2018-04-09

帰国生を受け入れる中学校【千葉】

●概要を一覧掲載

国際理解教育の一環として、異文化を体験した帰国生を積極的に受け入れる学校が増えてきています。
帰国生に対する受け入れ態勢は、以前よりも充実してきたといえるでしょう。しかし、海外で生活し、教育を受けてきた子どもにとって、国内一般受験生と同じ選抜方法で選考されてしまうと不利になる場合もあることは否めません。

●必ず学校に詳細の確認を

ここでは帰国生の受け入れについてのアンケート結果にもとづき、2018年度入試において、帰国生に配慮して特別枠を設けていたり、国内の一般受験生とは条件や選抜方法が異なっていた中学校を紹介しました。募集人員や条件、入試日程はいずれも2018年度入試の実施結果です。なお、一覧の表記における「海外在住期間」は継続しての期間を表します。出願時に海外在住証明書や成績証明書などが必要な学校もあります。詳細は各校に直接問い合わせてください。

この記事は『2019年度入試用中学受験案内』より転載いたしました。

市川中学校定員若干名の12月帰国生入試と、一般入試第1回の枠内で帰国生入試を実施。12月帰国生入試は小学校入学から海外滞在1年以上、一般入試第1回は海外滞在1年以上、帰国後3年以内の者が対象。12月帰国生入試は国・算・英A・英B、一般入試第1回は国・算・理・社で選抜。12月帰国生入試の国・算は一般入試と同問題、英Aは英検2級程度の記述問題、英Bは英語の作文。入学後は一般生との混合クラスだが、1・2年次はネイティブ教員による英語の特別授業を週7時間行う。※昨年度(2018年度)入試情報
暁星国際中学校一般入試の枠内で帰国生入試を実施。帰国生にはインターナショナルコースの受験を推奨。インターナショナルコースは英検3級以上。国、算または英、算の選択可、算は日本語表記または英語表記を選択、個別面接(先生1名と英語で約15分)により選抜。合否判定は、面接を重視する。英検2級以上は考慮する。帰国生対象の編入試験(1・2年次対象)も実施している。※昨年度(2018年度)入試情報
芝浦工業大学柏中学校一般入試第1・2回の枠内で帰国生入試を実施。募集は若干名。原則として海外に2年以上在住かつ帰国後2年以内の者。学力試験は一般入試と同じだが、帰国生のみ面接を課し、重視する。出身校、海外在住期間、帰国時期によって、合否判定や面接の際に適宜、配慮した。英検3級以上のレベルで英語入試(リスニングと英語による口頭試問)を同時出願すれば、若干の加点を行う。※昨年度(2018年度)入試情報
渋谷教育学園幕張中学校定員約20名。原則として海外在留経験のある者。帰国後の年数は問わない。一般入試一次試験との併願可能。出願日=12月15日~1月10日。試験日=1月20日。合格発表日=1月24日。英語(筆記・リスニング、エッセイ)とグループ面接(日本語と英語、日本人の先生3名・ネイティブの先生2名と受験生4名で25分)で選抜。入学後、英語は中高通して6年間別クラス、数学・国語は2年間少人数授業で時間をみて一般生に合流、他教科は一般生と同じ授業となる。※昨年度(2018年度)入試情報
翔凜中学校一般入試の枠内で実施。面接を重視し、合否判定の際に条件に配慮する。自分の言葉で一生懸命に話すことができるかを見る。英検2級以上は考慮する。得点に関係なく、小学校での欠席理由によって合格が難しくなる場合がある。※昨年度(2018年度)入試情報
昭和学院中学校海外の学校に1年以上在籍、5年生以降に帰国した者が対象で、合否判定は個々の状況に応じて配慮する。定員若干名。出願期間・試験日などは第1回(推薦)入試と同じで、科目のみ英・国または算・国と個別面接(先生2名と3~5分間、保護者1名同伴可)となる。英検3級以上は考慮する。面接は、受験生は重視、保護者は参考程度。※昨年度(2018年度)入試情報
聖徳大学附属女子中学校帰国生受け入れ制度はあらかじめ設けないが、該当者がいる場合は個々の事情に応じて配慮する。※昨年度(2018年度)入試情報
西武台千葉中学校一般入試第一志望の枠内で帰国生入試を実施。募集は5名。学力試験は一般入試の2科(国・算)と同じで、日本語の個別面接(保護者1名同伴可)を行う。面接はきわめて重視する。入学後は一般生と混合の進学クラスになる。※昨年度(2018年度)入試情報
専修大学松戸中学校一般入試と同時に帰国生入試を実施。募集は若干名。出願資格は海外在住1年以上、小学校入学後に帰国した者。国・算・理・社の学科試験と、日本語と英語による個別面接(日本人・ネイティブ計2名の先生と約5~10分)を行う。※昨年度(2018年度)入試情報
東邦大学付属東邦中学校定員は特に定めない。推薦・前期・後期入試の枠内で帰国生入試を行う。出願資格は海外での就学期間が2年以上の者。または海外での就学期間が1年以上で、海外の学校に在籍、あるいは国内の小学校に在籍し、帰国後3年以内であること。ボーダーの際にやや優遇する。※昨年度(2018年度)入試情報
二松學舍大学附属柏中学校全ての入試で受け入れを実施。出願時に「帰国子女入学試験報告書」を提出する。原則として海外在住1年以上、帰国後3年以内だが、これに当てはまらない場合は応相談。一般入試と入試問題は同じだが、国語・算数の2科受験と日本語での個別面接を行う。入学後、希望者には語学力保持のために週1回、英会話講習を行う。さらに希望者には数学と国語の補習も行う。※昨年度(2018年度)入試情報
麗澤中学校一般入試と同日・同一問題で、合否判定の際、総合点に15点加点優遇あり。出願資格は海外の学校に通算1年以上在籍し、帰国後3年以内の者。インターネット出願の際、「帰国生に対する優遇」の項目に必要事項を記入。試験当日には海外の学校に在籍していた証明書類などを提出する。※昨年度(2018年度)入試情報
和洋国府台女子中学校定員若干名。5年生以降の帰国生対象。基礎学力テスト(国・算。各40分)、個別面接(先生2名と日本語で10分)で選抜。面接の質問は、「海外で学んだこと」「入学後の生活・部活動」など。テストは小学校の教科書レベル。英検などの資格は、ボーダーラインの際に考慮。※昨年度(2018年度)入試情報
千葉大学教育学部附属中学校定員男女計約12名。2012年4月1日から2018年3月31日の期間中において、在外生活が2年以上にわたり、2015年3月1日から2018年3月31日までに帰国または帰国予定者など。出願日=1月9日・10日。試験日=1月22日。作文(日本語)・保護者同伴面接で選抜。合格発表日=1月23日。2018年は、応募者18名、受験者17名、合格者12名。※昨年度(2018年度)入試情報



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

志望校のSNSはチェックしますか?【保護者に質問】