対応(帰宅させる、保護者が迎えに来る、学校で待機)
  • 中野区
  • 共学
新渡戸文化高等学校
小中高並びに子ども園~短大までの学園全体での防災訓練を定期的に実施
  • 杉並区
  • 共学
東京立正高等学校
年2回訓練実施、全校生徒3日間宿泊可能(食料等)、学校HPとメール配信にて情報公開
  • 文京区
  • 共学
東邦音楽大学附属東邦高等学校
・災害時、緊急時 緊急連絡網システム導入 ・防災、避難訓練 毎年実施(主に消火訓練、煙体験など)
  • 国立市
  • 男子
桐朋高等学校
耐震性能に優れた新校舎が2年前に完成。年2回の全校避難訓練(うち一度は生徒に予告せず実施)に加え、年1回の防災教育を実施している。非常用として、全生徒に対して3日分の食料、および毛布などを備蓄している。
  • 千代田区
  • 共学
東洋高等学校
校舎がビルになっていることもあり緊急時対応の一貫として、各階にAEDを設置すると同時に、年次当初には教員を対象とした講習会を実施している。また、各教室には、全生徒分の折りたたみ式のヘルメットを常備し、日常的に利用しているエレベーター内には1週間分の飲料水、非常食、簡易トイレや非常用ブランケットを常設している。4月には校舎オリエンテーションを実施して、避難経路の確認を行うと同時に、震災を想定した避難訓練も実施している。
  • 豊島区
  • 女子
豊島岡女子学園高等学校
全校生徒が3日間滞在できるだけの備蓄(防災倉庫および個人所有)、防災防犯マニュアルの策定、緊急地震速報器の設置、避難訓練の実施、教職員および生徒対象のAED講習会の実施、学年朝礼における防災講話、教職員の防災講習会、池袋防災館における防災体験学習、緊急メール連絡システムの導入
  • 豊島区
  • 共学
豊島学院高等学校
水、食糧等、全校生徒3日分の備蓄。
  • 品川区
  • 女子
日本音楽高等学校
・ブランケット、水、食料(ビスケット等)の備蓄 ・年に数回の避難訓練
  • 世田谷区
  • 男子
日本学園高等学校
・校舎は耐震構造工事終了済み。 ・9月に防災避難訓練を行っている。 ・食料備蓄は生徒1人当り3日分ある。
  • 世田谷区
  • 女子
日本女子体育大学附属二階堂高等学校
耐震工事は完了しています。
  • 杉並区
  • 共学
日本大学第二高等学校
年度毎に2回、全校防災訓練(避難訓練及び防災講話)を実施。加えて、教職員は年度毎に1回のAED講習及び食物アレルギー対応の講演を受講。また、全生徒は株式会社NTTデータが提供する子ども安全連絡網に加入しており、緊急時の学校⇔ご家庭との連絡を可能にしている。受験日の不測の事態に対してはテレトップの提供するテレドームシステムで学校⇔受験生・受験生保護者との連絡を可能にしている。
  • 杉並区
  • 共学
日本大学鶴ヶ丘高等学校
・仮設トイレは10基あります。 ・全校生徒3日分の保存用パンと水の備蓄があります。 ・その他、毛布、発電機などもあります。
  • 文京区
  • 男子
日本大学豊山高等学校
新校舎制震構造
  • 板橋区
  • 女子
日本大学豊山女子高等学校
日常から安全衛生点検を行っており、廊下や部室等、災害時に予想される危険な箇所を整備・点検を行っている。火災・地震を想定した避難訓練の実施はもとより、常日頃からの災害時に冷静に行動できるよう指導している。非常食はアルファ米・クッキー・保存水等3食3日分を備蓄。
  • 目黒区
  • 共学
目黒日本大学高等学校
避難訓練を毎学期に実施しております。消防署の方を呼び、講演を行なっております。
  • 西東京市
  • 女子
文華女子高等学校
・保護者向け一斉メール配信で、家庭には対応しています。 ・数日分の備蓄品(食料ほか)があり、生徒全員が万一の際には待機万能です。
  • 杉並区
  • 共学
文化学園大学杉並高等学校
食料備蓄、耐震基準クリア済み
  • 中野区
  • 女子
宝仙学園高等学校 女子部
避難訓練の実施、備蓄(3日分)
  • 豊島区
  • 共学
豊南高等学校
飲料水、食品等の備蓄、防災訓練の実施。
  • 新宿区
  • 男子
保善高等学校
