2017-03-27

帰国生を受け入れる中学校【東京】

●概要を一覧掲載

国際理解教育の一環として、異文化を体験した帰国生を積極的に受け入れる学校が増えてきています。 帰国生に対する受け入れ態勢は、以前よりも充実してきたといえるでしょう。しかし、海外で生活し、 教育を受けてきた子どもにとって、国内一般受験生と同じ選抜方法で選考されてしまうと不利になる場合もあることは否めません。

●必ず学校に詳細の確認を

ここでは帰国生の受け入れについてのアンケート結果にもとづき、2017年度入試において、帰国生に配慮して特別枠を設けていたり、国内の一般受験生とは条件や選抜方法が異なっていた中学校を紹介しました。募集人員や条件、入試日程はいずれも2017年度入試の実施結果です。なお、一覧の表記における「海外在住期間」は継続しての期間を表します。出願時に海外在住証明書や成績証明書などが必要な学校もあります。詳細は各校に直接問い合わせてください。

この記事は『2018年度入試用中学受験案内』より転載いたしました。

跡見学園中学校 定員若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内など。出願日=11月21日~24日。試験日=11月26日。国・算・作文(日本語)・保護者(1名)同伴面接(約20分)で選抜、英検3級以上取得者は考慮する。合格発表日=11月26日。※昨年度(2017年度)情報
郁文館中学校 定員若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内など。出願日=1回12月1日~7日、2回12月1日~21日、3回12月1日~1月4日。試験日=1回12月10日、2回12月24日、3回1月7日。国・算・英から2科選択。合格発表日=1回12月10日、2回12月24日、3回1月7日。※昨年度(2017年度)情報
穎明館中学校 定員若干名。一般入試の枠内で募集。海外在住が連続して1年以上、帰国後3年以内。出願日=1回1月20日~30日、2回1月20日~2月1日、3回1月20日~2月3日(窓口)。試験日=1回2月1日、2回2月2日、3回2月4日。国・算・理・社(現地校出身者は理・社の代わりに英)・面接(先生2名と約10分)で選抜。合格発表日=1回2月1日、2回2月2日、3回2月4日。※昨年度(2017年度)情報
江戸川女子中学校 定員は一般募集に含む。海外生活経験者で、帰国が日本の小学校入学以降であること。出願日=11月24日~30日。試験日=12月4日。基礎学力(国・算)・英(選択・成績により優遇あり)で選抜、海外在住期間、帰国時期の条件を配慮する。合格発表日=12月4日。帰国生入試受験者はAO入試の受験不可。2017年は、応募者42名、受験者40名、合格者28名。※昨年度(2017年度)情報
桜美林中学校 一般入試で該当者がいる場合、ボーダーラインで配慮する。海外在住1年以上、帰国後3年以内。※昨年度(2017年度)情報
鴎友学園女子中学校 一般入試で該当者がいる場合、5~20点加点。原則として海外在住1年以上、帰国後3年以内だが、こだわらずに柔軟に対応する。※昨年度(2017年度)情報
大妻中学校 定員若干名。保護者の海外在留による海外在住継続1年以上、帰国後2年9か月以内(2016年3月1日以降帰国)。出願日=11月19日~12月3日(Web出願のみ)。試験日=1月7日。国・算・保護者(1名)同伴面接(先生2名と約15分)で選抜。合格発表日=1月7日。2017年は、応募者67名、受験者47名、合格者31名。※昨年度(2017年度)情報
大妻多摩中学校 帰国生対象入試を実施。定員若干名。海外在住1年以上、国内の小学校に4年~6年生で編入帰国した児童など。出願日=11月14日~26日(Web出願のみ)。試験日=11月27日。日本語作文・計算力確認試験・面接(先生2名と約10分)で選抜。合格発表日=11月27日。2017年は、応募者21名、受験者20名、合格者16名。※昨年度(2017年度)情報
大妻中野中学校 定員36名。海外在住1年以上、2014年4月1日以降帰国など。出願日=1回11月8日~24日(郵送のみ、必着)と11月25日(窓口)、2回12月19日~1月12日(郵送のみ、必着)と1月10日~13日(窓口)、3回1月20日~30日(郵送のみ、必着)と1月30日~2月2日(窓口)。期間中Web出願も可。試験日=1回11月26日、2回1月14日、3回2月3日。1・2回:国・算・面接または英・面接、3回:英・面接で選抜。面接は保護者(1名)同伴面接(先生2名と約15分)。英検2級以上またはTOEIC630点以上の取得者は考慮する。合格発表日=1回11月26日、2回1月14日、3回2月3日。※昨年度(2017年度)情報
