2020-06-03

推薦入試はこう実施される!【東京】 2021年度入試用

■推薦入試の対象人員枠

 推薦入試には、「一般推薦」と「文化・スポーツ等特別推薦(以下、特別推薦)」があります。推薦入試の選抜の目的は「基礎的な学力を前提に、思考力、判断力、表現力等の課題を解決するための力や、自分の考えを相手に的確に伝えるとともに、相手の考えを的確に捉え人間関係を構築するためのコミュニケーション能力など、これからの社会にあって生徒たちに必要となる力を評価」するものです。
 募集人員は定員に対して、課程や学科などの別に上限枠が決められています(上表)。何%にするかは各高校が設定し、その中に特別推薦の募集人員も内数として含まれます。
 各推薦入試の出願、選考方法については次のようになります。

一般推薦

●出願方法
1校1コースまたは1科(1分野)に限り出願できます。同一の都立高校内にある同一の学科内に2科(2分野)以上ある場合 (芸術に関する学科を除く)は、第2志望として他の1科(1分野)に限り指定できます。ただし、同一の都立高校内に普通科とコースまたは複数の学科がある場合は、一方を第1志望とした場合、他方を第2志望に指定できません。

●出願書類
①中学校長の一般推薦書、②入学願書、③調査書、④自己PRカードを提出(島しょの中学校卒業見込みの者が出願の場合を除き郵送不可)します。

●検査内容
集団討論及び個人面接(集団討論を実施しない場合は個人面接)を実施。また、小論文または作文、実技検査、その他学校が定める検査のうちから一つ以上の検査を実施します。

●選考方法
調査書、集団討論及び個人面接、小論文または作文等の検査を総合した成績、入学願書による志望及び学校が必要とする資料(自己PRカードを含む)により行います。
 推薦入試における調査書点は、調査書における各教科の観点別学習状況の評価(全37観点)または評定(9教科)のどちらか一方(エンカレッジスクールは観点別学習状況の評価)を点数化します。総合成績に占める調査書点の割合の上限は50%とします。

特別推薦

●出願方法
 特別推薦を実施する学校の種目のうちから1種目を指定し、1コースまたは1科(1分野)に限り出願できます。当該校の一般推薦にも出願できます。

●出願書類
①中学校長の文化・スポーツ等特別推薦書、②入学願書、③調査書、④自己PRカード、⑤活動の実績等を証明する書類等の写しを提出(島しょの中学校卒業見込みの者が出願の場合を除き郵送不可)。

●検査内容
個人面接または集団面接及び実技検査を実施、その他の検査の内容については学校が定めます。

●選考方法
選考は、各高校が自校の教育活動の実績や特色などに基づいて適切な基準を定め、調査書、個人面接または集団面接、実技検査及び各学校が定めたその他の検査を総合した成績で行います。

次に、自己PRカードと「本校の期待する生徒の姿」について説明しましょう。

●自己PRカードはどう書く?

自己PRカードは推薦入試や一般入試の面接実施校で提出が求められている書類です。次の3点を書いて、願書などと共に提出します。点数化はされませんが、面接の資料として活用される重要なものです。

①志望理由について。
②中学校生活の中で得たことについて。
③高等学校卒業後の進路について。

 ①は、志望校として選択した理由と入学してから自分が取り組みたいと思うことなどについて「本校の期待する生徒の姿」などを参考に学校の特色を理解して記入しましょう。
 ②は、中学校生活の中で自分が特に伝えたいことを学校内外で体験したことから選び、そこから得たことについて具体的に記入しましょう。たとえば、「英検3級を取りました」だけではなく、「なぜ英検3級を目指したのか。目指す過程でどのような体験をし、結果として何を得たか」などの成果を書くことが大切です。
 ③は、将来の夢や目標、将来なりたい職業など自分が考えていることを具体的に書きましょう。

●本校の期待する生徒の姿とは?