年3回の避難訓練を実施。生徒1人につき3日分の非常食の備蓄や、全校生徒分のヘルメット・軍手・毛布などを確保。メール配信システムやホームページで緊急連絡体制も完備している。
  • 中野区
  • 共学
堀越高等学校
・免震構造の校舎 ・非常食、飲料、防寒、シートセット、ヘルメット、毛布は生徒全員分。その他救急セット、マジックライス、コンロ、テント、投光器、ポータブルトイレなどを備蓄 ・メール配信システム ・防災訓練実施など
  • 港区
  • 共学
明治学院高等学校
・年2~3回の避難訓練を実施 ・3日分の食料、水等を備蓄(全校生徒、教職員分) ・緊急時安否確認システムあり
  • 八王子市
  • 共学
明治大学付属中野八王子高等学校
非常食を用意し、校内にいる生徒には講堂や食堂などで避難させています。「ウェブでお知らせ」などを活用し、災害を想定したときの訓練も行います。
  • 新宿区
  • 共学
目白研心高等学校
全生徒が4日間生活できるよう食料・水などを用意している。
  • 町田市
  • 共学
和光高等学校(東京都)
・年に3回の避難訓練 ・「震災時の登下校調査用紙」を毎年4月に提出してもらい、保護者との連絡方法、生徒の下校についての確認を行っている。 ・「大地震対応マニュアル」を生徒に配布し、いつも持ち歩くように指導している。 ・食料、飲料水、毛布、寝袋、その他災害用品の備蓄
  • 国分寺市
  • 共学
早稲田大学系属早稲田実業学校高等部
・備蓄倉庫、保護者への一斉メール配備 ・定期的な避難訓練
  • 豊島区
  • 男子
学習院高等科
・全生徒、家庭、教職員に一斉メール配信可能な連絡システム ・防災対策マニュアルの整備 ・定期的避難訓練 ・緊急地震速報の導入 ・物資の備蓄 ・防災マップの作成と全生徒への配布
  • 昭島市
  • 共学
啓明学園高等学校
・備蓄品(食料等、3日間分) ・避難訓練の実施
  • 武蔵野市
  • 共学
聖徳学園高等学校
・災害時対応マニュアル発行、全生徒に配布 ・災害用キット(3日分)を入学時に購入 ・全校舎耐震工事済 ・震度4以上の場合、緊急地震速報が全校放送される ・学校ホームページの緊急連絡 ・緊急連絡時、学内SNSを活用
  • 町田市
  • 共学
玉川学園高等部
防災(避難訓練)を定期的に行っています。
  • 世田谷区
  • 女子
玉川聖学院高等部
非常食・水・寝袋等の備蓄
  • 八王子市
  • 女子
東京純心女子高等学校
3日分の備蓄品、メール配信サービス、訓練の実施
  • 中野区
  • 共学
宝仙学園高等学校共学部理数インター
避難訓練の実施、備蓄(3日分)
  • 清瀬市
  • 共学
東星学園高等学校
・防災避難訓練の実施 ・災害備蓄品3日分
  • 目黒区
  • 女子
八雲学園高等学校
「安否確認システム」・「災害時被災者報告システム」の2種類のシステムを導入しています。備蓄品のほか、全校生徒が3日間過ごせる食料品・水などを用意しています。
  • 豊島区
  • 男子
立教池袋高等学校
(1)非常用飲料水・乾パン・毛布等については、最低限準備してあります。 (2)学校におけるその他の対策(a)生徒を帰宅させた後、水の汲み置き、備品等の転倒、落下防止、火気、薬品類による火災防止、消火器及び応急備品の点検、施設、設備の点検など、地震による被害の軽減を考えます。(b)学校に残留し保護する生徒のために、必要な人員の確保については、予め定めてある緊急時の教職員の役割分担に従って措置をとります。
  • 町田市
  • 共学
サレジオ工業高等専門学校
校長を委員長とする危機管理委員会を設置し、「緊急安全マニュアル」を教職員全員に配布すると同時に、担任を通して学生に周知。また災害備蓄品を常時準備し、年1回避難訓練を実施。緊急時では 「電話連絡網」が機能しないことも考えられるため、「電話連絡網」の代わりに「メール配信システム」により必要な時(休校、事件事故、出欠、連絡等)に学校からの配信として運用。



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

学校説明会や合同説明会に行きましたか?【受験生(保護者)に質問】