海城中学校 定員30名。2011年4月1日から2017年3月31日の間に2年以上海外に在住し、2014年7月1日以降帰国など。出願日=12月12日~1月6日(郵送は12月16日必着)。試験日=1月7日。A方式:国・算・理・社・面接、B方式:算・総合・面接、C方式:算・総合・英(自由記述の作文)・面接(ABCいずれも先生2名と約10分)で選抜。合格発表日=1月8日。2017年は、応募者148名、受験者148名、合格者63名。※昨年度(2017年度)情報
開智日本橋学園中学校 定員1・2・3回GLC計20名(一般入試含む)。海外在住1年以上、帰国後3年以内(応相談)など。出願日=1回11月7日~18日(郵送)、11月26日(窓口)、2回11月7日~12月9日(郵送)、12月17日(窓口)、3回11月7日~12月30日(郵送)、1月7日(窓口)。試験日=1回11月26日、2回12月17日、3回1月7日。エッセイライティング(英語)・国・算・面接で選抜。合格発表日=1回11月26日、2回12月17日、3回1月7日。2017年は、応募者190名、受験者127名、合格者47名。※昨年度(2017年度)情報
かえつ有明中学校 定員男女計40名。A選考は海外の教育機関に1年以上通学した者。日本国内のインターナショナルスクールもこれに準ずる。A-1:出願日=11月14日~19日。試験日=11月23日。英・作文(英語・日本語)・受験生面接・保護者同伴面接で選抜。合格発表日=11月24日。A‐2:出願日=1回11月14日~19日、12月3日~9日、2回11月14日~19日、12月3日~9日、1月20日~26日。試験日=1回12月11日、2回1月30日。英・作文(日本語・英語)・受験生面接・保護者同伴面接で選抜。合格発表日=1回12月12日、2回1月30日。B選考は海外の日本人学校または在外教育施設で1年以上通学した者。B:出願日=1月20日~2月1日。試験日=2月2日。国・算・保護者同伴面接で選抜。合格発表日=2月2日。いずれも受験生面接は英語で外国人・日本人各1名と受験生5名で約15分、保護者(1名可)同伴面接は外国人・日本人各1名と約10分。2017年は、応募者564名、受験者357名、合格者313名。※昨年度(2017年度)情報
学習院中等科 定員約15名。2014年6月1日以降国内の小学校に転・編入した者で、帰国した日からさかのぼって継続して海外在住2年以上、または2010年9月1日以降に通算して3年以上など。出願日=11月4日~9日(郵送のみ・国内は消印有効、海外からは必着)。試験日=12月4日。国(作文を含む)・算・受験生および保護者(1名可)別面接・成績証明書で選抜。面接は受験生全員対象の共通面接と海外体験または英語能力の2種類。合格発表日=12月5日。2017年は、応募者80名、受験者79名、合格者51名。※昨年度(2017年度)情報
学習院女子中等科 定員約15名。海外在住2年以上、2014年12月1日以降帰国した者など。出願日=11月24日~12月2日(郵送のみ・消印有効)。試験日=1月21日。国・算・日本語または英語作文・保護者1名同伴面接(先生2名と約7分)で選抜。合格発表日=1月24日。2017年は、応募者74名、受験者41名、合格者19名。※昨年度(2017年度)情報
川村中学校 海外在住1年以上、帰国後1年以内。日程・試験科目は一般入試と同じ。海外の出身校・在住期間・帰国時期などを配慮する。※昨年度(2017年度)情報
神田女学園中学校 定員1・2回各若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内など。出願日=1回12月1日~20日、2回1月20日~30日。試験日=1回12月22日、2回2月1日。各回とも国・算・英から2科選択・保護者(1名)同伴面接(先生2名と約15分)で選抜。合格発表日は各回とも試験日当日。※昨年度(2017年度)情報
北豊島中学校 定員は一般入試の枠内。海外生活経験者、国内インターナショナルスクール在籍者、日本に1年以上在住の外国籍の生徒など。出願日=1回12月22日・23日、2回1月5日・6日。試験日=1回12月24日、2回1月7日。基礎学力テスト(国・算、場合により英)・面接(日本人またはネイティブ)で選抜。合格発表日=1回12月25日、2回1月8日(郵送)。※昨年度(2017年度)情報
共栄学園中学校 一般入試の枠内。該当者がいれば合否判定の際に、国語等の得点を考慮する。※昨年度(2017年度)情報
暁星中学校 一般入試の枠内で行う。小学4年~6年次に帰国し、小学生時の海外生活が通算2年以上の者。英語または仏語で面接を行い、語学力をみて配慮する。※昨年度(2017年度)情報
