2020-06-03

「共通選抜」はこう実施される!【神奈川】 2021年度入試用

「共通選抜」はこう実施される!

●入学者選抜方法について

 神奈川県の公立高校入試は、すべての課程で共通選抜を実施します。学力検査および面接を「共通の検査」として実施、また、各校の特色に応じて、総合的な能力や特性をみる検査として「特色検査」を実施する学校があります。すべての検査の結果と調査書の評定を資料とし、各校がそれぞれの取扱い比率を設定し算出した数値により選考します。
 募集人員は、全日制と夜間以外の定時制の課程では、共通選抜で募集定員のすべてを募集します。

●出願について

 共通選抜では、ひとつの課程・学科・コース等に志願し、志願変更期間中に1回だけ志願変更ができます。志願変更は異なる課程にも、同じ高校の異なる学科等にもできます。
 出願時に願書と面接で使用する面接シート(クリエイティブスクールなど一部の高校では学校が定めた書類)を、また特色検査実施校の一部では学校独自の提出用紙等も提出します。病気などで中学を長期間欠席した人は、選抜方法の取扱いについて申請ができます。

●第2希望について

 海洋科学高校と横浜市立戸塚高校の志願者は、同じ高校の他のコースを第2希望として志願できます。農業(工業・商業)に関する学科の志願者は、同じ高校の同じ課程の他の農業(工業・商業)に関する学科を第2希望とすることができます。横浜国際高校国際科もコースと国際科本体との第2希望志願ができます。

●二次募集の実施は?

 共通選抜の合格者発表後、募集人員に満たないなど欠員が生じた場合、全日制の課程と夜間以外の定時制の課程では二次募集が行われます。実施については、合格発表日に教育委員会から発表されます。それまでにどの国公私立高校(高専含む)にも合格していない者が志願できます。志願変更もできます。選考は国・数・英の学力検査と調査書で、面接を実施した場合は面接の結果も資料となります。共通選抜の二次募集と定通分割選抜については、両方に同時に志願することができます。定通分割選抜の二次募集は、夜間の定時制の課程・通信制の課程で行われ、定時制で面接、通信制で面接または作文が課されます。

●定通分割選抜

 夜間の定時制と通信制の課程では、「共通選抜」で募集定員の80%を募集し、残りの20%を「定通分割選抜」で選抜します。共通選抜の募集人員を満たしていない場合はその不足数も加えた数となります。
 定時制の課程は、共通選抜と同様、学力検査(英国数の3教科、各50点満点、各30分)及び面接を実施し、特色検査を実施する場合もあります。実施したすべての検査の結果と2・3年の調査書の評定を資料とし、各校が設定した比率により算出した数値を用いて選考します。
 通信制の課程は、 面接または作文を実施し調査書とあわせて総合的に選考します。

〈学区制度について〉

 2020年度入試では、県立高校と横須賀市立の高校はすべて県内のどこからでも志願できました。
 横浜市立及び川崎市立の高校については、原則としてそれぞれの市内を学区としています。
 ただし、横浜市立の高校は、横浜商業高校(全学科)、戸塚高校の単位制普通科音楽コース(全日制)と定時制、及び横浜サイエンスフロンティア高校、また川崎市立の高校は、全日制・定時制とも専門学科の高校に学区がありません。
 学区がある学校への学区外からの志願については、人数の制限はありますが可能です。

選考資料の内容と扱い

共通選抜の調査書の扱い、学力検査や面接の実施方法についてみていきましょう。

●調査書の扱い

 調査書には、「各教科の学習の記録」、「総合的な学習の時間の記録」、「総合所見及び諸活動の記録」などが記載されています。共通選抜で選考の資料として使われるのは、「各教科の学習の記録」の欄の「第2学年の9教科の評定+第3学年の9教科の評定×2」です。また、各教科の「第2学年の評定+第3学年の評定×2」の数値を3教科まで最大2倍の範囲で重点化できます。諸活動の記録や所見欄等に記載されている内容については、点数化はされずに面接の際の参考資料となります。
 クリエイティブスクールでは調査書の評定は使わず観点別学習状況が活用されます。相模向陽館高校、横浜明朋高校でも必要に応じて観点別学習状況が資料として活用されます。

●学力検査について

 共通選抜は全日制の課程と定時制の課程では異なる問題で実施されます。全日制では原則、英・国・数・理・社の5教科ともすべての学校が同じ問題で実施、独自問題は出題されません。特色検査を実施する場合は、3教科にまで減ずることができます。定時制では原則、英・国・数の3教科についてすべての学校が同じ問題で実施します。全日制・定時制とも、各教科の満点は100点、検査時間は50分です。
 英語では、全日制・定時制ともリスニングテストが課されます。学力検査の結果は2教科まで2倍を限度に重点化することができます。共通選抜の学力検査問題は、2017年度入試からマークシート方式を導入、記述式解答との併用による学力検査となりました。マークシート方式の解答用紙のサンプルは教育委員会のホームページなどで公開されます。事前に注意事項などチェックしておきましょう。
 クリエイティブスクールでは学力検査は行わず面接及び必要に応じて実施する特色検査を、通信制課程では面接または作文を実施し、調査書とあわせて総合的に選考します。

●面接について

 面接は、出願時に提出した面接シートや調査書の記載内容を参考に行われます(すべての高校が共通にみる3つの評価の観点「共通の観点」と「学校ごとの観点」により評価されますが、これらは「選考基準」で公表されています)。面接点は、観点ごとの点数を合計し、100点満点に換算されます。面接シートは評価に反映されることはありません。

●特色検査

 特色検査は、各学校の特色に応じて、学力検査や面接では測ることのできない総合的な能力や特性をみる検査で、「実技検査」と「自己表現検査」の2つがあります。
 実技検査は美術・体育・音楽関連の学科(コース)と横浜国際高の9校で実施。検査内容は、与えられた題材のデッサン(美術科)、英問英答(国際科)、スポーツ種目の技能検査(スポーツ科)、楽器演奏( 音楽科) などでした。
 自己表現検査の実施校は、下の25校で、検査内容は提示された文章や資料を読み取り、問題を解決する思考力等を把握するための検査(横浜翠嵐高、川和高、希望ケ丘高など17校で共通問題と共通選択問題で実施)、グループ討論(神奈川総合高)などでした。

自己表現検査の実施校(全日制・2020年実績)

横浜翠嵐、川和、希望ケ丘、横浜平沼、光陵、柏陽、横浜緑ケ丘、多摩、横須賀、鎌倉、湘南、茅ケ崎北陵、平塚江南、小田原、厚木、大和、相模原、神奈川総合(国際文化コース)、横浜国際(国際バカロレアコース。実技検査も実施)、市立横浜サイエンスフロンティア、クリエイティブスクール5校

※ 神奈川県の県立高校入試では、受検者が採点結果を確認できるよう、2017年度入試から合格発表日に学力検査の得点と教科別採点結果(答案の写しと問い別採点結果)が渡されます。

この記事は「2021年度入試用 高校受験案内」より転載いたしました。

「高校受験まるわかり」一覧はこちら




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?