 各高校がどのような生徒に入学してほしいと考えているのか、その具体例を示したものです。下記の戸山高校のように「本校の特色をよく理解し、入学を強く希望するもの」や「学習活動、部活動に積極的に参加してきた生徒」といった内容の記述が多く、日比谷高校のように「教科学習に関連する分野で、英語検定準2級又は同等の資格・能力を有すること」が望ましいというものもあります。
 各高校の「本校の期待する生徒の姿」は、各中学校に配布されたり東京都教育委員会のホームページでも公表されます。

〈戸山高校の「本校の期待する生徒の姿」〉*2020年度実績、一部抜粋
1. 本校の特色をよく理解し、自己の目的達成の場として本校を強く志望する生徒。
2. 学問への強い興味・関心をもち、自主的・計画的・継続的な学習習慣が身に付いており、入学後も自己の目標に向かい、難関大学へ進学しようとする強い意志をもっている生徒。
3. 社会生活を円滑に送るためのマナーが身に付いており、学習を中心として充実した高校生活を創造しようとする生徒。

「本校の期待する生徒の姿」は、志望校の選択や自己PRカードの記入に利用しましょう。

調査書点の出し方 - 推薦入試の総合成績の計算方法 -

調査書点の算出は、3年次の必修教科の「観点別学習状況の評価」または「評定」を使って行われます。ここではそれぞれの調査書点の出し方と総合成績の計算方法を説明します。

「評定」を使う場合

調査書点の算出は、「 評定」を活用する高校がほとんどです。大泉高校を例に計算してみましょう。「評定」の満点は9教科で45点。高校によって特定の教科が重視されるということはありません。


《例》大泉高校 一般推薦選抜実施方法(抜粋・2020年実績)

[例]大泉高校 一般推薦選抜実施方法

受検者Aさんの総合成績=調査書点(410点)+集団討論・個人面接点(200点)+作文点(140点)=750点 大泉高校の総合成績の満点は900点で、受検者Aさんの総合成績は750点となります。

「観点別学習状況の評価」を使う場合

 「観点別学習状況の評価」を活用する学校は一般推薦では、大田桜台高校とエンカレッジスクール6校の計7校で、足立東高校、東村山高校、大田桜台高校の3校は特別推薦も実施しています。
 調査書には、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術・家庭、外国語(英語)の9教科が国語は5項目、他は各4項目の全37観点で評価(A・B・C)され、高校の特色に応じて各教科の特定の観点や特定の教科の配点が高く設定されています。下の大田桜台高校の例でみると、教科(国・社・英)と全教科の観点Ⅰ(関心・意欲・態度)の配点が高く、重視されていることがわかります。大田桜台高校を例に、調査書点を計算してみましょう。

[例]大田桜台高校 一般推薦選抜実施方法

 受検者Bさんの3年次の国語のⅠの評価はA評価です。一方、大田桜台高校の選抜実施方法にある国語のⅠの観点を見ると、Aは15点とあります。つまりBさんは、国語のⅠの観点で15点を得点した計算になります。このように各教科の観点ごとの得点を合計すると、Bさんは大田桜台高校の「観点別学習状況の評価の得点の満点325点に対して、275点を取ったという計算になります。

大田桜台高校の観点別学習状況の評価の得点の満点=325点
(Bさんの観点別学習状況の評価の得点=275点) 

〈調査書点の計算方法〉
大田桜台高校の「調査書点の満点」は、650点で、「観点別学習状況の評価の得点の満点」は325点ですから、調査書点を出すためには下のような比例換算をします。

計算式

Bさんの総合成績=調査書点(550点)+集団討論・個人面接点(400点)+作文点(100点)=1050点
 大田桜台高校の総合成績の満点は1300点で、受検者Bさんの総合成績は1050点となります。


この記事は「2021年度入試用 高校受験案内」より転載いたしました。

「高校受験まるわかり」一覧はこちら




  • はてなブックマークに追加
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • Google+でシェア
編集部オススメ
受験に関するアンケート受験に関するアンケート

大学の指定校推薦枠を意識して、中学校または高校の受験校を決めますか?