共立女子中学校 定員10名。海外在住2年以上、帰国後3年以内。出願日=12月1日~1月6日。試験日=1月8日。国・算・作文(日本語または英語)・面接(先生2名と約5分)で選抜。合格発表日=1月8日。※昨年度(2017年度)情報
共立女子第二中学校 定員定めず。海外在住1年以上、帰国後3年以内。出願日=12月1日~1月7日。試験日=1月9日。国・算・面接(日本語、先生2名と約10分)で選抜。合格発表日=1月9日。※昨年度(2017年度)情報
京華中学校 定員特別入試10名、1回・2回各若干名。海外在住1年以上、帰国後2年以内、日本人学校・現地校・国際学校に在籍。特別入試は出願日=12月15日~26日、1月6日。試験日=1月7日。合格発表日=1月7日。1回・2回はいずれも一般入試1回午前・2回午後と同日程で行い、判定の際に合格最低点を配慮する。国(特別はまたは英)・算・面接(受験生、保護者〈1名可〉別、いずれも先生2名と日本語で約10分)で選抜。2017年は、応募者2名、受験者2名、合格者1名。※昨年度(2017年度)情報
京華女子中学校 定員特別入試5名。海外在住1年以上、帰国後2年以内など。特別入試は出願日=12月15日~26日、1月6日。試験日=1月7日。基礎問題(国・算、算・英、国・英から選択)・面接(日本人2名と約10分)で選抜。合格発表日=1月7日。一般1回午前・午後・適性検査、2回でも実施する(定員若干名)。※昨年度(2017年度)情報
恵泉女学園中学校 S入試の帰国生枠(定員約10名。小学校教育を1年以上海外で受け、帰国後3年以内の者)で行い、面接(保護者〈1名可〉同伴、先生2名と約15分)を実施。2017年は、応募者7名、受験者6名、合格者3名。※昨年度(2017年度)情報
啓明学園中学校 帰国生・国際生対象入試を実施。定員約60名。1年以上海外在住後帰国した者。またはそれに準ずる者。外国籍児童など。出願日=11月14日~12月9日。試験日=12月10日。試験内容は学習歴に応じて、英語型、日本語型、外国語型から選択。個別面接(先生3名と約15分)を実施。出願前に事前相談が必要。2017年は応募者8名で全員合格した。※昨年度(2017年度)情報
工学院大学附属中学校 定員男女計35名。海外在住1年以上、帰国後3年以内。またはそれに準ずる海外生活経験のある者。出願日=1回11月17日~12月2日、2回11月17日~1月6日。試験日=1回12月4日、2回1月8日。国・算・英から2科目選択、受験生・保護者(1名可)同伴面接(日本人・外国人各1名と約15分)で選抜。合格発表日=1回12月4日、2回1月8日。※昨年度(2017年度)情報
攻玉社中学校 国際学級で受け入れる。定員40名。海外在住2年以上5年未満、帰国後2年6か月以内。海外在住5年以上は帰国後3年以内。個別に相談する。出願日=12月12日~17日、ただし海外在住などで出願困難な場合は事前に予約すれば1月10日も出願可。試験日=1月12日。国・算、または英(リスニング含む)、保護者(1名可)同伴面接(先生2名と10~15分、英語受験者は英語で実施)で選抜。合格発表日=1月12日。2017年は、応募者195名、受験者155名、合格者87名。※昨年度(2017年度)情報
麹町学園女子中学校 定員若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内。出願日=11月22日~12月1日。試験日=12月3日。算・作文・保護者(1名可)同伴面接(先生2名と約15分)で選抜。合格発表日=12月3日。※昨年度(2017年度)情報
佼成学園中学校 定員若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内。出願日=1回12月1日~16日、2回12月1日~1月4日。試験日=1回12月17日、2回1月5日。英(2回は国と選択)・算・面接で選抜。合格発表日=1回12月17日、2回1月5日。※昨年度(2017年度)情報
佼成学園女子中学校 定員若干名。海外在住1年以上、帰国後3年以内またはそれに準ずる海外生活経験があること。出願日=1月5日・6日。試験日=1月7日。英・英語インタビューまたは国・算、面接(先生2名と約8分)で選抜。合格発表日=1月7日。※昨年度(2017年度)情報

1 2 3



  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア


編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

勉強がはかどる場所はどこですか?【受験生に質問】