2020-06-03

公立高校の入試の仕組みを知ろう!【神奈川県編】 2021年度入試用

神奈川県の公立高校入試は、一部の高校を除き全員が学力検査と面接を受検する「共通選抜」1回のみの入試です。2016年度からの県立高校改革実施計画により県立高校の再編・統合、学科の新設や改編などが進められています。2020年度から実施中のⅡ期計画においては、2021年度に神奈川総合高校を学科改編対象校として舞台芸術科が設置され、瀬谷西高校、逗子高校、相模原総合高校は募集停止予定です。2021年度入試はどのように実施されるのでしょうか。

どんな入試が行われるの?

神奈川県の公立高校入試は、全日制・定時制・通信制課程のすべての学校で実施する「共通選抜」1回のみです。夜間の定時制課程及び通信制課程の学校では、「定通分割選抜」も実施。2020年度入試ではすべての学力向上進学重点校、学力向上進学重点校エントリー校で、特色検査(自己表現検査)を実施しました。2020年度入試結果から「共通選抜」入試について説明します。

公立高校の選抜の流れ

※面接は2/17・18、特色検査は2/14・17・18のうち、各高校の定める日。追検査の出願は2/14・17。
・ 全日制共通選抜の二次募集については、選抜の流れは一次募集と同じ。2020年度の日程は、出願3/3・4、志願変更3/5・6、学力検査(必要に応じて面接)3/10、合格者発表3/17。
・ 定通分割選抜の2020年度の日程は、出願3/3・4、志願変更3/5・6、学力検査3/12、面接等3/12・13のうち各高校が定める日、合格者発表3/18(定通分割選抜の二次募集については省略)。

この記事は「2021年度入試用 高校受験案内」より転載いたしました。


「高校受験まるわかり」一覧はこちら




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?